タイだより

12 21, 2014 | Posted in 21日 柏島 ・ 西村直樹

0 Comments

皆様こんにちは!

今シーズンも、大村君率いるビッグブルーさんにお邪魔してます。

いや~ マクロにワイドにほんと楽しい海で、じっくり腰を据えて潜り込んでみたいポイントが目白押しでクルーズに乗っていると、あっという間に終わっちゃったって感じになってしまう、そんな海に今シーズンも少しの間お世話になります。

到着後すぐのクルーズからジンベイザメの大当たり??

がっつり拝見させていただきました!!

1412121.jpg


タカサゴ科の仲間の群れのなかを優雅に泳ぐジンベイ



1412111.jpg


もちろん、マクロも~!!

初めて見るウミウサギガイの仲間で興奮して撮影してると、ガラスハゼがするすると降りてきて・・・・・

めっちゃいいでしょ(^_^)/

お気に入りの一枚になりました。


オートかマニュアルか……

12 20, 2014 | Posted in 20日 八丈島 ・ 田中幸太郎

0 Comments
 フィルムでの一眼レフカメラ時代、オートフォーカスというものを水中撮影においては全く信用しておらず、ひたすらマニュアルフォーカスの修業をしました。
 
 ドリンキングバード(古っ)の穏やかな動きから始め、究極はウイリー回転チョロQまでファインダーで追い、ひたすら空撃ちを繰り返す。役に立ったのか、立たなかったのか……。それでも、ピント合わせにそれなりの自信をつけて、水中撮影に挑んでいました。

 それが、今はどうでしょう。「写真は金だ!」というコンカラーでの合言葉の元に、良いカメラで各段に進歩したオートフォーカス機能をフル活用し、難しい撮影にも気軽にカメラを構えている自分がいます。

 かつて、「オートフォーカスなんてダメですよ!、マニュアルを練習して下さい、マニュアルをっ!」と僕に言われた方、ゴメンナサイ。

 正確にはオートフォーカスがいくら進歩しても、それなりにコツを掴まないと使いきれない部分が水中撮影では出てきますが、今までなら諦めてしまうような動きの速いものがいても、とりあえずチャレンジしてみる気になれるというのは最大のメリットとだと思います。

 ただし、僕がよく撮影するウミウシには一眼で撮る場合、オートフォーカスは全く必要ありません。なので水中で簡単に切り替えられる設定をしています。割合的には下の写真の明るい背景がオートフォーカス、暗い背景がマニュアルフォーカスといった感じでしょうか……。

                            コウタロー
141220koganesuzume_20141220220015517.jpg
Nikon D800 105mm f8 1/200 ISO-200 YSD-1×2 (オートフォーカス)


 口元から泡の出ないエクスプローラーってなに? 特設ブログ、ぜひご覧ください!
  「Explorerで海に出よう!」 

 
スタッフ募集中 フォト派ガイドの道を究めたい人求む! 八丈島で将来お店持ちたい方、大歓迎!

コンカラーはナイトロックス・スタンダードです!←お読み頂ければ幸いです 

                                
「写真を撮るならコンカラー」
コンカラーなら1ダイブ1被写体でもOKなので、
ゆっくり・じっくり写真が撮れます!

コンカラーではデジタル一眼レフカメラのレンタルをしております。
購入にお悩みの方は是非、レンタルで一度お試し下さい! (S5pro or canon40D or GF6)

 お蔭様で大好評・酸素barサービス実施中!
 


〒100-1511
東京都八丈島八丈町三根4419-6
コンカラー  代表 田中幸太郎
tel 04996-2-7322
fax 04996-2-7321
mail info@concolor.biz
HP http://www.concolor.biz

ウミガメの寄り道

12 20, 2014 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
長崎はダイビングサービス海だよりの中村です。
先日の寒気でグッと冷え込んだ長崎。
海の水温も外海側で16℃、内湾の大村湾では13度と一気に冷え込みました。

さて、毎年11月から1月にかけて、長崎の外海ではアオウミガメが現れるポイントがあります。
一体どこからやってきたのか、そしてどうしてこの時期に必ず現れるのかはわかりませんが、
渡り鳥のように冬どこかへ移動するための休憩地になっているのかもしれませんね。
カメ
そして大村湾ではクジメの卵が最盛期を迎えています。
美しい紫色をした卵は産みつけられて間もない卵です。
早いものでは孵化が始まっている卵も見られます。
クジメ卵
アオウミガメにクジメの卵
これらが見られると、今年も終わりが来たんだなぁ、とシミジミとします。
来年も素晴らしい出合いがありますように。

冬が来た!

12 18, 2014 | Posted in 18日 函館・佐藤長明

0 Comments
数年に一度!!!爆弾低気圧・・・
ニュースに踊るこの文字にご心配のご連絡いただきまして皆様に感謝申し上げます。
私自身もさぞすごいことになるだろうと覚悟していましたが思いの外SHOPにも人にも影響はありませんでした。
ありませんでしたって書くと過ぎたようにも思われがちですが今まだ風は強いのですが明日には潜り始められそうです!
さて、海は冬に突入し楽しさ倍増です。
変態とか気狂と言われようが撮るもの見るもの満載です。
一緒に変態になりましょう!キタカブトクラゲ
キタカブトクラゲはこの時期あたりから現れ始める冬の定番です。

シワイカナゴ
シワイカナゴやチカ、イワシの群れも浅場に多くどこにレンズを向けても絵になります。

ダンゴウオsp
そして繁殖期を迎えつつあるダンゴウオsp.数も多く観察できます。

冬型ですが・・・

12 17, 2014 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
こんばんは
17日は小笠原父島の南です。

天気図がものすごいですね・・・・
こんなシマシマで
みなさんお気をつけてください

小笠原も大しけになっていますが

今年を振り返ると、というか去年もですが、夏が遅いというか、陸は夏でも水温が上がらなかった
というのが一番印象に残っています。
来年の夏はすかっと行ってほしいものです。

という願いをこめて、と、寒い寒い内地の皆様へ
夏の写真を一枚お届けします。

それではみなさん、良いお年を

      キャンプ013

小笠原 南 俊夫

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (124)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (63)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (61)
3日 柏島・松野和志 (21)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (51)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (54)
6日 八幡野 ・ 福田航平 (43)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (58)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (55)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 パラオ・遠藤 学 (15)
10日 ニューカレドニア・樫山弘紀 (1)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (60)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (67)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (22)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (66)
14日 みなべ・李 友喜 (19)
15日 千葉勝浦・中村奈苗 (33)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (22)
16日 和歌山/古座・上田直史 (54)
16日 パラオ・加藤栄一 (0)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (61)
17日 石垣島・竹内友哉 (0)
18日 函館・佐藤長明 (30)
19日 長崎・中村拓朗 (7)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (67)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (66)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (8)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (66)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (39)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (0)
26日 ニューカレドニア ・ 小川理志 (50)
26日 山口/東部・小川智之 (0)
27日 熊本天草・ 中野誠志 (61)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (66)
29日 北海道/知床 ・ 川原綾子 (60)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (1)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (60)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (197)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示