またまたマンタが・・・

09 30, 2016 | Posted in 30日 モルディブ共和国・前井 馨

0 Comments
こんにちは~モルディブ共和国からkaoritaです。

久しぶりの投稿となってしまいました。すみません・・・
今シーズン7月から就航予定の新造船 Princess Haseena(プリンセス ハシーナ)の就航が遅れに遅れ・・・皆さまに大変ご迷惑おかけいたしましたことを、この場を借りて改めてお詫び申し上げます。

2016年9月24日、ついに就航いたしました!ああぁぁ~~~本当によかったーーーー!!!ほっとしてます。お待たせいたしました。先シーズンまでのイクエーター号よりかな~り広いつくりとなっています。
ぴかぴかのハシーナへぜひぜひ遊びにいらしてください。

Haseena 2


そして、記念すべきハシーナ1発目のトリップは今シーズン初のバア環礁へマンタ玉を狙いに行きました。結果・・・・大大大当たり!!ハニファルベイにマンタ100枚超えの圧巻シーンを堪能できました。

水底から水面まで一度に何十枚ものマンタが反時計回りでぐるぐると補食を開始します。
レンズに収まりきらない・・・興奮と感動が入り交じった至福の時間でした。

manta


まだまだ今シーズンバア環礁狙ってまいります。
まだ空きがある週もありますので、皆さんぜひぜひこの壮絶なマンタの補食シーンを狙いにいきましょう!!

今シーズンもまだまだ頑張ってまいります!



kaorita.jpg

Maldivian Stars
Kaorita
www.maldivian-stars.com

串本より 期間限定ポイント アンドの鼻

09 29, 2016 | Posted in 29日 和歌山/串本・谷口勝政

0 Comments
まいどです~!

本州最南端の町、串本より、マリンステージの谷口です。


29日は僕の日。
肉の日。
最近、無性に焼肉を食べたいのに、なかなか機会に恵まれません。


あぁ、樹樹(近所のおいしい焼肉屋さん)の特ロース。
待っとけよ~!


さて、今日は一年で少しの間しか潜れない期間限定ポイント、アンドの鼻を紹介します。


アンドの鼻。
まず、鼻ってなんです?
よく聞かれるのですが、ここで説明したいと思います


この辺りの海に関わっている人だけかも知れませんが、
海から見て、上空から見て、海に向かって突出している地形の事を「鼻」と呼びます。


あそこの鼻

そこの鼻

鼻はあちこちに存在します。


アンドの鼻とは、港に一番近く、沖から船で帰って来た時に最後に見る鼻
すなわち、その鼻を見ると帰って来たと一安心する→安堵するってとこで名付けられています。


さて、水中です。


港に一番近いポイントという事で、沖からの潮もあまり入って来ず、基本的に透明度は良くありません。
サンゴも少なく、砂質も一気に泥っぽくなります。

一言で言うと、マニアックという言葉が当てはまってしまうかも知れません。


しかし!

そんな言葉で簡単に片付けられません。


そんなアンドの鼻で今季撮影した写真のみで、今日はお届けします。
興味が無い方には、ただただ苦痛なお時間かも知れません。苦笑


パンダダルマハゼ

串本 パンダダルマハゼ

毎年、死滅回遊魚として串本にやって来るこのハゼは、特定のサンゴに住みます。
その特定のサンゴは、最近めっきり姿を減らし、もう残ってるポイントは限られてきました。
原因は分かりませんが、このサンゴを喰ってる貝が存在するのは分かっています。

このポイントでは、まだそのサンゴがあちこち残っており、今季も数匹登場しています。
串本ではせいぜい1㎝くらいにしかならないので、めっちゃ可愛いですよ。


カスリハゼの極小幼魚

串本 カスリハゼの極小幼魚

泥砂のみに生息するハゼです。
背ビレのワンポイントがチャーミングでしょ!


ヤツシハゼ

串本 ヤツシハゼの雄

他ポイントでは、まず会えませんと言っても良いくらいですが、今季は湧いてます。
この体色、通常でこんな色をしてるんですが、ハゼ好きにはたまらんでぇ。


ツバメクサハゼ

串本 ツバメクサハゼ

例年だと、クサハゼがほとんどですが、今季はクサハゼの方が圧倒的に少なく、ツバメばかり。
今年の串本は亜熱帯種が多いのですが、その影響はここにも出ていました。


ツムギハゼ

串本 ツムギハゼ

過去に、港の中の水深1~2mでしか見たことがなかったので、一瞬???となりましたが、
ツムギハゼです!と、鉄さんにもお墨付きを頂いたので間違いないでしょう。
ここは水深20m。
鉄さん曰く、産卵のため、この深さまでやって来るのだとか。


ケショウハゼ

串本 ケショウハゼ

過去に一度だけ串本に出ていますが、個人的に会うのは初!
ビビりすぎて、ちょっぴりチビりました。
これだけ、ガイド中のためTG-4の写真です。
ピントが甘いです。涙


怒られた

串本 ダルマオコゼの正面顔

長い時は60分近くこの砂地で撮影しています。
ふと、脇を見ると、何やら怒った顔でこっちをダルマオコゼが睨んでいました。

すみません!汗

その日は、そそくさと、その場を後にしたのでした。


こんなアンドの鼻、今季は10月31日まで潜れます。
ドロドロしたい皆様のお越しを心よりお待ちしております。笑


串本 谷口勝政


ほんじゃまた


マリンステージ串本店
谷口勝政

オフはテンス遊び

09 28, 2016 | Posted in 28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健

0 Comments
ハイサ~イ!皆様。
沖縄本島から津波古です。


9月も終盤。

未だ台風の直撃の無い 沖縄本島ですが
結構な頻度で、接近が続いて、適度に時化もあり

水温が下がってます。
ちょっと、肌寒く感じてDCを見ると・・・28℃台!
どんだけ、ぬるい水に体が適応してたんだ!!と(笑)



ここまで、踏ん張ったサンゴ達は
白化の状況も良い方向に向かっています。



今月のOFF潜りは砂のキレイなポイントで
テンスの仲間『ベラ科・テンス属』の撮影に燃えてきました!




このテンスの仲間・・・、カメラ向けたことのある方はご存知のように!
警戒心が強い魚で、一定の距離を保って逃げ回るし
ここぞ!と言う時には一瞬にして砂に潜るし。。

なかなか撮り辛い魚ですが


暇を共有してくれた、友人ガイドにサポートを頼んだりして



稀種!『ヒノマルテンス』

hinomarutensu.jpg
をしっかり真横からゲット!出来たし



ひょうきん顔の 『ハゲヒラベラ』

hagehira.jpg
もゲット。(ヒレが全開だったら、もっとお気に入りになったけど・・)






テンスに仲間は、幼魚から成魚になるまでに
なかなか劇的に体色が変わり、成長段階で楽しめます。

また、その成長段階が解明されてない種も結構います。


つまり、〇〇テンスの幼魚期の姿はよく解らない・・といった具合。


こちら、当地ではよく見つかる
テンスの仲間の幼魚ですが・・

- sp.
成魚になると“ナニ” テンスになるのか??よく解らない
『未同定種』って事になります。





この下の写真のコも、「ナンだろな~~、このテンスの仔は」

って、感じで撮っていて・・

hirabera 1
今後の知識の積み重ねのために~~、でしたが。


後日の観察で、『ヒラベラ』の幼魚であることを、理解。

それは、さっきまで、上の写真のような体色であったコが

一度砂に潜り逃げた後に、出てくると、暗色部が消えていて

hirabera 2
まさに、ヒラベラの雌相の体色に!
状況的にも、別個体・・、って事は考えにくいでしょう。



このヒラベラ、幼魚期は
色彩のバリエーションに富む、という魚で

hirabera 3
近くには、このように緑鮮やかな個体もいました。



このコのチャームポイントは

hirabera 4
薄く(不明瞭に)もなるようです。


そんなこんな、や過去写真を見比べたりしつつ。。

3枚目の写真の『未同定種』は、もしかして??

なんて、いろいろ想像してます(笑)









tsuhako.jpg
津波古 健 TSUHAKO TAKERU
ガイド会HPプロフィール
潜水案内 ~Okinawa~ HP
島んちゅガイドの『ダイビング日誌』









体験ダイビングシーズンが終わり、タコクラゲとフォトダイブのシーズンが到来!

09 27, 2016 | Posted in 27日 熊本/天草・ 中野誠志

0 Comments
みなさんこんにちは。
毎月27日担当の熊本ダイビングサービスよかよかの中野です。


最高水温32度まで上昇した高水温が続いていた2016年の天草の夏ですが、9月に入り台風が来て24~26℃ぐらいまで下がりました。



_MG_4269.jpg




おかげでまだ水深1~2mのところは白化したイソギンチャクが残っていて、可愛いクマノミの赤ちゃんとのコラボが楽しめますが、3mより深いあたりの白化したサンゴイソギンチャクたちには褐虫藻が戻ってきたようで、色がだんだん戻ってきました。




_MG_3517.jpg



ロウソクギンポやマツバギンポもまだ繁殖期が続いているようです。
一方で爪楊枝みたいに細い赤ちゃんもすでに見かけるようになってます。

両方楽しめてお得です(^o^)



_MG_3093.jpg



キビナゴやイワシの稚魚もたくさん見られ、晴れているときらきらとしてとても美しいです。




_MG_4113.jpg




今年はヒメイカの子供たちがこの時期にダイビングポイントで群れで暮らしている様子が見られました。
体長はなんとわずか3ミリほどです!!


見た目はカタクチイワシのうんこが浮いている感じにそっくりでした(笑)

たぶん私が着底してなかったら気づかなかったでしょう。


鑑定には水中写真家の阿部秀樹さんにアドバイスいただきました。
いつもありがとうございます!



_DSC0929.jpg




9月になり今年もクラゲポイントにタコクラゲがたくさん集まりました~!

台風も来てないし、好天続きだったので大きく成長し、数も今までで一番!
天草のタコクラゲが全国ニュースにもなりました(笑)



名称未設定 1




10月いっぱいぐらいまで体験できますので、クラゲ好きの皆さん、
「タコクラゲダイビング」のリクエストご予約お待ちしてま~す!!









<以下PRです>
_MG_0812 のコピー


熊本ダイビングサービスよかよか
http://www.yokadive.com/


デジイチレンタルもやってますんで、未経験者の方お気軽にどうぞ(^o^)b
ガラガラの当たりチケットも使えますよ~
http://www.yokadive.com/レンタルデジ一眼/


WEBで勉強する水中写真上達の決定版はこちら↓
水中写真ガイド

天草の海でのフォトレッスンはこちら
http://www.yokadive.com/水中撮影フォト教室/


よかよかでの蛍光発光(Fluo)フローダイビングはこちら
http://www.yokadive.com/fluo-蛍光発光-ダイビング/


https://www.facebook.com/sayseanakanophoto
水中写真家:中野誠志


https://www.facebook.com/yokadive
よかよか facebookページ

よかよかネットショップ『良か余暇』
http://yokaphoto.shop-pro.jp/

ニホンアワサンゴのプラヌラ幼生放出!

09 26, 2016 | Posted in 26日 山口/東部・小川智之

0 Comments
こんにちは、山口から小川が発信するっちゃ!
先日、車の鍵を落としてしまい…
お店と自宅を行ったり来たり…
片道車で20分を結局3往復!もー笑いしか出ません
駐車場の草の中で発見!意識朦朧としながら、ちょいふて寝をしちょりました

今月はアワサンゴのプラヌラ幼生の放出がバンバンありました

IMG_4596.png
 PHOTO BY やーちゃん

IMG_6028.png
 PHOTO BY AYAさん

ポリプの真ん中から
むにゅっ とっ!

IMG_6297.png
PHOTO BY IIJIMA様

こんな小さいプラヌラ幼生は着底の為、自分のお気に入りな場所を探しながら
うろうろしてるそうです

4Q6A6034.png

プラヌラ幼生放出の後、白骨化が始まります
なぜ白骨化するのかはまだわかっていません

4Q6A6011.png

今年は白骨化の数が多いです
約2ヶ月後白骨化も落ち着きまたの絨毯のように広がるアワサンゴの光景を楽しみにしています

今日からの月回りはライトトラップ強化月間です
12月までの新月回りがっつりとナイトダイビングでっす!
来月のブログもご期待ください


来てっちゃ!瀬戸内海!おいでませ山口

P4210705p.jpg

ガイド会HPプロフィール

LOVE&BLUE

FACEBOOK

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (171)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (84)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (78)
3日 柏島・松野和志 (41)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (57)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (54)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (73)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (76)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (5)
10日 樫山弘紀 (14)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (76)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (88)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (43)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (85)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (32)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (44)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (66)
16日 パラオ・加藤栄一 (15)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (78)
17日 石垣島・竹内友哉 (12)
18日 函館・佐藤長明 (51)
19日 長崎・中村拓朗 (19)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (88)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (80)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (17)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (88)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (8)
24日 奄美大島・古田直基 (6)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (19)
26日 山口/東部・小川智之 (21)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (78)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (88)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (22)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (428)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示