近況報告

08 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

お盆です。
忙しいです。
有り難いことです。
頑張ります。

今日のセイルロックは一時的に悪くなっていた透明度も良くなっていて、ツバメウオ500枚いるんじゃないか!?という凄いシーンを見てきました。
他のボートからの無線でジンベエザメが出ているという情報が入りサウスウェストピナクルに急襲しましたが、残念ながら既に去った後でした。
たくさんのゲストで賑わう今回のお盆期間中にも遭遇できれば良いのですが。

これまでチュンポンピナクルを我もの顔で牛耳っていたテルメアジの勢力が衰えを見せています。
メチャクチャいっぱいいたテルメアジが今では数も少なく底の方へお追いやられて寂しく群れています。
テルメアジ

代わりに勢力を増しているのがメアジで、巨大なチュンポンピナクルの根を覆うように群れ泳いでいます。
メアジ

密集度の高い『玉』状に群れるテルメアジに対し、メアジは根の上を縦横無尽に泳ぎ回るのでシャッターを押すたびに違う動きになり写真を撮るのが楽しいです。

果たしてテルメアジはこのままいなくなってしまうのか!?
はたまた起死回生の逆転劇が起こるのか!?
ともかくも自然の世界は厳しいものですね。

上の写真にはメアジの他にもクロリボンスズメダイやヤノリボンスズメダイがたくさん写っていますが、ヤノリボンスズメダイと言えば、最近浅場のポイントのエダサンゴが群生しているエリアで婚姻色?興奮色?と思われる美しい体色を見せてくれています。
普段は見られない青いドットが全身に現れてとても綺麗でしょ?
ヤノリボンスズメダイ

この写真はCanon 5D mark3というカメラとINON Z-240というストロボで撮っていますが、トリミング以外、一切の画像処理をしていません。(ちなみにピクチャースタイルはスタンダードです。)

あと、最近のオススメのマクロのネタはこの子、スポッティーブレニー(マダラギンポの仲間)です。
オレンジ色に囲まれた素敵な環境にいっぱいいる場所を見つけました。
スポッティーブレニー

マダラギンポといえば口から稚魚を吐き出すハッチアウトをすることで有名なお魚なのですが、スポッティーブレニーも同じなのかな?
こちらの種はめちゃくちゃ小さくて日本のマダラギンポの半分くらいの大きさしかないので目視するのは至難の技ですが、今後の観察のテーマにしたいと思っています。

さて、明日14日は川奈の八木さん、田辺の李くんが担当です。
お盆で忙しいと思いますがお身体ご自愛して頑張ってくださいねー
よろしくお願いします。

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

アウェイからホームへ帰ってきたよ

07 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディカップ!(タイ語でこんにちは)
13日はタイより大村がお届けします。

この一ヶ月は年に一度の休暇を取らせてもらってましたが、その間にも他の海を覗きに行っておりましたので、まずはそのお話から。

タイのカオラックでムツゴロウの外人さんがいっぱいいる場所を発見し、先シーズンからゲストにも紹介し始めているのですが、日本のムツゴロウを見たことがなかったので、ガイド会仲間で長崎で活躍する『海だより』の中村拓朗くんのところへ本家ムツゴロウの勉強しに行ってきました。
拓朗くんは生態にも精通したガイドさんで、求愛のジャンプを見るならこの日が良いという的確な返答をくれ、その予言通りにバッチリ見せてもらい撮らせてもらいました。
本家ムツゴロウ

拓朗くんの陣取っている場所は、ムツゴロウのいる日本最大の干潟を有する有明海はもちろん、大村湾、橘湾、そして外海という4つの海と、そこに流れ込む川もあったりと本当にバリエーション豊かなエリアです。
今回は潜りは無しで、有明海のムツゴロウの観察&撮影のためだけに弾丸のスケジュールで行ってきましたが、改めてじっくりそれぞれの水域を拓朗くんのガイドで海にも潜ってみたいと思いました。
拓朗くん、ありがとう!


そして、前々から気になっていた四国は高知県にある鵜来島にも潜りに行ってきましたよ。

元ビッグブルーの同僚で、ダイビング器材販売のM社の本店店長の経歴を持つ田中そう君が地元の愛媛で『リトルブルー』というショップを開業しているので、彼を頼って『坊ちゃん空港』こと愛媛・松山空港を使うという裏ワザ※の楽チン旅行で行ってきました。
というのも、鵜来島・沖ノ島や柏島は高知県にあるのですが、飛行機で行く場合、高知空港と松山空港は同じくらいの距離で、松山からなら高速道路が伸びているので車で2時間半で到着できるのです。
※松山から宿毛までの公共の交通機関では乗り継ぎが大変で時間がかかります。今回は僕はそう君の車で送迎してもらったので楽ちんだったのです。しかも車は快適アルファード!笑

そして鵜来島・沖ノ島のダイビングでは、元・ガイド会メンバーでもある堅田純平くんがガイドをしている『黒潮』さんのボートにお世話になりました。
日本屈指の人気を誇る柏島の直ぐ近くだけあってマクロもとっても充実していて、さらにワイド目線でも凄い海でサンゴが元気で魚影が濃い!
特に、視界を覆うキンギョハナダイの巨大な群れは圧巻でしたよ。

個人的にはレア物、ロブストシーキューカンバーの群がりにビビりました・・・笑

単体が
ロブストシーキューカンバー単体

集まるとこうなる!
ロブストシーキューカンバー群生

そう君、純平くん、ありがとう!


さて、よそ様の海の話ばかりしててもなんなので、最後はタイの海のお話しで〆たいと思います。

この一ヶ月はずっと休暇でタイを離れており、昨日タオ島に戻り今日1日だけ潜ることができたので、とれたてホヤホヤの今の海のネタをご紹介させていただきます。

久々にホームの海、いや〜、やっぱ癒されますわ。
今日は大好きなポイントで潜ってきました。

サウスウェストピナクルでは、キンセンフエダイとシェベロンバラクーダの群れのコラボ!
キンセンフエダイとバラクーダ

ヒンウォンピナクルでは、ゴルゴニアンシュリンプがソフトコーラルに囲まれてました〜♪
ゴルゴとコーラル

レッドロックではイボヤギが元気に開いていたので何か絡める子はいないかな〜と探していたら・・・
マダラギンポとイボヤギ

年に一度の休暇からホームのタイに戻り身も心も引き締めまくっていきますよ〜
夏本番を迎えるタオ島、その後始まるカオラックのシーズンイン、そして再びタオ島のゴールデンウィークまで、今年も一年潜り倒します!
皆さんのお越しをタイで待っております。

さてさて、明日14日は川奈の八木さん、田辺の李くんが担当します。
いよいよ梅雨明け、これから忙しくなる時期ですがお体ご自愛され頑張ってくださいね!


大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

僕らが旅に出る理由

06 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!と、言いたいところですが、毎年恒例、年に一度の休暇をいただき、ただいまイングランドのカンタベリー在住の元ビッグブルーのスタッフの素敵なお宅に滞在しております。
なのでハロー!、普通やな・・・(^ ^;;

さて、この一ヶ月はと言いますと、先月お届けしたジンベエ・ラッシュのお話が、その後もしばらくは続いておりました。

引きの美学はもちろんの事、
引きの美学

ジンベエを背景にして記念写真を撮ったり、
記念写真

スローシャッターで狙ってみたり、
スローSジンベエ

むしろ先月の報告時よりもさらに激しく出まくっておりました。

このジンベエ・ラッッシュはいつまで続くのか!?と思っていたら、さすがに出没のペースが落ちちゃいました。
今はたまには出るよ、といういつものタオ島のペースに戻っています。

そして待ちに待った年に一度の休暇に入り、バンコクから沖縄へ飛び、まず最初はガイド会仲間の渡嘉敷島の番ちゃんのところでお世話になりました。

この夏の高水温による白化現象の影響を心配してましたが、浅場のサンゴがめちゃくちゃ元気でびっくりしました。
地形からマクロネタまで本当にいろいろ見せてもらいましたが、個人的には初めて見たカールおじさんホヤが印象的でした。
カールおじさん

番ちゃんと一緒に本島に移動してガイド会仲間の沖縄ダイビングセンターのてつ!ちゃん、スローライフ木戸ヤス君、そして宮古島のアスアストーリーの國ちゃん、さらに山口県から参戦のLove&Blueの小川君も合流してガイド会仲間が6人も集まったのでした。
こんなの楽しくないわけがないですよね。(↓ガイド会仲間6人と共通の友人2名)
集合写真

本島のサンゴも渡嘉敷に負けず劣らずとっても元気でしたよ。

てつ!ちゃんが教えてくれた極小サイズのハマクマノミの赤ちゃん。
このサイズは可愛いね〜♡
ハマクマyg

ヤス君ガイドでタイでは見ないヤシャハゼを撮らせてもらいました。
ブリーフィング通り、近づいてもヒレを開けて飛んでくれましたよ。
ヤシャ

今回は僕と同年代と僕よりも若いガイド会メンバーが多かったのですが、若手の頑張りがヒシヒシと伝わってきていい刺激を受けました。

夜にはガイド会の先輩である蓮尾さんのやっておられるBarナギサでは、ビッグブルー出身で沖縄でダイブショップを開業している仲間も集まり、みんなで美味しく楽しい夕食を楽しみました。
居心地よく、料理も美味しいオススメのお店ですよ〜
ナギサ

沖縄の後は実家の京都経由で今はヨーロッパ周遊の旅を楽しんでいるところです。
スコットランドではスコッチウイスキーで生牡蠣を、イングランドではエールやフィッシュ&チップスを、スペインではワインでタパスを堪能・・・って、その詳細はこのブログでは割愛です・・・(^ ^;;

が、一つだけ、ダイビングの仕事をするうえでとても勉強になった体験がありました。
島は島でもダイビングじゃなくてウイスキーの聖地、アイラ島での出来事。
そこで参加した蒸溜所でのテイスティングプログラムで、たまたま同じグループとなったフランス人のおっさんの態度の悪さとそれをコントロールできてない現地スタッフの対応にとても嫌な気持ちにさせられてしまったのでした。
と〜っても楽しみに下調べし、お休みの日が来るのを指折り数えて待ちのぞみ、膨らみまくった期待を胸にはるばるやってきたアイラ島で、その気持ちに水を差される・・・
これって、ウイスキーをダイビングに置き換えたら、ダイビングのゲストにも起こる話ですもんね。
ダイビングの世界にどっぷり浸かっているだけでは得れないゲスト目線での体験は新鮮でした。

日本に戻ったらもう少し日本各地の海を渡り歩き、来月の投稿の頃にはタイに戻っております。
いろんな海で潜ることはもちろん、人と会うこと、各地の風景や文化に触れることはリフレッシュにもなり、良い刺激にもなり、勉強にもなります。
また一年頑張れるよう、もう少し非日常の別世界を楽しませてもらいます。

明日は川奈の八木さん、田辺の李君が担当してくれます。
八木さん、宮古ツアー盛り上がったみたいですね〜♪
李君、京都に戻ったらふらっと遊びに行くかもよ・・・

では今日はこれからスペインに飛びます。
チャオ!

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

引きの美学

05 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは!)
毎月13日はタイ、タオ島より大村がお届けします。

ゴールデンウィークのタオ島ではジンベエザメが大当たりでした。
2017年が明けてからずーっと出まくっていて、統計すると3日に一度以上出ていることになります。
少なくとも7個体が島周辺に居着いているのが識別されていて、毎日、複数のポイントで同時多発で出現してくれています。

水槽じゃない

生簀じゃない

餌付けじゃない

自然のままのジンベエザメ

スノーケルじゃなく

通り過ぎるワンチャンスじゃなく

スクーバでゆっくり見れるジンベエ・・・

こちらが避けないとぶつかってしまうくらいの至近距離で見れる、撮れる。
ゴールデンウィークにはフォト派のゲストも多く、ド迫力のジンベエ写真をたくさん撮ってもらいました。

こんな時、僕が提案したいのは、敢えて、引いてなんぼの構図、他のものと絡めたジンベエの写真です。

贅沢な話とは思うけれど、極端に近づいたド・アップのジンベエの写真は今どき世の中にいっぱいありますし、どの写真も似ていてどれが誰の写真か分からない個性の無い写真とも言えます。

例えばこんな写真
どアップ

コピーライトを入れないと僕の写真だとは分からないですよね・・・

ジンベエに少しでも近づきたいという気持ちもわかりますが、ちょっと周りを見渡してみて欲しいのです。
すると、タオ島ならでは、他の魚の群がり越しのジンベエや、イソギンチャク越しのジンベエ、地形を利用したジンベエ、ダイバーとジンベエ、ダイバーの吐く泡とジンベエ、などなど魅力的な絡めるものが沢山あり、ちょっと人とは違う個性的なジンベエの写真が撮れますよ。

ツバメウオの群れの位置を把握し、ジンベエの動きを読むとこの瞬間に立ち遭える
200匹と

地形や他のダイバーの位置関係を把握しておく
地形と

一歩引くことでイソギンチャクや小魚を絡められる
イソギンチャク越し

チムニー(縦穴)の中から撮れるタイミングを逃さない
チムニーから

水面まで追いかけないで、下から見上げて太陽や空も一緒に狙ってみる
下から

どうですか?
ちょっと目線を変えると個性的な写真になるでしょう。

実際には思い通りにならないこともあり、難しい撮り方ではありますが、でも成功した時の喜びはひとしおです。
さらには、近づきすぎないのでジンベエにストレスを与えず、他のダイバーにも迷惑をかけない、これぞ大人のダイバーのマナーとも言えます。

まだまだ続きそうなタオ島のジンベエ祭り。
これから来られる方は、ジンベエザメを追いかけ回すのではなく、引いてなんぼの写真を狙ってみるのもオススメですよ。

さて、明日14日は川奈の八木さん、田辺の李くんの担当日です。
ゴールデンウィークお疲れ様でした〜
ちょっと一息ついている時期ですかね?
楽しいブログをヨロシクお願いします!

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

シルエット

04 13, 2017 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーピーマイカップ!(タイ語で"明けましておめでとう”)

そうです、本日4月13日はソンクラン、水かけ祭りと呼ばれるタイの旧正月です。
この日ばかりは無礼講で、見ず知らずの人に水をぶっかけても怒られません。
我らがビッグブルーチームもピックアップトラックに巨大なバケツいっぱいの水を積み、高性能の水鉄砲を仕込んで街に繰り出してきます!


さてさて、まずは春のダイビングイベントの報告から。

毎年、4月の第1週末に池袋サンシャインで日本最大のダイビングのイベント『マリンダイビングフェア』が催されます。
我らガイド会も30名ものメンバーが池袋に集結し、『次世代ガイドの写真展』や『ALL BLUE 四人展』、『ガイド会ライブ』などのイベントを行いました。

『ガイド会ライブ』の様子を特別ゲストとしてご参加いただいた水中写真家のトムさんこと戸村裕行さんに会場の様子を撮って頂きました。

古見きゅうさんの音頭で乾杯!
集合写真-3

総勢250名のビッグイベントでした〜
集合写真はウォーリーを探せ状態ですが、一番黒いのが僕です・・・笑
集合写真
※クリックすると大きく表示されます。

僕が出演したのは以下の2つの演目です。

『川柳フォトバトル』の予選のお題は『スポーツ』でした。

ウミウシの
 模様の中に
  プロレスラー
キン肉マン

体長1センチほどのトウモンウミコチョウの体側の模様がキン肉マンに見えるというネタ。
めちゃウケたのですが、『肉』の文字を入れたため合成写真はルール違反なので失格、決勝には残れませんでした・・・

決勝のお題は『野菜・果物』でしたが、もし僕が決勝に残ってたら、

プリプリの
 桃尻漂う
  タイの海

とてもネット上にはアップできない至極のお宝写真を見せてあげたのになぁ〜、無念!

↑というのは冗談ですので真に受けないで下さいね・・・笑

残念ながら決勝には残れませんでしたが、キン肉マンのネタをMr.フォトバトルの古菅さんに褒めていただけたので十分満足です。(^_^


『最高の一枚 30秒ゴングショー』では真面目にお魚にまみれたジンベエザメの写真を。
2017年に入ってから過去最強にジンベエが出まくっている今のタオ島の話をさせてもらいました。
ジンベエザメ


今回、僕は葉山の佐藤輝くん、八幡野の福田航平くんと共に『ガイド会ライブ』の幹事をやりました。
250人が集まるイベントを取り仕切るのは大変でしたが、皆に協力してもらいながらもなんとかやりきった時は充実感と共に燃え尽きました・・・笑

ご参加いただいたゲストの皆様、ご協力い頂いた業界関係者の皆様、ガイド会の仲間達、本当にありがとうございました!
幹事として至らない点も多々ありまして反省点も多いのですが、そこは向上点に変えて来年のライブがもっともっと良くなるようにメンバー一同頑張りますのでまた来年のライブも楽しみにしていて下さいね。


さて、今月の水中写真です。

実は今回の東京出張の直前、まさにカオラックのハイシーズンも佳境に入り海はいよいよ絶好調という時に、水中カメラの不具合でストロボが光らなくなってしまいました・・・

というわけで潔くノーストロボの写真を撮っていたのですが、これはこれで面白いんですよね。
シルエット

色鮮やかなリチェリューロック、普段はいかにして色を引き出そうか考えますが、全く違う視点でシルエットが面白そうな被写体を探しながら潜ると新たな発見もあるし、ストロボやライトの光源を使いこなすのと同様、自然光を操るのってやればやるほどとても奥が深くて面白いのです。

ちなみに東京出張の間に不具合の部品は交換して、今ではバッチリストロボも使えるようになりました。
光と影を操っていろんな水中写真を撮る面白さを追求していきたいですね。


まだまだカオラックの海はめちゃくちゃいいのですが、そろそろシーズンが終了となります。
今シーズンもたくさんのゲストといいダイビングをいっぱいしました。
たいへん名残惜しいですが、これまた絶好調のタオ島の海が待っています。
明日からハレルヤ号クルーズのラスト2トリップを思いっきり潜ってから、ゴールデンウィークからはタオ島の海でお待ちしております。


明日、14日は川奈の八木さん、田辺の李くんがお届けします。
八木さん、フォトバトルのアーチェリーの写真お見事でした!

大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (194)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (95)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (88)
3日 柏島・松野和志 (52)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (2)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (61)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (84)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (85)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (14)
10日 樫山弘紀 (17)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (85)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (99)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (54)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (96)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (39)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (53)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (75)
16日 パラオ・加藤栄一 (23)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (61)
18日 鹿児島・松田康司 (2)
19日 長崎・中村拓朗 (28)
19日 葉山・永橋麗良 (1)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (98)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (86)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (98)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (17)
24日 奄美大島・古田直基 (13)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (29)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (2)
26日 山口/東部・小川智之 (29)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (83)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (98)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (2)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (31)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (436)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示