やりたい放題の日々

03 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

こちらインド洋アンダマン海のハイシーズンもいよいよ佳境に入ってきております。

お天気最高、海は凪、透明度抜群、魚影はますます濃く、そして大物もちらほら♪
ロウニンアジ2
オニイトマキエイ

こんな青い海でロウニンアジやオニイトマキエイと爽やかに遊びつつも、
河口域の泥々の水底でネチネチと遊んでみたり・・・
イエローウォッチマン
ブルーシュリンプゴビー

果ては陸地でもお魚鑑賞を楽しんだり・・・
ムツゴロウ外人

そんな中、今月はガイド会仲間の渡嘉敷島の番ちゃんが遊びに来てくれてました。
やりたい放題、一緒に遊んで楽しかったな〜♪

さてさて、もう直ぐマリンダイビングフェア2017ですね。
僕も一時帰国していろいろなイベントに参加します。

フェア会場では海外ブースでワールドツアープランナーズさんと共同のブースに立っています。
期間中にはガイド会ライブやビッグブルーの東京オフ会も開催されますので是非遊びに来てくださいね〜!

さて、明日14日は川奈の八木さん、田辺の李くんが担当します。
李くん、ケヤリめちゃくちゃ綺麗やね〜
八木さん、もう直ぐ東京で会えるの楽しみにしてますよ。


ガイド会ライブ 2017のお知らせ

guidekairogo_convert_20170211165416.jpg

今年のライブも沢山のメンバーが参加させていただきます。

今年の参加メンバーは
川本剛志、鉄多加志、佐藤長明、ガルーダ五十嵐、八木かつのり、佐々木要、多羅尾拓也、松野和志、秋野大、番田武六、大村健、片野猛、西村直樹、木村昭信、田中幸太郎、福田航平、佐藤輝、川坂秀和、木戸泰成、國廣哲司、高久至、小川智之、赤松悦子、谷口勝政、鈴木康裕、竹内知哉、田中陽介、上田直史、中村拓朗、出竈祐亮

コンテンツも盛り沢山!
⚫︎川柳フォトバトル
⚫︎ガイド会メンバーによる今年の最高の1枚の写真発表
⚫︎豪華3本立てスライドトークショー
⚫︎豪華景品のあたる抽選会
などを予定しています。

まだ定員まで少しの空きがあります。下記のサイトよりご予約をお願い致します。
購入ページ
https://eventregist.com/e/guidekai2017

【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。

皆様のお越しをメンバー一同、お待ちしています!

詳細は下記になります。
日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演

【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)



大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

海の鯉

02 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

2月からシーズンインしたタオ島と、ピークシーズンを迎えるカオラックと、
年間で2つの海が稼働する時期を迎えて盛り上がっているタイです。

学生の春休みシーズンということで、
タオ島では多くの若者がオープンウォーターライセンスを取得しに来ています。
ベテランダイバー達をガイドするだけではなく、
新たなダイバーをインストラクトするのも大事な仕事です。

NEWダイバーの皆様、ダイバーの世界にようこそ!
この素晴らしい水中世界にどっぷりハマって、
是非、日本中、世界中の海を潜ってくださいね〜

さて、こちらカオラックの海はめーちゃくちゃ絶好調!
快晴で穏やかな海で船の移動が最高に気持ち良いです。

なんと言っても名物のスカシテンジクダイの数が増えてきて、
やっとアンダマン海らしくなってきましたよ。

大物も出始め、今日遭遇したオニイトマキエイ(体幅4m)は、
20分間ほどずーっと僕たちのまわりをグルグル回ってくれました。
僕はガイドだったので写真は撮ってませんが、
こちらが避けないとぶつかるくらい向こうから接近してきてくれましたよ。

マクロネタも充実しております。

すごーく良い場所でアイスズメダイの1cmほどの可愛い幼魚を発見!
海藻の緑に黄色い体色が映えますね〜♪
愛

レアものイザヨイベンケイハゼも健在。
こちらはピンク色の背景です。
十六夜

そして、これ、何だと思います?
鯉

僕も最初見た時にはギョッ!としました。
こんな体色の魚は図鑑でも見たことも無いですから。
体の特徴や生息環境そして一緒に泳いでいる魚などなどよ〜く観察し、
これはゴマハギの色彩異常じゃないかな?と思って紹介してました。

最近、Facebookの『44の海の談話室』というグループでも
ゴマハギの色彩異常の写真が話題になっていました。
生物に詳しい八丈島レグルスの加藤さんが主催されているFBのグループで、
とても勉強になるのでオススメですよ!

興味をそそられ調べてみると、ネットから拾った二次情報ではありますが、
ゴマハギの色彩異常についていろいろ面白い記事が出てきました。

ゴマハギの体色は普通は黒か黄の一色です。
このような迷彩模様のような色彩異常は非常に珍しく、
なんでそうなるのかは謎だとか・・・

『Koi Scopas Tang』という英名が付けられてますが、
『Koi』とは『鯉』由来で一部のアクアリストには大変人気があり、
様々なバリエーションの模様の入り方を楽しむそうです。

この子のように天然での『Koi』バージョンは非常に珍しいとのことですが、
分布域の広いゴマハギ(太平洋にもいて和名もある)ですが、
色彩異常はインド洋で見られることが多い現象で、
DNA由来だろうということですが、風土病?ってなことも書いてありました。

また、成長とともにどんどん体色が変わるとも書いてありましたので、
興味のある人は今のうちに見たり撮ったりしに来てくださいね。
もちろん、タイの国立公園でのダイビングですので採取はNG!
見るだけor撮るだけですよ。

『Koi』と言えば『恋』
明日2月14日のバレンタインデーはモテモテで!?
チョコまみれの川奈の八木さんと田辺の李君がお届けします。
よろしくお願いします。


いよいよ開催間近となりました!
ガイド会の選ばれし四皇達の写真展
「ALL BLUE 絆 ~海で生きる~」

allblue-2017_convert_20170211164824.jpg

そしてガイド会の一大イベント!
ガイド会ライブ 2017

こちらも楽しみですね〜
guidekairogo_convert_20170211165416.jpg

日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演
【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)
【お申し込み方法】
購入ページ https://eventregist.com/e/guidekai2017
【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。https://www.paypal.com/jp/home そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。
【イベント参加の注意事項】
FBの第8回ガイド会ライブにて参加予定を押していただいただけでは参加になりません。必ずチケット購入ページよりお申し込みいただき、清算後PDFチケットがメールで送られてきます。この時点でお申し込み確定となりますのでお間違えのないようお申し込み下さい。会場の関係上チケットに限りがありますので、チケットのない方は当日お越しいただいてもご入場できません。ご了承ください。
※詳細はお近くのガイド会メンバーにお問い合わせ下さい。

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

外人ムツゴロウ

01 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーピーマイカップ!(タイ語で明けましておめでとう)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

日本は冬真っ盛り。
大雪の地域もあるみたいですね、お気をつけくださいませ。
こちらタイの年末年始はカオラックのハイシーズンで、年間で最も忙しい時期の一つです。
南国の暖かい海で潜りながら楽しいゲストさん達とワイワイ忙しくも楽しく過ごしております。
でも、雪の降る日本の正月も懐かしいなぁ・・・なんて思う今日この頃です。

そんなことでこの一ヶ月潜りまくっておりましたが、スケジュールの隙間を見つけては、普段から気になっている場所の調査も繰り返しておりました。
海はもちろんですが、大陸に繋がるマレー半島本土に位置するカオラックの地の利のポテンシャルを生かして、川、河口、滝、温泉などなど、暇さえあれば気になる水辺を覗いておりました。

この一ヶ月、特に夢中になって調査&撮影していたのはムツゴロウの仲間です。
日本にいるのとは違う種類のムツゴロウの外人バージョンです。
それがめちゃめちゃいっぱいいる場所を見つけたのです。
外人ムツゴロウ1

Boleophthalmus boddarti (Pallas, 1770)
Boddart's goggle-eyed goby

ゴーグルをかけているような飛び出た目が英名の由来なんでしょうね。
話を分かりやすくするため、このブログ記事では、以下、『外人ムツゴロウ』と記しますね。

今回見つけたカオラックの外人ムツゴロウはめっちゃアクセスし易いです。
ムツゴロウ種の生息場所を知っている人には驚きかもしれませんが、全く泥に触れずにムツゴロウにアプローチできます。
今回見つけた場所はマングローブ林に流れる川のほとりの船着場です。
カオラックから車で20〜30分、車止めたら歩いて30秒、普通に歩ける硬い地面から泥池になる前に木の桟橋があります。
その桟橋の上からでも、船に乗り込んでからでも、至近距離から観察、撮影出来ます。
ビーサン、短パン、Tシャツという軽装備で、カメラはiPhoneでもOK!
外人ムツゴロウ5

外人ムツゴロウ6

魚なのに陸地でぴょこぴょこ歩くように進みます。
魚ので(当たり前ですが)鰓呼吸します。
陸地にいる時に鰓呼吸できるように水を頬張って呼吸する姿がハムスターみたいな可愛さです。
外人ムツゴロウ7

でも、皮膚呼吸も進化してるそうです。
体が乾くのを嫌い、水気の多い泥場でコロコロ転がる姿は猫みたいです。
めちゃめちゃ可愛いです。w

でも喧嘩シーンはど迫力です!
外人ムツゴロウ2

ご存知の方もおられるとは思いますが、ハゼ科ムツゴロウ属で日本にいるのは1種のみで、九州の有明海の干潟でのみ観察できるそうです。
『潟スキー』というスノーボードみたいな板に片足を乗せもう片方の足で漕いで進みながらアプローチする話は有名ですね。
九州にいるガイド会仲間の中村拓郎君も毎年シーズンになると有明海に見に行っているそうで、生態に詳しい拓郎くんからいろいろ面白い日本のムツゴロウの話も聞かせてもらい参考にさせてもらいました。
こちらにいる外人ムツゴロウも日本のムツゴロウもルーツは同じで、もとはと言えば大陸が繋がっていた頃に各地に広がりその後海に遮断されて別種として進化してきたとされます。

ちなみに、ポイント名は『サンクチュアリ(聖域)』です。
カオラックの街からすぐ近くなので、ビッグブルーにリクエストいただければ簡単にお見せできます。
ダイビングした当日は窒素がたまっているので飛行機に乗れませんが、帰国日のフライト前に潜らないで水辺で遊べるアクテビティーです。
本気撮影の人は長いレンズ持ってくることをお勧めします。
皆様のリクエスト待ってまーす!

さてさて、明日、14日は川名の八木さん、みなべの李君が担当してくれます。
今年も宜しくお願いしますねー

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

虎斑とか十六夜とか

12 13, 2016 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちはの意味)
毎月13日はタイから大村が発信します。

12月、すっかり始まっているタイのインド洋側のカオラックで潜っております。
薄っぺらいマレー半島を挟んで、タイという同じ国にいながら、全く違う2つの海を相手に一年中いい状態で潜れること、本当に幸せなことだと思います。

ところで、同じ海でも年々変わっていきます。
今年はと言いますと、先シーズンに比べてコボンのサンゴが元気になったと思います。
そして、そのコボンで、ここ最近ご無沙汰だったトラフザメが2匹同時に登場しました〜♪
_A3A9360.jpg

このダイブでは僕のカメラをゲストにお貸ししていたのでしたが、そのゲストさん、初めての水中一眼レフでの撮影だったのですが、トラフザメの可愛い表情や優雅な遊泳姿をバッチリ撮ってくれました!
20161211153424d19.jpg

そしてお薦めマクロネタではレア物のイザヨイベンケイハゼ!
_A3A9254-2.jpg

こちらは1匹だけなのでいついなくなるか分かりません。
今のうちかも!?ですよー

今年も残すところあと僅か。
この一年も皆さんのお蔭様で事故もなく楽しいダイビングを楽しめました。
本当に本当にありがとうございました!
みなさま良いお年を〜

明日14日は川奈の八木さん、たなべの李くんが担当です。
よろしくお願いします。

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

花束を君に

11 13, 2016 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

ちょうど先月の担当日、タイのプミポン国王が崩御された話を書きました。
この1ヶ月、タイ人はもちろん我々タイにいる外国人も喪に服すべきと思い過ごしてきました。
黒、もしくは落ち着いた基調の色の服を着るか、色のある服を着る場合は黒い喪章を付けるなどしておりますが、経済を停滞させないという政府の意向もあり、ダイビングを含む観光業は平常通りに行っております。
これからタイに来られる方も、そういう意味ではご安心いただき、黒っぽい服を多めに持ってあとはいつも通り普通に来て下さい。

こちらタイは東西の海のシーズンの入れ替わりの時期を迎えており、太平洋からインド洋へ引っ越して、半年ぶりにカオラックで潜っています。
すっかり雨季が明け、べた凪の海、透明度も上々。

毎年シーズン初頭の風物詩であるスカシテンジクダイの大発生はリチェリューロックでは大爆発!なのですが、今年はシミラン諸島では不発気味・・・

とはいえ、この海のこの時期にしては少ないというだけで、普通に考えたら十分いっぱいいます。
以前、ガイド会の会長である川本剛志さんが来られた時に、魚影が濃すぎて『節操がない海』と言われちゃいましたからね。
写真を撮るには今くらいがちょうど良いのかも知れません。

花束

この写真、主役はハナミノカサゴ、脇を飾るのはスカシテンジクダイ(白い小さな点々)やソフトコーラル(赤紫のカリフラワーみたいの)。

主役を引き立てる名脇役としてのスカシテンジクダイ、花束でいうところのかすみ草ですね。
これがいるかいないかで花束のボリュームが随分変わります。

綺麗な花束を作るお花屋さんみたいな気持ちでワイド画角を切り取る。
この作業、とっても楽しいですよ〜♪

現在、スカテンのちびっ子が大量発生中。
これからどんどん増えていく模様ですので、これから来るゲストの皆さま、お楽しみに!
こういうの好きな人、是非カオラックでお待ちしておりますよ〜


さて、明日14日は川奈の八木さん、田辺の李くんの担当日です。
楽しい報告よろしくお願いしま〜す!


大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (181)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (90)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (84)
3日 柏島・松野和志 (47)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (8)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (58)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (79)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (82)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (10)
10日 樫山弘紀 (14)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (81)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (94)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (49)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (91)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (37)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (50)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (71)
16日 パラオ・加藤栄一 (19)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (57)
19日 長崎・中村拓朗 (24)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (94)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (83)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (94)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (13)
24日 奄美大島・古田直基 (11)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (25)
26日 山口/東部・小川智之 (26)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (82)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (94)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (27)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (433)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示