里海

02 19, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
こんにちは
長崎のダイビングサービス海だより中村です。
19日は私がお伝え致します。
寒かったり暑かったりで忙しい時期ですね。体調崩されていませんか?
私は飲み会の後に家まで約3時間かけて歩いて帰った所、翌々日にがっつり扁桃腺炎で熱出しました。
無理は禁物!

長崎の海はチャガラの繁殖や冬のウミウシ等で沸いておりますが、
今回は里海をテーマに記事を書きます。

里海という言葉、最近耳にするようになりましたが皆さんご存知でしょうか。
人里そばにある海?いえいえ、ちょっと違います。
実はわりと新しい言葉で、平成10年に九州大学の柳先生により提唱された言葉です。
その意味をざっくり言うと、「人が手を加えることで豊かになる沿岸の海」という感じです。
それは直接手を加えるだけでなく、田んぼや畑等、人の営みにより豊かな栄養塩が海を育むことも里海作りに繋がります。

長崎では大村湾が里海として取り上げられています。
なぜ里海の話かというと、実は今の時期にとても大切な下地作りがあるんです。

近年、大村湾の沿岸では畑や田んぼ等がなくなり、海藻が生えなくなる磯焼けも目についてきました。
磯焼けが深刻化すると、写真のような無機質な海底が広がります。
磯焼け
この場所は大村湾ではありませんが、同じ長崎市内で撮影したものです。
生物もまばらにしかなく、ダイビングポイントとは無縁の海です。
この場所は、ほんの十数年前までは船も通れない程海藻が繁茂していたと聞きます。

私がご案内している大村湾でも、海藻が生えづらい場所があります。
海藻が生える時期は、種類や場所で様々ですが、大村湾では秋~冬に芽生え、夏に向け伸びていきます。
その中で重要になる時期が、芽生えから伸び始めているまさに今なんです。

今、大村湾の水温は一年で最も低い時期です。
魚達はじっと身を潜め、寒さに耐えています。
私がメインでご案内し始めるのも、暖かくなりだした春先から。

しかし、その時にたくさんの生き物達に出会うためにも藻場作りは欠かせません。
こちらは海藻が全く生えなくなった場所の写真です。
3m対象区⑦
見ての通り、岩の上には海藻が全く生えておらず生き物が定着しづらい環境になっています。

そしてこちらが、手入れをしている場所の岩です。
造成地区
少し手を差し伸べるだけで、昨年まで藻が生えていなかった場所に、しっかりと芽が伸び始めました。
このまま無事に生長することができれば、様々な生き物を育む「海のゆりかご」となってくれるかもしれません。

今回ご紹介した方法は海の中で行う直接的なやり方ですが、実を言うとこれには危険があります。
一部のサンゴの植え付け等に見られるように、良いと思い行っている事も、出来上がるまでは本当に良いのかどうか判断できません。
そのため、細かな方法は伏せていますし、本当であれば海のそばで田んぼ作りに精を出す方がよっぽど里海作りに貢献できるのかもしれません。

しかし、藻場づくりを行っている場所には着実に生き物達が集まり始めています。
このまま順調に海藻が育ち、春には繁殖に集まったタツノオトシゴ達が素晴らしい光景を見せてくれると期待しています。
たつ - コピー


ダイビングサービス海だより
代表:中村 拓朗
お問合せ先
電話:095-894-8670
メール:mail@umidayori.com
HP:http://umidayori.com
海だよりのフェイスブックページでも情報発信しています!
長崎の海に少しでも興味を持って頂けましたら、ぜひイイねをお願いします♪
FBページ:www.facebook.com/umidayori.jp
ガイド会メンバーの4名による「海のシェルパ展」絶賛開催中です!
ぜひ足をお運びください♪
詳細はコチラ→「海のシェルパ展」

4月1日~3日にかけて開催されるマリンダイビングフェアにて、「次世代ガイドの写真展」が今年もあります!
もちろん私も選りすぐりの写真を携えてフル参加!
こちらもぜひお越しください♪
マリンダイビングフェア2016

« 人気の甲殻類NO.1は? 今年もGOKKOがやって来た! »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (198)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (97)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (90)
3日 柏島・松野和志 (54)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (63)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (86)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (87)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (15)
10日 樫山弘紀 (19)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (87)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (101)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (56)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (98)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (41)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (54)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (76)
16日 パラオ・加藤栄一 (24)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (63)
18日 鹿児島・松田康司 (4)
19日 長崎・中村拓朗 (28)
19日 葉山・永橋麗良 (2)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (100)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (88)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (21)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (100)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (19)
24日 奄美大島・古田直基 (14)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (30)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (4)
26日 山口/東部・小川智之 (31)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (85)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (100)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (4)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (33)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (438)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示