秋の海・・・&ブラックウォーターダイブ!!

11 01, 2015 | Posted in 1日 久米島 ・ 川本剛志

0 Comments
皆さん、こんにちは・・・・。
熱かった夏の海から、季節風のミーニシ(北の風)が吹き出しすこし寒くなった(過ごし易くなった)沖縄・久米島の海からですが、相変わらず海中は、熱い毎日を送っております・・・・(写真をクリックすると拡大して見れますので、ぜひ!!)。


_DSC4179.jpg



今年、着床し成長したシコンハタタテハゼはハタタテハゼの幼魚と戯れ(?)・・・。



_DSC4077.jpg


棚上では、凄い数のゼブラハゼが溢れ・・・・。



_DSC4093.jpg




モンツキカエルウオ達は、毎日、産卵に勤しみ、雄は卵保護に頑張り・・・・。



_47A9833.jpg



ツバメウオは気持ち良く群れてくれ・・・・。



_47A0067.jpg



アオウミガメのカメフジツボは、蔓脚を出したり入れたりしながらプランクトンを捕食し・・・・、海は、毎日、輝き色付いております・・・・。
さて、その中でも、先月は夜のスペシャルな海をご案内させて頂きました・・・・。その時の笑い話です・・・・・(^_^;)




_47A9710.jpg



ブラックウォーターダイブ前夜・個人的裏話・・・(話の後に、その時に撮影した数点の写真が並びます、ぜひ、見て下さいね!!)

明日の夜から始まるブラックウォーターダイブの為に(日中は深い水深に居る稚仔魚や幼生やその他の生物が、夜、波の音や珊瑚の匂いを指標にして浅場に上がって来る。その生物達を水中で沢山のライトを照らして集め観察撮影する写真家峯水亮氏プロデュースのライトトラップダイビング)、ニコンのD800を105mmマクロから60mmマクロ、7Dmark IIに8-15mmのフィッシュアイレンズを付けてのワイド用にと2台のカメラのセッティングを始めた・・・。

フルサイズでも使える通常のレンズなので、APS-C換算で8-15mmレンズが二分の三倍の12-23mm相当になるし、このレンズは、もうレンズの直ぐ前、カメラから最短15㎝で撮れる・・・・。最短で撮れるという事は、その分、他の浮遊物の映り込みが少ないし、被写体をよりシャープにより大きく撮影する事が出来る、正に浮遊系ワイドには持って来いのレンズなのである・・・・。

いつもは電気コードで繋いでマニュアル発光で撮影しているが、7Dmark IIのカメラ内の設定を変え内臓ストロボを超微弱発光させ光ケーブルで反応させてTTL発光させたストロボ光とRGーBLUEのライト2台を使っての撮影しようと思っていた・・・・。

ゲストと少し飲んでたが、セッティングがあるからと早々に退席して始めた・・・・。

「眠い・・・・(-_-;)。」

連休からの疲れで、眠くてしょうがない・・・。

しかし、明日は日中もガイドだし今夜しかない・・・・。

SEA&SEAMDX7Dmark IIハウジングのポートを変え、レンズを付けたカメラをセッティングし内臓ストロボを開けようとした・・・。

「開かない・・・・┓( ̄∇ ̄;)┏」

「ストロボ機能設定・・・このメニューは表示できません。ストロボの電源が入っていないか、未対応のストロボ、またはアクセサリーが装着されてます・・・・。」

赤ラインで囲まれた「OK」と共に画面に表示が出る・・・・!Σ( ̄□ ̄;)!!

「OKじゃねえよ!!!・・・( ̄□ ̄;)!!」・・・・カメラをブン投げそうになる・・・・。

「いかんいかん、疲れてるな・・・・(-_-;) 」

ストロボの接点部をアルコールで清掃し、再度試みる・・・・。

また、同じ表示・・・・!Σ( ̄□ ̄;)!!・・・・再び、カメラをブン投げそうになる・・・・。

どうやら、1月下旬から3月下旬までのザトウクジラの陸上撮影時に浴びた潮でやられているらしい・・・・(-_-;)

明日の朝、キャノンのサービスセンターに電話して再度聞いてみる事にして、気を取り直してニコンD800の方に取り掛かる・・・・。

フイルムカメラ時代に持っていた60mmマクロを売ってしまって手元になかったので、スタッフ・マサに慌てて注文をお願いしてたレンズを取り出す・・・。

SEA&SEAから送られて来たニコン60mmフォーカスギアを嵌める・・・。少し、緩いので中の滑り止めのOリングを太い物と交換する・・・・。

今度は、上手く嵌った・・・・。

カメラとレンズを両手に抱えた時に、ふと目に付いた・・・。

ニコンD800とニコン60mmフォーカスギアが装着されたキャノンEFS60mmレンズ・・・・!Σ( ̄□ ̄;)!!

両手で持っているカメラとレンズをブン投げそうになる・・・・・。

「落ち着け落ち着け、何かの間違いだ・・・・┓( ̄∇ ̄;)┏」

改めて見返すが、光景は変わらない・・・・(-_-;)

ニコンとキャノン・・・だいたい、カメラとレンズの接着方向さえ逆な二社なのである・・・付く訳ない・・・(-_-;)

どうやら、忙しさにかまけてマサに間違えてお願いしたようだ・・・・( ̄▽ ̄;)。

「発想の転換だ!!現在、保有しているCanon 5D mark IIIに取り付ければ、フルサイズだから同じ60mmで使えるじゃないか!ストロボ発光はD800も内臓ストロボを使わない電気コードのマニュアル発光で使用しているから5Dmark IIIでも同じじゃないか?!」

・・・・・・・付かない・・・・ (-_-;)

待てよ、EF-Sレンズ???

キャノンのホームページを見る・・・やはり・・・・┓( ̄∇ ̄;)┏

「デジタル一眼レフの世界では次々と新たな技術が開発され、その可能性を拡大しています。
キヤノンEF-Sレンズは、フルサイズよりも一回り小さい「APS-Cサイズ」の撮像素子を搭載したカメラ専用のレンズです。
EFレンズならではの高画質と、軽量・コンパクトなサイズの両立を実現しています。」

キヤノンEF-Sレンズは、フルサイズよりも一回り小さい「APS-Cサイズ」の撮像素子を搭載したカメラ専用のレンズです・・・・そうなのであるフルサイズである5D mark IIIカメラには付かないのである・・・ (-_-;)。

「いやいや、些細な事だ!!発想の転換だ・・・、高性能なレンズである事はキャノンも謳っているんだから、7Dmark IIの取り付ければいい・・・・。この際、ワイドは諦めてマクロ一本に集中するんだ!!!」

・・・・・・・で、ニコン60mmレンズを急いで注文して、取り敢えず、2日間はその装備でマクロ一本で撮りました・・・・。

結果は、ともかくシャッターが押せない・・・!Σ( ̄□ ̄;)!!

ピントは来ているのにオートフォーカスで使用すると、なかなかシャッターが下りない・・・(-_-;)
もう、シャッターレバーが折れそうなくらい押すけど、なかなか下りない・・・(-_-;)
途中でハウジングごとカメラをブン投げそうになるくらい、ともかくシャッターが下りない・・・(-_-;)

何故だかは聞かないで下さい・・・、もう、既に調べる事さえ疲れてやりたくないので・・・・( ̄▽ ̄;)

そんな中で撮影した数枚です・・・。


_25A6608.jpg



シャコの幼生です・・・・。
身体のフォルムが、カッコいいでしょ!!


_DSC3571.jpg



ゾウリエビのニスト幼生です・・・・。宇宙船みたい~・・・なんて言いながら撮影してました・・・。



_25A6757.jpg



カニ類のメガロパ幼生のエボシガイ付きです・・・・(^_^;)

_25A67271.jpg



セダカギンポ稚魚約30mm。

写真家峯水亮氏の言葉を借りて・・・・。

背鰭棘条数12 軟条数13
臀鰭棘条数2 軟条数14
頂部皮弁の基底は長く、前鼻孔と眼上に皮弁があることから日本産稚魚図鑑第2版p1182-1183に掲載されているセダカギンポと思われます。

主な泳ぎは三通り。

・細かく尾を動かしながら一直線にダッシュ!(ダイバーが全速力で泳いでやっと併走できるぐらい)
・直径30cmほどを弧を描くように水平に高速連続旋回。
・その場で垂直に立ちながらのバレリーナのような回転
そのほかの行動としてはダイバーが装着しているBCD(浮力調整具)の隙間などに入りこみ隠れる。

多分、ほとんど人が見た事ないと思う稚魚の時期を初めて見たけど、凄いよね。卵から、こんなになるんですから・・・・。


_DSC3875.jpg




1459967_607442932644847_286936518_n[1]


ダイブ・エスティバン

ブログ「会長が行く!!」

フェイスブックはこちらから!!

雄輔の豪海倶楽部!!

« 今月こそ! イザヨイベンケイハゼ »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (198)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (97)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (90)
3日 柏島・松野和志 (54)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (63)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (86)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (87)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (15)
10日 樫山弘紀 (19)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (87)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (101)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (56)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (98)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (41)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (54)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (76)
16日 パラオ・加藤栄一 (24)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (63)
18日 鹿児島・松田康司 (4)
19日 長崎・中村拓朗 (29)
19日 葉山・永橋麗良 (3)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (101)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (89)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (21)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (101)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (20)
24日 奄美大島・古田直基 (15)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (30)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (4)
26日 山口/東部・小川智之 (31)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (85)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (100)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (4)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (33)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (438)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示