奄美から沖縄エリアのザトウクジラの繁殖・滞在の為のエリア拡散型シーズンの実情

03 01, 2017 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

0 Comments
皆さん、こんにちは。

沖縄ホェール・ウォッチンング事情で言えば、シーズン当初は、沖縄地方は、

例年になく確認例が少なく、ちょっと焦りましたが、シーズン始まれば、

個体数も少し戻り、無事、ウォッチング出来てます・・・。

(写真は、いつもの様にクリックすると大きな画面で見れます)


_47A6309.jpg




しかし、個体数をきちんとカウントしている座間味などのエリアの同業者に聞いてみると

やはり、例年に比べると少ないというのが実情の様です。

「何故、そうなのか・・・・・?」

それは、多分、例年より高い水温が原因のように思われます。

シーズン始まりの沖縄本島地方の水温は、24度近く、例年に比べ2度高く、

ちょうど、奄美辺りが、22度と例年の沖縄本島エリアの水温なのです。

この為、ザトウクジラも例年の水温事情や、エネルギーの消費などを考えると

南下する必要もなく、繁殖・子育てエリアの拠点を少し北上させ広げ、

例年と比べてイレギュラーな繁殖・滞在エリアの拡散型シーズンとなっているのではないかと思われます。

以前、研究者の方に聞きましたが、21度からの水温1度の変化はザトウクジラにすれば、

人間で考えると10度ほども違うらしく、授乳の問題や生活パターンに

大きな差が出るようです・・・。

奄美エリアの数人の同業者の方々に聞くと、

「今年はクジラが多い」や「今年のクジラは動きが違う」など、頻繁に耳にしました。

「2週間で、同じ個体を3回見たのは始めてだ・・・・」や

「いつもは出会っても通り過ぎる感じの動きなのに、今年は留まっている感じ」

など、この沖縄エリアでは、当たり前の事情も今年の奄美エリアでは初めてらしく、

盛り上がりを見せているようです。

奄美エリアから沖縄エリアの同業者の方々に聞いた確認頭数の話を総合すると、

多分、例年の事情から考えると、奄美から与論島辺りまで

80頭~100頭、慶良間・渡名喜・久米島エリアを中心に沖縄本島エリアで

80頭~120頭の個体数が居るのでは思われます。

数年前、南半球のトンガでも同じような事があったらしく、

水温が例年より2度高く、ザトウクジラの通過点にあたるトンガタブでは、

例年より多く確認され、ホエ-ル・スイムも頻繁に行われ、

沖縄エリアにあたるババウ諸島では、例年より個体数が少なかったという事が

あったようです・・・。

もっとも、翌年から、水温が通常に戻り、個体数も戻ったらしいのですが・・・。

水温の変化は、生物に多大な影響を与えます。

以前は海草は繁殖してたエリアがサンゴ礁エリアになったり、

居なかった魚が、当たり前の様にみられる様になったり・・・。

ある意味、それが、自然界のスパンなのかもしれないけれど、

この水温の上昇が人間が関与している部分がとても大きいのではと思われ、

この先の事を考えると、ちょっと恐い気がします・・・。



しかし、海では、毎日、ザトウクジラ達の熱いドラマが展開されています・・・。



_47A6393_201703010602551fd.jpg


この個体は、2年前の2月初旬に出会った個体で顔に「8000」という模様があります。

テールの模様で再確認しましたが、二年前より落ち着いた雰囲気で沢山遊んでくれました。


16835885_10212135126559920_7604923713982363410_o[1]

(写真は、ゲストのヨココさんから頂きました)


因みに、個体識別には膨大な時間と根気を要します。

テール(尾鰭)の内側の模様で識別するのですが、

指紋認証などのソフトなどがあればともかく、一個体一個体の写真を撮り、

それを全て見比べるのです。中には似たような模様はもちろん、

真っ黒の個体や真っ白の個体も沢山居ます。

そこからは、微妙に違うテールの形や背びれの形、

胸ビレの表側が白い黒いなどで、識別していくのですが、個体ごとの写真を

撮影するだけでも大変だし、ちょっと想像すると解りますが、

例えば、50枚の写真を見比べる事は、もの凄く大変です。

勿論、模様事に、例えば、黒い個体、白い個体、模様のある個体など分類して

振り分けておきますが、やってみると、毎日撮る写真が、数が増えて行けばいくほど

そのほとんどダブりで、その確認作業だけでも膨大な時間と根気を要するのです。

座間味ホェールウォッチング協会の皆さんが毎年、きちんと個体識別をして発表されてますが、

頭が下がる想いで見て、久米島エリアの個体数の参考にさせて頂いてます。



_47A6041_20170228233234da8.jpg


とても、フレンドリーな通称腕白君・・・(^_^;)



_MG_2981ブログ


今年、生まれたこの子は、僕の周りを興味深そうに泳ぎました。



_47A6450_201702282332346ed.jpg


二日前に出逢った母子クジラで、お母さんクジラは、とても大らかで、

子クジラもやんちゃで可愛かったです。



_47A6402海ブログ




緩いヒートラン中のクジラ達・・・。



_DSC9916.jpg



_DSC9943.jpg


マリンダイビングで毎月「海を歩く・・・。」を連載しながら、昨年、日本中の海を

車で潜り歩いていた「屋久島ダイビングライフ」の高久至君が遊びに来てくれました。

今は、まだ、沖縄の島々を放浪中ですが、春からはガイド業を再開するようです・・・・・(^_^;)

DSC_2250_20170301060251f0d.jpg




ブログ「会長が行く!!」

ダイブ・エスティバン

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!

道場破りとホェールウォッチング一日コースの始まりとマンタ祭り・・・(^_^;)

02 01, 2017 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

0 Comments
_25A2887.jpg





皆さん、こんにちは・・・。

いよいよ始まったホェールウォッチング一日コースですが、

沖縄地方は例年よりも水温が2度も高いせいか、個体数が少ないように感じてましたが、

初日からは、個体数も少しずつ増え始めています・・・。

そんな中、先日、ガイド会仲間の宮古島のアクアストリーの國廣哲司君(クニ)と

本島のスローライフの木戸泰成君(ヤス)が遊びに来てくれました。

彼らの目的は、ずばり「道場破り」・・・・( ̄▽ ̄;)

・・・の様な、フォトバトル勝負・・・。

石垣島のガイド会仲間のネイチャー拓也(多羅尾君)を撃破し、それに味を占めた「世界のヤス」が

あろう事か、久米島の僕まで潰そうと来たのである・・・┓( ̄∇ ̄;)┏

面倒くさいけど、売られた喧嘩は買う性分なので、受けて立つ事に・・・。

テーマは、「モンツキカエルウオ」・・・・、

二人よりもモンツキカエルウオを見慣れている僕としては負ける訳にはいかない・・・。

・・・・っで、勝負です。

「世界のヤス」と「宇宙のクニ」の命名は拓也の仕業です・・・(^_^;))

(写真は、いつもの様にクリックすると大きな画像で見られます)



まずは、「宇宙のクニ」



16402950_1243175622429093_6916117074702364789_o[1]



クニ、コメント。

「たまたま頭に乗った砂がアクセサリーみたいで可愛かったので

狙って見ました。貴族のレンズを使用して、ストロボなしのRGブルーのライト撮影です」




続いて、川本。




_DSC9145勝負




川本コメント

「テーマは不気味さ、お題はストーカー・・・・、

可愛い生物を可愛く撮るのではなく、側に来た僕らから逃れて、穴の中から、

じっと僕らの様子を窺っている感を出したくて、モンツキのビビった時の顔色を利用し、

貴族のレンズ(クローズアップレンズ)を使い、絞りを4とし更にピンを薄くし、

ストロボは、眼の半分と顔中央部分に当たる様に角度をし、陰を作る様に撮りましたが

・・・・・・・今一でした・・・・(-_-;)」



続いて「世界のヤス」



16389432_1071662559611819_1170718419_o_20170130173819d46.jpg




ヤス、コメント

「シャッっと構えてシュッとピント合わせてバーン!!!って撮りました!!!!」

・・・・・ナメてるな・・・・ ( ̄▽ ̄;)

・・・っという僕の心の声が聞こえたのか?


「はっはっは、冗談です。背ビレが開いたモンツキが格好良くて、

開いた瞬間を狙って撮りました!!!!!」


僕もクニも、モンツキカエルウオは、なかなかこんな風に背ビレを開かないと

「凄い凄い!!」囃し立てたのが、よほどご満悦なのか・・・、

「モンツキカエルウオが穴から出たがっているところを、少し距離を置いて待つんです!!」

「モンツキは出よう試みるが、そのタイミングで詰め寄り、穴から出さない様に撮る!!!」

「穴奥まで逃げるが、少し距離を置いて出てくるのを待つ!!!」

「そうすると、少しずつ顔を出し、また、穴から出ようとする!!!」

「そこを間髪入れずに詰め寄り、すかさず撮る!!!」

「タイミングと魚の動きと撮影者の大胆さと・・・・・・・・」


クニは頭を下げ、ニヤニヤしながら大人しく聞いているが、

モンツキカエルウオの生態を沖縄のガイドダイバーの中でダントツ一番知っていると

勝手に自負している僕には、偉そうに長々と講釈を垂れる「世界のヤス」に我慢ならくて、

「・・・・いや、ヤス、そんな事は十年以上前から、お前より解っている!!!・・・ ( ̄∇ ̄*)ゞてか、

背ビレが開いたのは偶然だし、大体、偉そうに俺に言うな!!!・・・・ ( ̄^ ̄)」



・・・・まあ、しかし、ここは誰が決めたか?「世界のヤス」だから、負けておきましょう・・・っと、


16326556_1265414903514310_884029786_o.jpg


「参りました!!!!」


それに、気を良くしたのか?お酒に程良く酔ったのか?

またまた、講釈を垂れだす「世界のヤス」でした・・・・(^_^;)


閑話休題、話を戻すと、

冬の久米島は、ダイビング中は、マンタ祭りだったり、


_47A5848.jpg



_47A5879.jpg





始まったホェールウォッチング一日コースも、


_25A2801.jpg




_25A2899.jpg




_25A2816.jpg





_47A5901編集



なかなかの盛り上がりを魅せています・・・。

冬の久米島・・・・、乞うご期待です!!







2015123122491107bs[1]






ダイブ・エスティバン

ブログ「会長が行く!!」

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!




「お知らせ」

ガイド会の選ばれし四皇達の写真展
「海のシェルパ展 絆 ~海で生きる~」

大阪
日程:2月17・18・19日(金土日)
時間:10:00~18:00(19日 ~17:00)
場所:高麗橋 BLACK BOX
大阪市中央区高麗橋3-1-8 カルボ高麗橋ビル1F

東京
日程:4月7・8・9日(金土日)
時間:10:00~18:00(9日 ~17:00)
場所:池袋 Gallery K
豊島区西池袋3-19-11

両会場とも入場は無料です。

allblue-2017[1]



「ガイド会LIVE・チケット発売開始」

20161212174326b07[1]

日時】 4月8日(土)
19:00 開場・入場開始(ドリンク注文OK)
19:30 開演
22:00 (ドリンク注文終了)
22:30 閉演
【会場名】池袋サンシャインクルーズ・クルーズ
【定員】 200名
【会費】 8,000 円(税込み)
【お申し込み方法】
購入ページ https://eventregist.com/e/guidekai2017
【購入までの流れ】
まず、新規会員登録(無料)をクリックしメールアドレスとパスワード設定を行って下さい。その後、登録メールアドレスへ会員登録のご案内が届きますので「会員登録を完了する」を押して下さい。「ワンタイムパスワードを設定」万が一、他人にパスワードを知られてしまっても、ワンタイムパスワードの認証が加わることで、不正利用の危険を回避できます。安全なイベント運営のために、設定されることをつよくおすすめします。と表示されますので気になる方は設定お願いします。気にならない方は右下の「あとで設定する」をクリックして予約を行って下さい。(お申し込みは30分以内でお願いします。)お支払いはクレジットカード(PayPal)となります。https://www.paypal.com/jp/home そして、当日は必ずプリントアウトしたチケットもしくは携帯画面に表示されたPDFチケットをご持参下さい。
※チケット購入ページでも参加者登録をお願いします。
【イベント参加の注意事項】
FBの第8回ガイド会ライブにて参加予定を押していただいただけでは参加になりません。必ずチケット購入ページよりお申し込みいただき、清算後PDFチケットがメールで送られてきます。この時点でお申し込み確定となりますのでお間違えのないようお申し込み下さい。会場の関係上チケットに限りがありますので、チケットのない方は当日お越しいただいてもご入場できません。ご了承ください。
※詳細はお近くのガイド会メンバーにお問い合わせ下さい。







明けましてあめでとうございます。

01 01, 2017 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

0 Comments
_47A1369別1これかな?



皆様、明けましておめでとうございます。

旧年中、ガイド会ブログをご愛読頂きまして、ありがとうございます。

今年も、会員一同、各々のエリアの海の魅力を精一杯伝えていきたいと思いますので、

宜しくお願い致します・・・。


(写真は、クリックすると大きな画面で見られます・・・。)




_47A4889サンゴ白化





_DSC8332.jpg






_DSC8970ブログ






_47A2319.jpg






_47A3412.jpg





クジラ達との触れ合い・・・、

昨年の高水温に依るサンゴの白化現象・・・・・、

生まれてきた幼魚達の愛らしさ・・・・・、

雄大なスリック(サンゴ卵・プラヌラ幼生の帯状集合体)・・・・、命の集合体・・・、

コガシラベラの群れ産卵などの生命達の躍動を・・・、

でも、自然は時に、残酷ですが・・・、

それも含めて観察し、悩みながら・・・、

また、皆さんと共に、今年も海を体感したいものです・・・。

それが、僕ら、ガイドダイバーの誇りであり、

そこにある皆さんの笑顔が正にガイドダイバー冥利に尽きますから・・・・。



今年も、ガイド熱の暑苦しいガイド会会員達と、宜しくお付き合い下さい・・・(^_^;)



_25A7446.jpg


僕に威嚇(?)してきたのか?、ザトウクジラの雄のバブルリングぼ写真です・・・。









2015123122491107bs[1]






ダイブ・エスティバン

ブログ「会長が行く!!」

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!

「下手なガイドでありたい・・・。」

12 01, 2016 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

2 Comments
「下手なガイドでありたい・・・・。」

ちょっと誤解を受けそうですが・・・。


先日、動物写真家の小原玲さんが(写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシ/講談社)発売中)

ブログで「写真下手」という投稿をアップされていました。


「この20年ぐらいのカメラの進歩は凄まじく、ピントも露出も、瞬間を止めることも、

カメラ任せでプロ並の写真(動物写真も)が撮れるようになっています。

適切な機材と、適切な環境にさえ行ければ、あとは押すだけですので、

1ヶ月もあればプロとほぼ変わらない写真が撮れます。

そんな時代に一生懸命プロと同じような機材に投資して、

プロのような、ちょっと教えれば誰でも撮れる様な写真を撮ることを求めても、

実はちっとも価値はありません。例えピンがあまくてボケてても、

自分の感情を「お上手」な小手先の技術でごまかすのではなく、

感情が見る人に伝わるような写真でないと、見る人の心を動かしません。

「写れ!」「写ってほしい!」の念を込めてそして写ったときには

間違いなく一番色が良く、センサーが出す毛並みの描写も一番細く見えて良い。

最新の機材を使わなくてもいいから、カメラに撮らされるではなく、

カメラで撮ろうと意識を集中する事が大事なのだ・・・。」

・・・っと言う様な内容でした。

・・・・なるほどなと思いました。

僕自身も感じてましたが、確かに、フイルム写真時代の方が限られた枚数の中で

撮影しなければならず(水中では特に)、一期一会を大切にし、限られた枚数の中で、

渾身の集中力と絶対に撮ってやるという強い想いで生態行動など撮影していたと思います。

今の様に、ストロボのTTLが当たり前に効く事もなく、

オートフォーカスがめちゃめちゃ速く決まる事もなく、

ひたすら手動で魚を追い、露出を計り、太陽光とストロボ光を考え、

「写れ」という強い想いで撮影していたように思います。

秒10コマ(一秒間に10回連写出来る)でなくても、

秒4コマでザトウクジラのブリーチングの頂点を抑えていたように思います。

プロの写真家でない僕でさえも、そこには、カメラ任せではく、

はっきりとした自分の意思があった思います・・・・。


そして、ふと、自分の仕事に置き換えて考え込んでしまいました・・・。

「ガイドは意外性」などと言いながら、奇を衒ったような浅ましいガイドをしてないか?

「起承転結」などと言いながら、小さくガイディングを纏めてないか?

「癒し」などとほざきながら、安易に薄っぺらい綺麗なだけのガイドをしてないか?


以前、東京の新橋で「BOX」というダイバーや写真家の集まる居酒屋を経営されている

久海ちゃんから、「貴方のガイドは、汗臭いガイドだ」と言われた事があります。

「ゲストに色々と見せる為に動き周り、へとへとになりながらする

汗っかきなガイド」・・・だと・・・。

もっとカッコいい表現があるだろうと、ちょっとムッとしましたが、生物相手の仕事

だし、まあ、俺らしくていいやと思い、妙に納得したのを覚えています。

月日は流れ、ゲストの潜り方も変わり、ガイディングの様相も変化してきました・・・。

ゲストあってのガイドですから、もちろん柔軟性は必要ですが、

忘れてはならない、そして決して変わってはならない心に秘めた色の付いていない

「ガイドダイバーの矜持」もあると思います。



「下手なガイドダイバーでありたい・・・。」


器用でなくていいから、へとへとになりながら汗をかき、

「お上手」な小手先の技術で、ゲストが気が付かないその場凌ぎに頼る事なく、

驕らずに、疲れていても、次のガイドの為に日々調査をし、

生命が躍動し、ほとばしる様な瞬間を魅せられる

魂の籠ったガイドをするガイドダイバーで在りたい・・・。



_47A2794.jpg



写真は、今年の3月に撮影したザトウクジラの写真です。(写真はクリックすると大きな画面で見られます)

初めて見た光景ですが、そう表現するしかない様な狂った雄が、

親子の母子クジラの雌(母クジラ)に猛然とアプローチを掛けている場面です。

雄クジラに背中に覆い被されそうになりながら、必死で子クジラを庇い、

雄のアタックから逃げてました。

母クジラや子クジラの皮、襲う雄クジラの皮が剥げ、辺り一面に舞ってました・・・。

襲って来る雄クジラから子クジラを守る為に体のコントロールが効かずに

こちらに向かって来る母子クジラから逃げる前の瞬間で、

初めてザトウクジラの撮影中に自分から逃げました。

そのくらいもの凄い勢いの突進でした。

ピンボケだし、決して綺麗な写真でありませんが、こんな写真が好きですし、

ダイビング中も、こんな熱い場面をガイドしたいと思っています・・・。


・・・・勿論、様子を見に行って無理だと思ったので、

流石に、この時は、一日ホエールウォッチングコースのゲストさんには、

水中ウィッチングは遠慮してもらいましたが・・・・(^_^;)

(ゲストの皆さんも、「合図出されても入らない」と言ってましたし・・・( ̄▽ ̄;)


さて、今日から、久米島エスティバンの来年の1月28日から始まる一日ホエール

ウォッチングコースの予約受付が始まります。

ぜひ、奇跡の瞬間を一緒に共有しましょう・・・。






_DSC0216海ブログモンツキ孵化




水温が例年より高いせいか、まだまだ、モンツキカエルウオの卵保護やハッチアウトも狙えます。





スミレ産卵




スミレナガハナダイの産卵も盛んです・・・。



_DSC7833.jpg



白化から少しずつ戻りつつあるミドリイシです。中央部分左側は新たな褐虫藻を取り入れ

戻り、右側は死んでしまい藻が付いている状況です。中央部分左の色付き初めている

部分は戻りつつありますが、中央部右の白化部分は、まだ、何とも言えません。

同じサンゴ内でも、個体差や部分差で、生き抜く強さの差があり、そこには、被害を

受けた状況やそれまで成長してきた過程が大いに反映します(例えば、高水温に

喘ぎながら、どれほど強烈な紫外線を受け続けたか?などなど・・・)。

このワンカットのこの部分を見ても解る様に、ごくごく僅かな差が、明暗を分け、

生死を決めるのです・・・・。





_47A5731.jpg






グランビュータートルではアオウミガメがヤマブキベラにクリーニングされてました・・・。

例年より遅いのですが、マンタも出始めました。ぜひ、ガイドさせてください・・・。






2015123122491107bs[1]




ブログ「会長が行く!!」

ダイブ・エスティバン

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!










本当に、そうなんか・・・?!・・・(^_^;)

11 01, 2016 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

0 Comments
皆さん、こんにちは。

今月は、水温30度近い沖縄久米島の海から、水温14~15℃の

函館・臼尻の海も遠征して、充実した海ライフをしてました・・・。

臼尻は、海も山も豊かで鮮やかで、南の島で棲息している僕にとっては、

とっても、刺激的な海でした・・・。

皆さんも、ぜひ、北の海に、行こうと思われる事があれば、連絡下さい。

僕の友人で、人間性はともかく・・┓( ̄∇ ̄;)┏

とっても刺激的なガイディングをするガイドダイバーが居ますから・・・(^_^;)


さて、函館から帰って来て、南の海を満喫しながら、

写真家・峯水亮氏プロデュースの・・・、

恒例のブラックウォーターダイブ・秋の陣!!開催です!!

連日連夜、熱い出逢いの数々が続きます!!



_47A9710.jpg
(いつもの様に写真をクリックすると大きな画像で見られます)



魑魅魍魎の様な稚魚や深海性のクラゲ・貝・甲殻類などの幼生時期のものに

出逢う大いなる企画です!!


・・・・でも、実際に見ていると、「本当に、こいつが、成魚の産卵・孵化まで

確認しているこいつなのか???」・・・・っと、ついつい疑いたくなるほど、

体色の出ていない稚魚は成魚とは違います。

夜の色合いと昼の色合いは違うのも解るし、

身体が出来ている途中の過程だから姿形が違うのも納得できるけど、

実際に見ると・・・、「????」です。

そこで今回は、以前も、少しやっていたのですが、

もし、もう着床しそうなぐらい成長している稚魚を

見つけたら少し飼って成長を見て見ようと思っていました・・・。

そして、今回3回目のセダカギンポの稚魚との出逢いです。

個人的な見解で言わせてもらうと、

もう、何時、着床してもいいじゃないか?・・・っと

思われるぐらい成長していたので、この子に決定・・・。

迷惑なのは、重々承知してるんだけど、

「ごめんね、稚魚君・・・(^_^;)」



_DSC6225海①



セダカギンポの稚魚とは、去年、出逢ってから、10個体以上見ています。

峯ちゃんに同定してもらってから、夜な夜な自分でも稚魚図鑑を

捲りながら確認もしました。

背鰭棘条数12 軟条数13 臀鰭棘条数2 軟条数14

頂部皮弁の基底は長く、前鼻孔と眼上に皮弁がある・・・。

「・・・・・でも、本当に、そうなんか???」

・・・・っと、いう事で、一旦、手に着床させてみた・・・。



_DSC6343海③



「うっ、可愛い・・・(^_^;)」

思わず、なでなでしたくなるぐらい可愛い・・・(^_^;)



_DSC8400u海①1
(今年の6月に観察したセダカギンポの孵化)


しかし、この子が、孵化した透明の仔魚から、こうなるのか???

明日の朝まで見て見ようと思い採取してみた。

強制着床させた結果は・・・、


_DSC6549海④


「セダカギンポだぁ~!!!!」

それにしても、これが・・・、


_DSC6335海②









「こうなるんか・・・・?」・・・・(^_^;)


_DSC8375海⑥



やっぱり海は生物は面白い・・・。

可愛いこの子を、その後、捕食されないように根の陰の穴を支持棒で外敵が

居ないかどうか充分確認して、逃がしました。

_DSC6537海⑤



しかし、可愛いかった。

自然化では、このサイズの幼魚は見ないから貴重な観察でした・・・。

さて、また、明後日から秋の陣後半開催です!!




1478042124830.jpg
(函館にて、ガイド会仲間の長明、イベントに来てくれたガルちゃん、キムと・・・(^_^;))




2015123122491107bs[1]



ダイブ・エスティバン

ブログ「会長が行く!!」

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!


Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (181)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (90)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (84)
3日 柏島・松野和志 (47)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (8)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (58)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (79)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (82)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (10)
10日 樫山弘紀 (14)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (81)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (94)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (49)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (91)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (37)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (50)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (71)
16日 パラオ・加藤栄一 (19)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (57)
19日 長崎・中村拓朗 (24)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (94)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (83)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (94)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (13)
24日 奄美大島・古田直基 (11)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (25)
26日 山口/東部・小川智之 (26)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (82)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (94)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (27)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (433)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示