トロパラ・リゾート貸切中!!

03 12, 2017 | Posted in 世界の海

0 Comments
毎月12日はセブ島最南端リロアンより、ガルーダこと五十嵐がお伝え致します。
このところ連日曇り空でしたが、本日ようやく晴れました。。。
水温は若干低めの27℃。
少々透明度も落ち気味ですが・・・
そんなもの全く気にしない学生さんたちのダイビング・グループでトロパラリゾート占拠中!?
朝から晩まで、とにかく何でもかんでも良く遊ぶ、とっても元気な若者たちにオヤジも混ぜてもらってガイドしてます。
なもんで、今日は海の画像はありません。
ごめんなさい。。。
という事で、今から打ち上げパーティが始まるので・・・
今日はこの辺で。
2017 DIVE IN BLUE

第8回ガイド会ライブ バナー

皆様、第8回ガイド会LIVEがいよいよ間近に迫ってまいりました。
今年のライブも沢山のメンバーが参加させていただきます。

今年の参加メンバーは
川本剛志、鉄多加志、佐藤長明、ガルーダ五十嵐、八木かつのり、佐々木要、多羅尾拓也、松野和志、秋野大、番田武六、大村健、片野猛、西村直樹、木村昭信、田中幸太郎、福田航平、佐藤輝、川坂秀和、木戸泰成、國廣哲司、高久至、小川智之、赤松悦子、谷口勝政、鈴木康裕、竹内知哉、田中陽介、上田直史、中村拓朗、出竈祐亮

コンテンツも盛り沢山!
⚫︎川柳フォトバトル
⚫︎ガイド会メンバーによる今年の最高の1枚の写真発表
⚫︎豪華3本立てスライドトークショー
⚫︎豪華景品のあたる抽選会
などを予定しています。

まだ定員まで少しの空きがあります。下記のサイトよりご予約をお願い致します。
購入ページ
https://eventregist.com/e/guidekai2017

【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。

皆様のお越しをメンバー一同、お待ちしています!

詳細は下記になります。
日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演

【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)
https://youtu.be/K55ZDTwkf1o

ガイド会の選ばれし四皇達の写真展
「ALL BLUE 絆 ~海で生きる~」


東京
日程:4月7・8・9日(金土日)
時間:10:00~18:00(9日 ~17:00)
場所:池袋 Gallery K
豊島区西池袋3-19-11

両会場とも入場は無料です。

all blue



「フェアリーラスアイランド・スミロン島」の巻

02 12, 2017 | Posted in 世界の海

0 Comments
 こんにちは!日本は大寒波に見舞われ、大変な寒さとなっているようですが、皆様お元気でしょうか?
という事で、毎月12日は寒さ知らずの(!?)フィリピン・セブ島最南端の町リロアンより、ガルーダこと五十嵐がお伝え致します。

 さて、我がリロアンよりバンカーボートで約30分程度のところに白い砂浜と美しいサンゴ礁で有名な「スミロン島」があります。島民はおらず、コンパクトなリゾートが一軒だけあるような小さな島で、ダイバーのみならずアイランドホッピングのお客様なども多く立ち寄る人気スポットです。
 浅場のサンゴ礁からドロップオフ、メラネシアン・アンティアスやパープルビューティなどが舞い踊り、ギンガメアジの群れ渦を巻く・・・、そんなワイド派のゲスト垂涎の島ですが、最近では「スプリンガーズ・デモイセル」や「バーチーク・ダムゼル」などフィリピン名物的なスズメダイの幼魚~成魚まで各種ステージを一年中観察・撮影出来る島としても人気があります。
 が、今回は少々味方を変えて遊んでみることにしました。
まずは、ギンガメアジの群れが見られる「バラクーダ・ポイント」、ここはアオサンゴのコロニーとサンゴ礫で構成された広大な浅場が広がるポイントで、通常ドリフトダイビングで潜る機会が多いのですが、若干視線を変えて見てみると“おびただしい数”のイトヒキベラの仲間たちが巨大なコロニーを形成している場所でもあるのです。

ルソンイトヒキベラの群れ
 「ルソンイトヒキベラのオスたち」
この画像は一部を切り抜いたものですが、この数倍、数十倍の個体でコロニーを成しています。

ルソンイトヒキベラの喧嘩
 すると当然オス同士でのケンカ(!?)、メスやテリトリーを巡っての争いもそこらじゅうで行われています。

パシフィックエクスクイジットラスのオス
 そんな中を「全く我関さず!?」と言った具合に超ハイスピード&縦横無尽に泳ぎまくるヤツが・・・。
日本で見られるニシキイトヒキベラの東南アジア版「パシフィック・エクスクイジットラス」のオスです。

ブルーストライプフラッシャーの婚姻色
 さらにその脇では、今度は日本で見られるイトヒキベラやゴシキイトヒキベラに近い種と思われる「ブルーストライプ・フラッシャー(仮)」のオスも負けじと婚姻色を出しまくっております。

 さて次はポイントを変えて「サンクチュアリ・ポイント」へ。
浅場のサンゴ礁からドロップオフを降りて、水深約-20m以降は砂地とサンゴ礫で形成された広大な斜面が続いています。そこに巨大な群れを形成しているのがこの「ラボックス・フェアリーラス」です。

ラボックスフェアリーラスのかたまり
 我々が近づくと一斉に水底近くに降りてきて画像のようにゴチャッと塊を成しますが、少々じっと我慢しているとすぐに再び中層へと泳ぎだし視界全体が“ラボックス・フェアリーラスの舞”に包まれます!!!

 そんな楽しみ方もあるスミロン島、ぜひ皆さんもすぐ近くにいるベラたちにちょっとだけ目を向けてみてはいかがでしょうか?という事で今日はここまで。
明日はタイからタケシ君、マクタン島から拓ちゃんの報告です!お楽しみに。

そして、忘れてならないコチラ!!!いよいよ来週から始まります。コチラもお楽しみにっ。。。
ガイド会の選ばれし四皇達の写真展
「ALL BLUE 絆 ~海で生きる~」


allblue-2017_convert_20170211164824.jpg

コチラもお忘れなく!

guidekairogo_convert_20170211165416.jpg

日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演
【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)
【お申し込み方法】
購入ページ https://eventregist.com/e/guidekai2017
【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。https://www.paypal.com/jp/home そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。
【イベント参加の注意事項】
FBの第8回ガイド会ライブにて参加予定を押していただいただけでは参加になりません。必ずチケット購入ページよりお申し込みいただき、清算後PDFチケットがメールで送られてきます。この時点でお申し込み確定となりますのでお間違えのないようお申し込み下さい。会場の関係上チケットに限りがありますので、チケットのない方は当日お越しいただいてもご入場できません。ご了承ください。
※詳細はお近くのガイド会メンバーにお問い合わせ下さい。

ガルーダ顔写真
五十嵐“Garuda”一規
Villa Tropical Paradise
1WGP-Liloan
Lower Lo-oc, Lo-oc, Santander, CEBU
6026 PHILIPPINES
Tel/Fax : +63-(0)32-480-9035
Website : http://villa-tropara.com
Blog : http://blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan/
E-mail : garuda@villa-tropara.com


「割り切る2月!」



02 10, 2017 | Posted in 世界の海

0 Comments
こんにちわ! 沖縄ダイビングセンターてつです!
 
オフシーズン真っ只中で調査ダイブの日々。。。 調査の結果を発揮できないままモヤモヤが続く時期でもありますが、北風多く時折南と潜る場所も安定しないのがこの時期です。 この時期は割り切ってホーム以外で調査を続けた方が安定してガイドできるとガイドする側も悩んでしまうという。。。 
 
また、2月は「井田ダイビングセンター」の15周年記念パーティーがあったり、大阪で開催される「ALL BLUE 絆 〜海に生きる〜」の写真展があったりとお出かけも多くなるんですよね。 そうだ!自分の誕生日も2月だし!笑

っと、言う事で2月に入ってからこんなのを撮ってもらいたいと自分で撮った写真で飾ります。
 
アオスジガンガゼ
「ブルースクワット」
ミズガメカイメン? スリバチカイメン?は存在するのだからピンクスクワットが現れてもと思いながら確実に見れるブルースクワットをご案内!笑 どの角度から狙うかなども絵にならないので意外と難しい。 (アオスジガンガゼ)

20170210-hanabirakumanomi
「ハナビラクマノミ」
褐虫藻がなかなか戻らないセンジュイソギンチャクとハナビラクマノミですが、その他にカクレクマノミの子供だったり少し色づいた個体などとクマノミダイブもまだ楽しめる!  

20170210-warekara
「ワレカラ」
真っ赤じゃないけど「シャー専用」の戦闘機じゃね?

20170210-jyabixtuto
「ジャビットマンボヤ」
白にオレンジじゃないけど同じ個体らしい。 ホヤも奥が深いやねーーー。

20170210-ka-ru
「カールおじさんボヤ」
人気の「カールおじさん」を恩納村で初めて観察できたんだけど、想像して居た以上に大きく貴族レンズ必要なし。。。 時期的なものなのかな?
20170210-taiga-
「タイガーマスクボヤ」
黄色味かかったツツボヤの仲間で昔風に言えば「タイガーマスク」だが、今風に言うと「ネコマムシの旦那ボヤ」「シマジロウボヤ」になるのかな?  強引ですミマセーー。。。 勝手にあだ名でした!!

明日は同じ横須賀出身である赤堀先輩から大瀬情報です。よろしくお願いいたします。

odc_20160808223243970.jpg
沖縄ダイビングセンター てつ!
---------------------------------------------
〒904-0414
沖縄県国頭郡恩納村前兼久29-1
098-965-4700
info@okinwadc.com
http://www.okinawadc.com
---------------------------------------------
☆ FB てつ!
☆ FB 沖縄ダイビングセンター
☆ FB 井田ダイビングセンター
 
いよいよで緊張しております。
ガイド会の選ばれし四皇達の写真展
「ALL BLUE 絆 ~海で生きる~」


大阪
日程:2月17・18・19日(金土日)
時間:10:00~18:00(19日 ~17:00)
場所:高麗橋 BLACK BOX
大阪市中央区高麗橋3-1-8 カルボ高麗橋ビル1F

東京
日程:4月7・8・9日(金土日)
時間:10:00~18:00(9日 ~17:00)
場所:池袋 Gallery K
豊島区西池袋3-19-11

両会場とも入場は無料です。
2017-オールブルー

第8回ガイド回ライブチケット販売開始!!

20161212174326b07.jpg

日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演
【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)
【お申し込み方法】
購入ページ https://eventregist.com/e/guidekai2017
【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。https://www.paypal.com/jp/home そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。
【イベント参加の注意事項】
FBの第8回ガイド会ライブにて参加予定を押していただいただけでは参加になりません。必ずチケット購入ページよりお申し込みいただき、清算後PDFチケットがメールで送られてきます。この時点でお申し込み確定となりますのでお間違えのないようお申し込み下さい。会場の関係上チケットに限りがありますので、チケットのない方は当日お越しいただいてもご入場できません。ご了承ください。
※詳細はお近くのガイド会メンバーにお問い合わせ下さい。

ラティーク海外ツアー

02 09, 2017 | Posted in 世界の海

0 Comments
西表島の佐々木です。

西表島もシーズンオフになり休業期間のお店も多く、当店も恒例の海外ツアーへ行ってきましたのでその報告です。 ゲスト23名全員が飲んべの大人の遠足…。行き先はモルディブですがすでに成田空港から宴会状態です!! モルディブはクルーズなので5日間計15ダイブの行定で、ダイビング以外もゲームフィッシュイングや無人島BBQ、集落散策、リゾートホテルで宴会、100連凧揚げetcなど休憩時間など無い全力で遊び倒しました! 天候も最初は雨がパラつきましたが、2日目以降はピーカン続き!マンタもサージョンフィッシュもウジャウジャいるいる…流石はモルディブです。魚の群れも半端じゃ無いですwww。 ジンベイは残念ながらGETできませんでしたが、今回のツアーはジンベイも他の魚と同じくらいで見れたらいいね!!! で然程残念感は皆さん無かったですなあ。
今回特に印象に残った、ポイントは11匹のマンタに魅了された「ムーフシ ガア」

マンタ

小さい根にグレートリーフシャークやロウニンアジなどの回遊魚が戯れ、ベンガルスナッパーの巨大な群れ、逃げないタイマイ、無限数と言っても過言じゃないキビナゴ迎えてくれる「フィッシュ ヘッド」

P1290021.jpg


 ジンベイポイントながら浅瀬のリーフでやっと出会えた捕食中のサージョン玉「マーミギリアウトリーフ」 今回のモルディブらしく印象に残るポイントでした。
thumb_P1310175_1024.jpg


殆ど動画を撮ってたので動画からの抜粋です・・・・・。。。

潜って食って遊んで飲んで寝るの5日間の大人の遠足はヘパリーゼとユンケルが必須の体力勝負!?でしたが、大満足のツアーで来年もすでに予約してきました!!

来週、西表島に戻り今シーズンの営業が始まる3月まで船の整備などの準備に入ります。今年も皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

「フィリピンブレニーの謎?」の巻

01 12, 2017 | Posted in 世界の海

0 Comments
 皆様、明けましておめでとうございます(と言っても、すでに12日ですが・・・)
という事で、今年も毎月12日はフィリピン・リロアンのガルーダこと五十嵐が担当させていただきますので宜しくお願い致します!!!

 さて、以前より魚の骨が喉元に刺さっているかのごとく、ずーっと気になっていた事の一つがクリアーになるという、新年早々おめでたい出来事がありました。という事で今回の主人公は「フィリピンブレニー」というカエルウオの仲間です。

2017_1_1フィリピンブレニー

 コチラがリロアンで最も目にすることの多いタイプの「フィリピンブレニー」です。
が、コチラ(画像下)、個体数はあまり多くなく、時折見かける別バージョンの「フィリピンブレニー」がいます。
2017_1_2フィリピンブレニー

 仮に「赤バージョン」と「白バージョン」として、この2パターンの体色にはどのような因果関係があるのかずっと謎でした。外国の図鑑や文献などでは「雌雄差では?」として少しだけ触れているものもありますが、さほど詳しく書かれていません。
 オレ的にも実際にペアリングしている様子を見たことがなかった為、あまり納得していなかったのですが、先日ついに貴重な機会に巡り会いました。その時の行動から察するに、「白バージョン」がオス、「赤バージョン」がメスではないかと考えられます。

2017_1_3フィリピンブレニー

 画像中央の穴に入っていた「白バージョン」の近くを「赤バージョン」が通りかかり、ちょっとした追いかけっこが始まりました。どうやら「白バージョン」が用意した巣穴に「赤バージョン」を誘い込もうとしている様子です。

2017_1_4フィリピンブレニー

 すると横から別種の「ツースポットブレニー」が邪魔しにやってきました!!!

2017_1_5フィリピンブレニー

 無事「ツースポットブレニー」を追い払うことの出来た「白バージョン」は再び「赤バージョン」を呼び込むため、追いかけながら穴の中へと誘っています。

2017_1_6フィリピンブレニー

 すると、ようやくその気になった「赤バージョン」が穴へと近づいてきてくれました!!

2017_1_7フィリピンブレニー

 「白バージョン」が穴の中に引っ込むと、それに伴って「赤バージョン」も尾鰭から穴の中へと入っていきます。

2017_1_8フィリピンブレニー

 2匹とも穴の中に入っ状態で数十秒ほど経ったのち、「白バージョン」が先に穴から出てきて、その後「赤バージョン」も穴から顔を出しました。

2017_1_9フィリピンブレニー

 その後、「白バージョン」は後はヨロシク!?と言わんばかりに穴をあとにして去ってしまいました。「赤バージョン」の方は、穴から離れる仕草は見ぜず、顔だけ出してずっと穴にとどまっておりました。

 この一連の行動と、メスが穴を用意してオスを誘い込むとは考えづらいので「白バージョン」はオス、「赤バージョン」はメスではないかと判断した訳です。
 が、実は「赤バージョン」同士での似たような行動も見かけたことがあるため、オスの個体全てが「白バージョン」なのかというと疑問が残るのですが、今回の行動からわかるように「少なくとも白バージョンはオスである」事は結論づける事が出来るのではないでしょうか。。。

 という事で今日はここまで。
明日はタイからタケシ君、マクタン島から拓ちゃんの報告です!おたのしみに。。。
でわでわ。

garuda_顔写真

Villa Tropical Paradise
1WGP-Liloan
Lower Lo-oc, Lo-oc, Santander, CEBU
6026 PHILIPPINES
Tel/Fax : +63-(0)32-480-9035
Website : http://villa-tropara.com
Blog : http://blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan/
E-mail : garuda@villa-tropara.com


Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (181)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (90)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (84)
3日 柏島・松野和志 (47)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (8)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (58)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (79)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (82)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (10)
10日 樫山弘紀 (14)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (81)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (94)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (49)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (91)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (37)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (50)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (71)
16日 パラオ・加藤栄一 (19)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (57)
19日 長崎・中村拓朗 (24)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (94)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (83)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (94)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (13)
24日 奄美大島・古田直基 (11)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (25)
26日 山口/東部・小川智之 (26)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (82)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (94)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (27)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (433)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示