「ご近所さん、みんな元気!!」の巻

11 12, 2014 | Posted in 世界の海

0 Comments
 やあやあ、みなさんお元気?
という事で、セブ島最南端の村・リロアンよりガルーダこと五十嵐がお伝え致します。

 まずは言い訳。このところ日本とセブを激しく行ったり来たりで、先月はセブに戻って間もなかったためブログの更新をお休みさせて頂きました。ゴメン。。。で、そこから毎日ガンガン潜って、以前の感を取り戻した(!?)&どこに行っても、とにかく海の中も外もコンディション絶好調なので、今回はリロアンを含め、いつもオレらが遊びに行く遠征先の島までも報告しちゃおうって魂胆です。なもんで、写真ばっかりになっちゃいますが、どうかご勘弁を。。。

 という事で、まずはご近所の「スミロン島」。
スミロン島と言えばギンガメ&バラクーダが有名ですが、サンゴ礁で「じっくり系」も充実しているのです。

2014_11_sumilon

 やっぱ、スミロン島名物と言えば「バーチーク(バーヘッド)ダムゼル」でしょう。それも幼魚。それも、オレのオススメは、一番人気のちびっ子幼魚よりも、体側の後半が黒くなり始め、若干「大人びてきた頃の幼魚」がGOO!
 確かにちびっ子は可愛くて良いんだけど、画像のころのステージは、彼らが一生(!?)に発色する体色の全てが出ている時期で、ある種貴重なステージだからなのだ。「可愛さ」のみならず「色気」すら感じてしまうのはオレだけだろうか・・・。

2014_11_sumilon2

 このカメ君はスミロン島に住み着いてもう2年近くになるかな。じつは「隻腕のカメ君」で、一見痛々しい印象を受けるのですが。。。ところが、このカメ君非常に穏やかな子で、ゆっくり近づくとすぐそこまで近寄らせてくれる、とっても優しい子。このままずーっと、一緒にスミロン島でノンビリ過ごせるといいね。。。

 今度はちょっと遠出して「アポ島」へ。
ここもギンガメアジの群れが有名なうえ、ここいら周辺ではピカイチとも言える超サンゴ礁の海としても有名です。ゲストと一緒に写っているのは、ウチの人気ローカルガイド「プロイ君」です。
2014_11_apo

2014_11_apo2

 また、アポ島名物はギンガメ・サンゴ礁・お土産おばちゃん以外にも、コチラ「ホシモンガラ」が浅い水深で見られちゃうこと!!!オスの特徴「青いほっぺた」はとっても印象的です。

 次はリロアンからセブ島沿いに西側をちょっと北上した所「クラシ・ポイント」

2014_11_culasi

 ここはサンゴ礫の混ざった砂地で構成された斜面が続くポイントで、その斜面を降りていくと出会えるのがコイツ。若干深場に生息している種ですが、一般的に言われる水深よりも10mは浅いところで見られるのがウチの特徴。。。

2014_11_culasi2

 コチラは人気のサラサハタの幼魚。今年はあんまり出会えなかったなぁ~なんて思っていたら出会えた。ちょっと岩陰に隠れ気味で観察&撮影はし辛かったけど、その分、それっぽい雰囲気のカットになったのではないかと・・・。

 さて、最後はホームグラウンドの「リロアン」。

2014_11_liloan

 相変わらずクジャクベラの仲間たちは絶好調。この日は「ラインスポット・フラッシャーラス」が婚姻色を出したまま、ノンビリふらふらと泳いでました!!!むっちゃラッキー&超シャッターチャンス!!!

2014_11_liloan2

 コチラは、昼間はウミアザミの仲間の中に隠れていて、殆ど目にすることの出来ない「ヤツトゲテンジクダイ」。夕方近くになってくると、ウミアザミのポリプ(触手?)が閉じ始めて、隠れていたコイツを目にするチャンスが増えるのだ!

2014_11_liloan3

 最後は白化したイソギンチャクに住むハマクマノミ君。そんなに多い訳ではないけれど、リロアン周辺でも白化しているサンゴやソフトコーラル、イソギンチャクなどを目にします。が、しかし、同じ種のサンゴやソフトコーラル・イソギンチャクでも、白化するものと白化しないものとがある以上、これはおそらく「淘汰」の一環なんじゃないのかなぁ・・・と思っているのですが。

ってな感じで、今回はここまで。
 明日はマクタン島から拓ちゃんが、タイからタケシ君からの報告です。
拓ちゃん、マクタンはもうすっかり「クリスマス・ムード」全開なんじゃないの???
タケシ君、いよいよカオラック・シーズン幕開けだね!!!


Villa Tropical Paradise
1WGP-Liloan
Lower Lo-oc, Lo-oc, Santander, CEBU
6026 PHILIPPINES
Tel/Fax : +63-(0)32-480-9035
Website : http://villa-tropara.com
Blog : http://blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan/
E-mail : garuda@villa-tropara.com

« 今年新種記載されたベニハゼ3種 大瀬崎通信2014 霜月 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (198)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (97)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (90)
3日 柏島・松野和志 (54)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (63)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (86)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (87)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (15)
10日 樫山弘紀 (19)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (87)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (101)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (56)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (98)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (41)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (54)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (76)
16日 パラオ・加藤栄一 (24)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (63)
18日 鹿児島・松田康司 (4)
19日 長崎・中村拓朗 (29)
19日 葉山・永橋麗良 (3)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (101)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (88)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (21)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (100)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (19)
24日 奄美大島・古田直基 (14)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (30)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (4)
26日 山口/東部・小川智之 (31)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (85)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (100)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (4)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (33)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (438)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示