夏!はじまりました!!

06 28, 2017 | Posted in 28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健

0 Comments
ハイサ~イ!皆様。
沖縄本島から津波古です。

先週には 『梅雨明け』 の発表もあり
全国に先駆けて 『夏』 はじめさせて頂いております!!


さて、ガイド会・世界の海ブログ 『28日』 ですが
今回から東伊豆は伊東の川坂氏が加わり
沖縄本島と伊東の2本立てで盛り上げます!!どうぞユタシク。



さて、そんな沖縄本島からですが
海中は水温の上昇と共に、生物もダイバーも!
日々、賑やかに!!

やはり旬は、溢れだした、今年生まれの幼魚たち!でしょうか。


幼魚好き、ロリダイバーがマクロレンズ覗いて
ニヤニヤニコニコ してる姿も多く見かけます!


IMG_2531.jpg

『イシガキカエルウオ』




『かわいい』 は赤ちゃんのためにある言葉ですやね!




IMG_4777.jpg

『ソラスズメダイ属の一種』



撮ってて、萌え萌ぇ。解ります~~!!




言いつつ・・

ワタクシは、老成・熟魚も好きな・・
ストライクゾーンの広い男ですので



IMG_4128.jpg

『オニハゲブダイ』



先月よりも、さらに一歩!
『オニハゲブダイ』 への接近も楽しんでおります(笑)
雄がフラッシングしあってる奥に雌も写ってる!と言う・・
なかなかの写真です!(急に寄れたんで、露出オーバーでしたが・・)


で、ブダイですが・・
ブダイの子もワラワラ増える時季でして



- 2017-0624 小山 ブダイ幼500

『ナガブダイ・幼 』 と思われる1cmほどの子



ブダイの子は派手な成魚(特に雄)に比べると
ビックリするほど地味で、尚且つ、よく似た色柄の種も多く
更に、成長につれ色柄が大きく変化していく!!っちゅう~

同定するのが、難しくてしょうがない!魚ですが(笑)


IMG_4113.jpg

『ナガブダイ・幼 』のちょっと、成長したステージかと思われる子(3cmほど)


イマイチ、幼魚~成魚までの成長段階が不明な種も多いので
ちょっと、撮り貯めて成長段階を繋げてみたり・・

よく似た種類を見比べてみたり。。と。



IMG_4105.jpg

『オグロブダイ・幼 』と思われる子(3cmほど)
体色が明るい褐色で、顔が黄色いです。



パっと見、同じ縞々の。。


この、縞々のパターンの子達ね。他にもたくさん居て。。。
すごく難しいですけど(笑)
そこで!撮り貯め、解明していく面白さがあるワケですね!

この夏の楽しみのひとつに!
一緒に遊びませんか!!




tsuhako_20170428205133613.jpg
津波古 健 TSUHAKO TAKERU
ガイド会HPプロフィール
潜水案内 ~Okinawa~ HP
島んちゅガイドの『ダイビング日誌』




夏場のアイドル?

06 28, 2017 | Posted in 28日 静岡/東伊豆・川坂秀和

0 Comments
みなさん、初めまして。
東伊豆・伊東のDiveFamilyYellow川坂秀和と申します。気軽にヒデと呼んでいただけると嬉しいです!
まだまだ学ぶこのと方が多い身ですが、ガイド会を通じてレベルアップをしながら皆さんに伊東の海の素晴らしさをお伝えしていければと意気込んでおります。
これから毎月28日を担当させていただく事になりましたのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

伊東はダイビングスタイルのメインがボート。
ボートポイントは大きなエリアに分けて現在通年稼働してるポイントで4エリアあります。
初夏から秋までは「五島根(ゴトウジネ)」という根が人気を集めます。

人気の要素はたくさんありますが、何と言っても高確率に出会えるこの生物。
sushi
カエルアンコウです。
カエルアンコウの中でも珍しい部類に当たるソウシカエルアンコウ。
初めて見る方はブリーフィングでしっかり説明しておいても、その擬態力の高さ(岩に同化している擬態色)と想像を超える大きさのため、ライトと指示棒で示しても「???」となってる方は多数見受けられます。

他のエリアだと、稀に発見されるこのソウシカエルアンコウは五島根ではかなり高確率で遭遇する事ができます。
もちろん生物なので移動してしまい、その日に限って〜なんて事もありますが7割くらいの確率で観ることができます。
あとは写真が撮りやすいいい場所や添え物があるかどうかでしょうか。
そして、その中でも今年5月16日ポイントオープンから私たちの目を輝かせるのは
zeburasoushi
ゼブラ柄のソウシカエルアンコウ。
五島根で見られるソウシカエルアンコウの中でゼブラが観れるのはかなり稀。毎年出るわけでもないので出現すると通常のソウシカエルが全く人気にならないくらいです。
ただ少し前に隠れ家を完全に把握したのもつかの間、その後家出中のようでそのうちヒョコッと姿を現してくれると信じつつ日々捜索中です。

さて、あと数日で7月。
みなさんの気分もそろそろ夏モードではないでしょうか?
伊東の海もイワシが大量に出現しており、回遊魚シーズンにもうすぐ突入します。
まずはshire
水面付近でイワシを追い回すシイラが確認できれば・・・

そうそう、本日出船前に漁師さんが教えてくれました。
「五島根沖にマグロが群れてたぞ〜〜〜」
って!シイラどころじゃありませんね。

これから下も上も激アツのシーズン突入。
どんな出会いがあるかは潜ってみないとわかりませんよ〜
次回はエキサイティングな報告ができると嬉しですね!

Dive Family YellowのHP












ダンゴウオシーズンも終盤に。

06 25, 2017 | Posted in 25日 兵庫/竹野・田中陽介

0 Comments
皆様 初めまして。

兵庫県の日本海側、竹野より、たなかよーすけが毎月25日に竹野の情報をお届けします。

よろしくお願いいたします。


日本海側の春といえばダンゴウオ。

当エリアも他に違わず、春の名物はダンゴウオです。


そんなダンゴウオですが・・・

水温も20℃になるこの頃。 日中では見れなくなってしまいます。。。

昨年も、6月22日を最後に姿が・・・


そして今年!

6月25日現在、3個体残っています!!\(^o^)/

そのうちの1つがコチラ。
_MG_3948.jpg


大きさも1,5cmほどあって、結構おっきくなりましたー。

他の2個体も同じ赤です。 



日中は少なくても、ナイトダイビングでは・・・

_MG_3231.jpg
こんな色や・・・

_MG_3224 1

こんな色も。


まだまだ出会えますよ。


ちなみに水温は21℃。  ウエットスーツでも行けますね!!  ウエットでダンゴウオ!!


明日は山口県より、小川さんです!!

京阪神から3時間の海 Dive Resort T-style






サンゴの産卵2017年

06 25, 2017 | Posted in 25日 沖縄本島・木戸泰成

0 Comments
25日は沖縄本島から木戸がお届けします♪

6月の海は求愛、ハッチアウト、サンゴの産卵等々・・・
自分の中では1年で一番熱く、楽しいシーズンだと思っています。
梅雨時期で沖縄を避ける人もいると思いますが、陸上が雨でも海の中は激熱ですので6月オススメです!!


そして、5月末にはガイド会メンバーが集合して一緒に潜ったり、飲んだりととっても充実した楽しい時間を過ごせました。
詳細はスローライフのブログに載せていますので、気になる方は見てくださいね(^∇^)
ブログ

さて、今年もサンゴの産卵月間だった6月。
夜な夜な調査ダイブと本番のナイト2ダイブをする日が多かったのですが、今年は予想日よりも若干前倒しになった形だったので、ゲストの皆さんに案内するのが難しい年でした。

DSC_0404.jpg
産卵予想日は5月26日~29日。 惜しくも真栄田岬のユビ状のミドリイシの産卵は6月2日(小潮)から始まりました。
その後はポイントクローズが続き・・・今年は定点観測が出来ず(涙)


DSC_0776.jpg
しかし、翌週の6月10日はずっと見たいと思っていた『万座ミニドリームホール』のミドリイシの大産卵をゲストの皆も一緒に見ることが出来ました👍
※個人的にはこの1本でめちゃくちゃ満足してしまいましたが・・・(笑)


DSC_0694.jpg
21時45分~パラパラと産卵が始まり・・・22時を過ぎるころには周りが触発されてたくさんのミドリイシが産卵開始!
水中はどこを見てもサンゴの卵だらけ・・・至福の時間でした(*´ω`*)



興奮冷めやらぬ翌日のナイトはホームの真栄田岬に戻り、まずは早い時間帯のサンゴの産卵狙い!
※サンゴの識別は非常に難しいため、載せている名前はおそらく・・・ということで読んでいただければ幸いです。

IMG_2418.jpg
エントリーするとツノダシの群れが産卵するサンゴの卵を狙って、周辺でスタンバイモード。魚は産卵をどうやって察知しているのか気になりますね~。

IMG_2347.jpg
そしてエントリーを開始してすぐに、オオトゲサンゴ科/ハナガタサンゴが産卵開始。


IMG_2335.jpg
オオトゲサンゴ科/ホソダイノウサンゴも産卵

産卵が始まると、魚たちも食事に夢中です!
オオトゲサンゴ科のサンゴがそこそこ産卵し第1部が終了。

休憩をはさんで2本目はユビ状のミドリイシを狙ってエントリー。
この日は真栄田岬の産卵も2日目に入っていたので、残りのユビ状のミドリイシは少しだけ産卵。
IMG_2399.jpg
その横でキクメイシ科/トゲキクメイシが産卵開始。

どうやって意思の疎通をはかっているのかわかりませんが、ちゃんと種別で、しかも時間もずらして産卵をするサンゴ達。
知れば知るほど謎は深まるばかりです(笑) 

さらに翌日の12日には、サンゴの産卵狙いで潜りに来てくれた『NANAの輝さん』と一緒に産卵ナイトへ!
真栄田岬の産卵は3日目に入っていたので若干不安でしたが、持っている男は違いました♪


ミドリイシの産卵はほぼ終わっていたので、前日と同じく早い時間帯のサンゴの産卵狙いでエントリー。

ハナガタサンゴの産卵を見て、密かに狙っていたミドリイシ科/ヤッコミドリイシをチェック。
IMG_2430.jpg
すると、予兆がないサンゴと思っていたヤッコミドリイシにも産卵の予兆があることが判明(嬉)
慌てて他のヤッコミドリイシのサンゴを確認しに泳ぐ・・・結局最初に見つけた個体のみが産卵していました。

このサンゴの産卵当てるのはかなりの難易度なので、この産卵を当てたのは正直・・・褒めてほしい(笑)

IMG_2455.jpg
そして帰り際の20時過ぎにはキクメイシ科/マルカメノコキクメイシが産卵
キクメイシの産卵はミドリイシの産卵と違って、バンドル(卵)がゆっくりと、少しずつ出てきて・・・ボフっ!!っと産卵します。

写真で撮るのは非常に難しいので動画で撮影してみました。


40過ぎたオジサン二人でサンゴの産卵を夢中になって見て、写真撮って、最高に楽しい夜でした(笑)

<番外編>
6月10日の夜はミドリイシの一斉産卵で盛り上がりましたが、午前中にはハナヤサイサンゴの仲間が水納島や万座で一斉に産卵していました。
ハナヤサイサンゴの仲間は『幼生保育型』でミドリイシのバンドル(精子と卵が入ったカプセル)を放出するのと違い、体内でプラヌラ幼生(子供)を育ててから海に放出します。
IMG_2220.jpg
時間帯も午前中9時~10時頃に産卵するので、ちょうど1ダイブ目が終わった安全停止中が狙い目だったりします(^^ゞ


ミドリイシの産卵は神秘的でもちろん何度見ても感動的で素晴らしいのですが、他の種類のサンゴの産卵も魅力的なのです!
6月最後の新月にはまた何か嬉しいハプニングがあることを期待して、今年最後のサンゴの産卵を見届けたいと思います。


明日は山口から小川さんがお届けします👍

yasustaff_20170619193946c99.jpg
スローライフマリンサービス
ガイドHPプロフィール










北陸の海北の海

06 24, 2017 | Posted in 24日 滑川・赤松悦子

0 Comments
毎月24日は、富山・滑川から悦がお届けいたします~。

6月にはいって、ただいま水温18から20℃の滑川。
すっかり初夏の海になりました。

そろそろバルス様も卒業シーズンかなー。
6月悦2

今年の春も沢山の皆様に、北陸の海、富山滑川にお越し頂きありがとうございました!

これから、夏の北陸行きまっせー❗

ということで???
春のシーズンも終わり、更に北上!
修行の旅❗

本日只今、北は北海道、函館でございます❗
20170624190710901.jpg

北の海から学んで、更に更に北陸の海盛り上げまっせ!

365日24時間眠らない海 新しい大人の夜遊びを提供する、悦@富山海遊でした!
2017年も、滑川は24時間眠りませんよ!!!

明日は、沖縄本島からヤス様がお届けします♪

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (185)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (93)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (86)
3日 柏島・松野和志 (50)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (9)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (0)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (59)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (82)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (83)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (12)
10日 樫山弘紀 (15)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (84)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (97)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (52)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (94)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (39)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (53)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (74)
16日 パラオ・加藤栄一 (22)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (60)
18日 鹿児島・松田康司 (1)
19日 長崎・中村拓朗 (26)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (97)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (85)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (97)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (16)
24日 奄美大島・古田直基 (13)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (28)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (1)
26日 山口/東部・小川智之 (28)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (83)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (97)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (1)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (29)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (435)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示