HWS(挟み込みWスヌート)

04 13, 2017 | Posted in 13日 フィリピン/セブ島・白石拓己

0 Comments


押忍!
仕込み8割、現場2割。
白石です。


brucelee1WSLニチダテWSL-CEB_05622017

最近特殊な撮影方法を取り入れて、写真撮影を行っております。
このニチリンダテハゼもその方法で撮った写真の一例ですが、第一背びれのエッジとその模様が「これでもか!」ってぐらいクッキリ美しく表現できています。

今回は『挟み込みダブルスヌート(HWS)』のご紹介です。
器材ががややこしいので、百聞は一見にしかず、まずは撮影風景からご覧下さい。

brucelee2WSL撮影風景-IMG_13482017

上から。
やたら長いアームが目に付きます。
INONのアームが、左はSサイズ1本、Mサイズ2本。
右はSサイズ2本です。

brucelee3WSL撮影風景-IMG_13532017

横から。
被写体(カルロス)に対して、前後から挟み込むようにストロボがセットされていることが分かります。

brucelee4WSL撮影風景-IMG_13562017

正面から。
そーなんです。
実は、ストロボの先にスヌート器材EBR(塩ビームライフル:下戸之屋製)がセットされています。
これによって、スポットになった光が、ピンポイントに前から後ろからカルロスに襲いかかります♪


ここからは作例です。
カメラの設定はだいたい、絞り値f/16~32、露出時間1/200~1/320、ISO感度100~200の“黒抜き設定”で撮っています。

brucelee5ダブルスポットライトケヤリ2-CEB_03402017

まずは“生えもの”から紹介していきます。
ケヤリ。
エッジがクッキリ、ハッキリ、キレてます!


brucelee6WSL生えものクラブトサカ-CEB_10952017

トサカ。
幹に半透明感が表現できると、神秘的な雰囲気が醸し出されます。


brucelee7WSL海藻-CEB_08302017

ミルです。
ぼやぁと妖しく光っています。


brucelee8WSL生えものグラブマメボヤ収穫祭-CEB_11462017

豆の収穫を祝う人々。
この写真だけボケを効かせたかったので、めるへん風にF値5で撮ってます。


brucelee9WSLシムランス-CEB_14982017

ここから生えもの以外の生物を絡めていきます。
フィコカリス・シムランスです。
もともとゴミクズのようなエビですが、バックからのストロボによりエッジが際立ち存在感が引き立ちました。
あとヒルモの葉脈も、ビシっと浮き立たせることに成功しました。


brucelee10クマノミダブルスポットライト-CEB_03252017

クマノミです。
実は手前の影とバックにぼんやり写っているのもクマノミです。
不思議な写真ですが、真ん中のクマノミにのみばっちりストロボが当たっています。
これ手前のクマノミがもっともっと小さいクマノミで、真ん中のクマノミをスクリーンにシルエットがばっちーと映ったら最高やったのになぁ~。


brucelee11HWS卵のきらめき-CEB_25422017

ガラスハゼ。
乗っている卵は実はナミスズメダイの卵で、このハゼのものではありません。
バックライトの効果により、その一粒一粒がしっかりと映し出されています。
今までの写真もこの写真ももちろんそうですが、バックからのストロボのみだとハゼの目が黒くなってしまいます。
ストロボの調光は、バックからのストロボで主役の存在を引き立てて、フロントからのストロボで色を出していくニュアンスです。


brucelee12WSLニシキフウライウオyg拡大-CEB_16252017

ニシキフウライウオ。
バッシー!と決まりました♪
各ヒレのフィラメント、ガラス質感のある吩部がしっかりと表現されています。


brucelee13HWSルビロマキュラタス-CEB_27902017

レッドスポットドワーフゴビー。
ハゼ、光ってまっせーーーっ!


brucelee14浮遊系ウシノシタ-CEB_22212017

ここからは浮遊系。
まずはサザナミウシノシタの稚魚。
パルック!


brucelee15クチキレウキガイ-CEB_19352017

クチキレウキガイ。
まるで内蔵ハードディスクの様な外観です。


brucelee16浮遊系謎の物体バックベアード-CEB_23462017

バックベアード。
今までこいつをなかなか表現できへんかってんけど、HWSでしっかりその姿(真ん中の球体とその周りの毛?)が浮かび上がりました。
ほんで、こいつ誰?


brucelee17浮遊系ゴカイ-CEB_31412017

ゴカイの仲間。
サナダムシやん!


brucelee18浮遊系トガリズキンウミノミ-CEB_30872017

オオトガリズキンウミノミ。
クリスタルな体から、細かい脚の細部までバッチリですわー。
浮遊系は最短置きピンでHWS組んで撮ってるから、対応できない大きさのものが来たら太刀打ち出来へんけど、想定内の被写体には効果絶大やね。


brucelee19蜘蛛の巣のチャーリー-CEB_28112017

フワフワしていたら蜘蛛の巣に引っかかってしまった、おちゃめなチャーリー。


HWSはピンポイントでストロボを当てる性質上、置きピンオンリーで、しかもストロボ(アーム)がやんちゃな分、被写体はかなり選ばれてしまいます。
しかし、バックが水で抜けていない場面での黒抜きや、ヒレとか半透明の生物を綺麗に撮りたい場面では絶大な効果を発揮することがわかりました。
思わぬところでスヌート撮影が、王道な写真寄りで次のステージに入った気がしています。


brucelee20EBR01,02-IMG_13622017

ちなみに『EBR(塩ビームライフル)』は、下戸之屋で買えますよ~♪
右の太いのがEBR-01で、左の細いのがEBR-02だそうです。
あ、今店閉めてるみたい...。



« シルエット 大瀬崎通信2017 卯月 桜、満開!! »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (198)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (97)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (90)
3日 柏島・松野和志 (54)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (10)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (4)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (63)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (86)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (87)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (15)
10日 樫山弘紀 (19)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (87)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (101)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (56)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (98)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (41)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (54)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (76)
16日 パラオ・加藤栄一 (24)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (63)
18日 鹿児島・松田康司 (4)
19日 長崎・中村拓朗 (28)
19日 葉山・永橋麗良 (2)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (100)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (88)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (21)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (100)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (19)
24日 奄美大島・古田直基 (14)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (30)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (4)
26日 山口/東部・小川智之 (31)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (85)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (100)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (4)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (33)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (438)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示