肉食亀

02 20, 2018 | Posted in 20日 八丈島 ・ 田中幸太郎

0 Comments
 アオリイカの産卵シーズンも一通り終え、幼魚シーズンが幕を開けた昨年の初夏。
沖に泳いでいくと、カメが5匹も集まって円陣を組んでいる。これは何事ぞと慌てて駆け寄ると、なにやらお餅みたいなのを皆で食べているではないですか!

 違う、いつものカメさんの顔とは違う。いつもは平和そうにムシャムシャと海藻をゆったり食べているのに、今日のカメは興奮した感じでイカの身を引きちぎるように食べている。

 アオリイカの産卵シーズンは卵を食べているシーンはよく見るので、雑食とは思っていましたが、目の前でイカを喰らう、まさにイカの肉を喰らうその表情は、悪い顔してましたよ……。

 でも、このなかなか千切れないイカの肉を、前足を手のように使って食べているシーンはふんわりお餅かイカソーメンをすすってるようにも見え、少しだけ愛らしくも見えました。
 

                    コウタロー


Nikon D810 Nikon60mm f7.1 1/125  ISO-200 YS-D2×2  
 
 
スタッフ募集中 フォト派ガイドの道を究めたい人求む! 八丈島で将来お店持ちたい方、大歓迎!

コンカラーはナイトロックス・スタンダードです!←お読み頂ければ幸いです 

                                
「写真を撮るならコンカラー」
コンカラーなら1ダイブ1被写体でもOKなので、
ゆっくり・じっくり写真が撮れます!

コンカラーではデジタル一眼レフカメラのレンタルをしております。
購入にお悩みの方は是非、レンタルで一度お試し下さい! (S5pro or canon40D or GF6)

 お蔭様で大好評・酸素barサービス実施中!
 


〒100-1511
東京都八丈島八丈町三根4419-6
コンカラー  代表 田中幸太郎
tel 04996-2-7322
fax 04996-2-7321
mail info@concolor.biz
HP http://www.concolor.biz

天然ワカメ漁の解禁日

02 19, 2018 | Posted in 19日 葉山・永橋麗良

0 Comments
こんにちは!葉山 ダイビングショップNANAの永橋麗良です。



本日、葉山では天然のワカメ漁が解禁になり、漁師さん達が一斉に取ってきたワカメを干しはじめていました。
今年は順調に水温が低くなった為、天然のワカメが多く漁師さん達も期待が大きいようです!

港には、組まれたパイプに洗濯ばさみが吊るされていて、漁師さんの奥様方も総出で、茹で立てワカメを干していました。
いつもボートダイビングを操船してくださっている、漁師さん達も忙しそうに、ワカメの選別をしていたので、端っこから写真を撮らさせて頂いていたら、ついさっき取ってきたメカブを頂いてしまいました。夜に美味しく頂きたいと思います。
私達が毎日使わさせて頂いている港では、毎月第2土曜日の「真名瀬朝一」というのが開催されており、新鮮なワカメが安く購入して頂く事ができます。是非皆様も、ダイビングの前に朝一に足を運んでみてください!






水中はと言いますと、ダンゴウオ幼魚が多く見られるようになってきました。
毎年、初天使ダンゴが出てきて思うことは、「小さいなぁ〜」と「いつまででも、見ていられる可愛さ」です。
NANAに入社した当時は、こんなに小さいもの一生見つけられないだろう。と思っていましたが…
目は慣れてくるもので、いつの間にか自分で見つけられるようになっていました!
まだ、出始めで数的には多くはないですが、多くのお客様に見ていただけるように、明日からまた探し回ってきたいと思います。



ダイビングショップNANA
        永橋 麗良
〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内647
TEL:046-854-4770
FAX:046-854-4771
mail:info@nana-dive.com
    reira@nana-dive.com

砂地での攻防

02 18, 2018 | Posted in 18日 鹿児島・松田康司

0 Comments
鹿児島県本土の海より松田がお送りします。

やっとこさ寒さの峠を越えた様な陽気が続く鹿児島です。
水温は例年通りなのに例年に比べ早く登場する生物もおり、今年は何か海中はせわしない印象です。
そんな折り南さつまの海では「カワハギ」の生態行動が始まりました。

DSC_5038.jpg

縄張りをかけてのオス同士の闘争。
2月の後半に見るのも初めての事です。

互いの尾びれを追いかけ合う様にクルクルと戦いの螺旋を描き上昇して行きます。
この日は活性が悪いのか1m程の上昇を何回か繰り返し引き分け。

多いときは5m程の上昇を何度も何度も繰り返す漢の戦いを展開するものも。

この様にオスの縄張り争いが始まると産卵床作りや求愛・産卵と生態は繋がって行きます。

DSC_5150.jpg

産卵床を作るメス。
砂に水を吹きかけ、砂をほぐし産卵の際に卵を砂に混ぜ込みやすくさせる様です。

この産卵床は直径30cm程の円形で、その範囲をまんべんなくほぐしていきます。

DSC_5147.jpg

ふとオスが近づいてきてヒレを広げ求愛を始めました!!!!
メスは体色を変化させ、体の側面に黒い2つの大きめの斑点が出ます。

おっ!!
このまま産卵までこぎつけるか?と思った矢先に別のオスが邪魔しに・・・・・・
この時は産卵までは見れずにゲストとこの場を去りました。

昼間にこれらの行動を見れますし、例年通りなら鹿児島では6月までご案内しております。
普通種のカワハギですが彼らの熱い戦いや産卵床作成!そして産卵まで楽しませていただきましょう〜。
DSC_83331.jpg

↑昨年の写真ではありますが、あなたの気付かないすぐ後ろでも螺旋の戦いが勃発しているかも?

冬〜(浮遊)系ダイブ

02 14, 2018 | Posted in 14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり

0 Comments
こん○○は。

川奈の八木です。
只今、透視度抜群の川奈ビーチでは、浮遊生物が多く目につきます。
冬〜ならではの、浮遊生物のご紹介です。

2018-2-1.jpg
本日2月14日はバレンタインデーということで、バレンクラゲ・・・。
バレンしか被ってないですが(汗)
なんといっても華やかで美しいです!
最初海中で観た時は、綺麗なお花が陸から流れて来たのかな?と思うくらい、海中生物ぽくないです。


2018-2-4.jpg
バつながりで、、バテイクラゲでいいと思うのですが、、
重なり合うと、馬の蹄鉄のような形になるのが特徴。
面白い形のクラゲです。


2018-2-2.jpg
個人的には、一番はまってる放散虫。
簡単にいうと単細胞のプランクトンだそうです。
実物は3ミリくらいと小さいですが、、まあとにかく美しいです!!
宇宙を感じる生物です♪


2018-2-3.jpg
季節感あるクラゲに乗ったハナビラウオの子供。

とまあ、これ全部1月末から2月上旬の昼間に撮ったものです。
青い水に浮遊する不思議生物達!
一度観たらはまるに違いないです(笑)

ぜひ冬〜ならではの浮遊〜生物を観に、撮りにいらしてくださいね〜!!!



最後に少し告知をば。
4/7(土)に池袋で、ガイド会ライブが開催されます。
個人的には、世代別フォトバトルで「カリスマ」チーム(タイ大村、渡嘉敷番、みなべ李、八木)で戦いに挑みます。
とっても素敵なシュートスライドムービーで勝負!
ぜひ皆さん、応援に来てくださいね〜!!!
27721119_1523902554374143_612956493_n.jpg


黒潮大蛇行と寒波の影響

02 14, 2018 | Posted in 14日 和歌山/みなべ・李 友喜

0 Comments
どもLEEです!

いや~しかし今年は本当に寒い日が続きますね~・・・。
先日も器材の洗い桶の水を入れ変えようと、桶を傾けてみると・・・厚さ4センチほどの氷の板がゴロっと落ちてきました。
L-DIVE史上初めてのことです・・・。 あまりに見事な氷の板なので、1日ベンチに立てかけていたのですが・・・夕方になってもあまり溶けずにそこに鎮座してました(笑)

さて黒潮大蛇行のお話はすでに皆さん、ご承知と思いますが田辺の海の特殊性が色んな影響を与えております。
特殊性って、なんやねん!ってことですが・・・田辺の海は黒潮が紀伊半島に接岸傾向にあるとその支流ががんがん入ってきて、南方系の生物なども居座ることがあるのですが、冬場寒気が下がり北西の風がビュービュー吹くと大阪湾の冷たい潮も入ってくるのです。
黒潮接岸傾向にあるとそれで暖かい潮と冷たい潮が混じりバランスが取れているのですが、黒潮が大蛇行し支流が入りにくくなると大阪湾の冷たい潮だけが入り、それがさらには寒波と重なると生物達に大きな影響を与えてしまいます。

_MG_6717.jpg

サンゴ群生が見事なポイント「西崎サンゴ」では低水温からくる白化の影響が顕著です。 想像してたよりも白化の範囲が広く、今年はサンゴの減少は否めないでしょう・・・。

さらに・・・こんな光景も・・・・、

_MG_6736.jpg

普通のウツボよりも冷水に弱いワカウツボの悲しい姿が目立ちます。 その他もクマノミの死がいやスジアラ、オトメベラ、コガシラベラなどなど・・・。

サンゴの白化や、魚達の死がいなどこの低水温に耐えられなかった彼らの姿に心が痛みますが、これもまたこの海の特徴でもあるんですね! 13年前の黒潮大蛇行の時も今回のような光景が広がっていました。 また黒潮が元に戻れば、これまた驚くようなスピードで海中は回復していきます。 
大事なことはこの海をガイドする者として、黒潮大蛇行による海中の影響をしっかりと見つめ続けないといけないし、これをしっかりと記録していくことだと思います。

そうそう綺麗な写真もアップしておかないと!(笑)

_MG_2913.jpg

ケヤリは今年も変わらずめちゃ綺麗です! 2月、3月、4月が一番綺麗な時期ですよ!

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (200)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (101)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (93)
3日 柏島・松野和志 (58)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (65)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (12)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (7)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (66)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (90)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (91)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (19)
10日 樫山弘紀 (22)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (91)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (104)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (60)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (102)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (55)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (77)
16日 パラオ・加藤栄一 (25)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (66)
18日 鹿児島・松田康司 (8)
19日 長崎・中村拓朗 (31)
19日 葉山・永橋麗良 (7)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (105)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (91)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (23)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (104)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (23)
24日 奄美大島・古田直基 (18)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (34)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (8)
26日 山口/東部・小川智之 (35)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (89)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (104)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (8)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (37)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (442)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示