「泥地と、砂地と、いろいろと・・・」の巻

01 12, 2015 | Posted in 世界の海

0 Comments
 明けまして、おめでとうございます!
ガイド会ブログ、ならびにガイド会を今年も宜しくお願い致します。。。

 という事で、今年も毎月12日はセブ島最南端の村・リロアンよりガルーダこと五十嵐がお伝え致します。
昨年は家の事情でなかなかリロアンに居られず、何度もブログをサボってしまいましたが、今年はどうやらリロアンでダイビングに打ち込める予定ですので「アイツはサボってばかりでダメだ!」などとおっしゃらず、例年通りご愛顧のほど宜しく申し上げます。。。

 さて、昨年末に来た台風の影響は殆ど受けずに済んだリロアンですが、今年は例年と比べて天気が悪い日が続いている状況です。が、そんな中でもコンディションとタイミングを見計らって2015年「泥地&砂地初め」をして来ましたのでソチラのご報告を!

まずはオスロブ・エリアに位置する泥地ポイントから

2015_1_1「ブルーバードリボンゴビー」

 リロアン周辺の泥地では、もう定番中の定番。「泥地の女王」との呼び名も高いタンザクハゼの仲間「ブルーバード・リボンゴビー」です。体長約200mm、水深-15m辺りからビヨンビヨンと姿を現し始めます。

2015_1_2「ツンツクツン」

 コチラもこのブログではお馴染みなりつつある(!?)泥地に生息するまだ正式な名前がまだ無いハゼ科の一種です。小型のハゼで体長約30mm程度、水深は-10m程から深いところまで、ほぼ全域で見られます。
 通称「ピンコハゼ」と呼ばれるハゼに近いものではないかと思われますが、特徴的な第1背鰭の形状が全く違うことから別種と考えられます(ちなみに、第1背鰭の棘がビヨ~ンと伸長するのが雄だと思われます)。なもんで、コチラは「ツンツクツン♪」の愛称で呼んでおります。

2015_1_3「キントキダイ科の一種」

 コチラは泥地にのみ生息すると思われるキントキダイの仲間、どうやらコチラも正式な名前がまだ無いので「キントキダイ科の一種」と呼ばれております。体長約100mm、水深-20mあたりでよく目にすることがあります。例年では一箇所のポイントで4~5匹見られる程度の生息数だったのですが、今年のこのポイントでは異常なほどの個体数が生息しておりました!?

それでは次にクラシ・エリアに位置する砂地ポイントから

2015_1_4「パーリーシグナルフィッシュ」

 コチラは砂地の斜面などにペアで見られることの多い「パーリー・シグナルフィッシュ」の雄です(体長約30mm程度の小型種)。通常やや深い水深(リロアンでは約-30m以深)で見られることが多かったのですが、このところ水温が下がっている状態が続いているためか、今回は水深-22mにて観察・撮影されました。
 画像では背鰭を閉じていますが、雄は体長よりも長い背鰭をピ~ンピンと立ち上げ、近くにいる雌が短くて明瞭な黒色斑の入った短い背鰭を、雄に呼応するかのようにピコピコピコと動かす光景は微笑ましいものがあります。。。

2015_1_5「ホタテツノハゼ」

 コチラは皆さんお馴染み「ホタテツノハゼ」です。が、リロアン周辺で見られるホタテ君はシャイなものが多く(!?)全身はおろか、なかなか近寄らせてくれない個体が多いので「いつか“日本のハゼ”に載っているような全身カットを撮影してみたいなぁ・・・」と思っておりました。なもんで、今年初の「お宝ゲット」的カットな訳です。

それでは最後にトロパラのご近所、リロアン・エリアから

2015_1_6「イトヒキX」

 ベラ好きの方々から「イトヒキX(エックス)」と呼ばれることの多い「イトヒキベラ属の一種(イトヒキベラの近似種)」です。英名では「ブルーストライプ・フラッシャー」とも呼ばれる本種で、リロアン周辺ではいつでもどこでも見られる普通種です。
 が、しかし、一昨年あたりから個体数が倍増し、普通種から超普通種へと格上げ(格下げ?)されました。ま、つまりは、リロアンを含むセブ島南域が彼らにとっての「本場」だということなのでしょうか!?

2015_1_7「フィリピンスズメダイ」

 最後はフィリピンを代表するスズメダイ「フィリピンスズメダイ」です。本種の和名はもとより、英名も「Philippine Damsel(フィリピン・ダムゼル)」、さらに学名も「Pomacentrus philippinus」まさに“The フィリピン”と言ったところでしょうか。ところが、リロアン周辺においては、いつでもどこでも見られるような超普通種ではなく、やや個体数の少ない普通種程度といったレベルでしょうか(なんのこっちゃ!?)浅い水深を好み、通常-3m~-10mあたりで見られます。

という事で、今月はこの辺でおしまい。

明日はタイからタケシ君、マクタン島から拓ちゃん、それぞれからの報告です。
ところで、タケシ君とこには西村君来てるんでしょ?相変わらずタイでもラーメンばっか喰ってるの?
それと、拓ちゃんとこにもそろそろ柏島からマッちゃんが来る頃だよね?


Villa Tropical Paradise
1WGP-Liloan
Lower Lo-oc, Lo-oc, Santander, CEBU
6026 PHILIPPINES
Tel/Fax : +63-(0)32-480-9035
Website : http://villa-tropara.com
Blog : http://blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan/
E-mail : garuda@villa-tropara.com

« スポットライト 大瀬崎通信2015睦月 寒中お見舞い申し上げます »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (198)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (97)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (90)
3日 柏島・松野和志 (54)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (63)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (86)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (87)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (15)
10日 樫山弘紀 (19)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (87)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (101)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (56)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (98)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (41)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (54)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (76)
16日 パラオ・加藤栄一 (24)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (63)
18日 鹿児島・松田康司 (4)
19日 長崎・中村拓朗 (29)
19日 葉山・永橋麗良 (3)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (101)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (89)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (21)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (101)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (19)
24日 奄美大島・古田直基 (15)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (30)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (4)
26日 山口/東部・小川智之 (31)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (85)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (100)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (4)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (33)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (438)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示