FC2ブログ

「コガネ VS ヒマワリ騒動」の巻

02 12, 2011 | Posted in 12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規

1 Comments
 やあやあ、どーも!オレオレ!リロアンのガルーダっす!!!みなさんお元気?ってな感じでセブ島最南端の村リロアンよりガルーダ五十嵐がお届けいたします。

 ようやく高海水温の時期が終わり、イソギンチャクやソフトコーラルたちも色を取り戻しつつあるリロアンです。が、オレたちにとっては寒~い冬の時期。。。とは言え27℃程度は楽勝であるんだけどね。暖かい海に長年浸かってると、ほんの少しでも水温が下がると骨身にしみるのよ・・・。(←“年齢のせい”との噂も)

 話は変わりますが、「コガネスズメダイ」が2種類に別れ、今までの「Chromis analis (Cuvier, 1830)」に新しく“ヒマワリスズメダイ”と言う和名が付いたことは記憶に新しいところ(ちなみに元々の「コガネスズメダイ」は学名「Chromis albicauda(Allen and Erdmann, 2009)」となります)。
各地域で「腹ビレの白いタイプは本当に“コガネスズメダイ”なのか?」とモヤモヤを募らせていた方々にとって、ある種の結論が出たことでスッキリしたっ!!!ってなとこでしょうか。

himawari_1

 ところが「まだまだ、ぜ~んぜんスッキリしていないよっ!!!」と言うヤツがいるんだなぁ、ココに。誰って?オレです。(←ただの“へそ曲がり”という噂も・・・)
 リロアン周辺では腹ビレが白い「ヒマワリスズメダイ」分布しているのですが、それ以外(と言っても「コガネスズメダイ」ではない)にも「コガネ系」と呼ばれるタイプのスズメダイ君が存在するのだ・・・。あっ、でもリロアン周辺では「コガネスズメダイ」は見られないから、これからは「ヒマワリ系」と呼ぶべきか・・・!?

と言うことで、ゴチャゴチャ書くよりも、見てもらった方が早いっ!!!ってなこって

himawari_2

 上の個体は「ヒマワリスズメダイの幼魚」で体長約40ミリ。えっ?これが幼魚?と思う人も多いだろうけど、リロアン周辺で見られる幼魚は、体側が黄色味をまるっきり帯びないタイプのものばかり。

himawari_3

 問題はココから。さて上の個体、体長は成魚と同様なんだけど、体色が幼魚時代そのままなんだよねぇ・・・。で、通常はあまり見かけないタイプなんだけど、やや水深を深くしたり(-30メートル以深)、砂泥底域などで見られる個体はこの手の体色のタイプが多いのだ。

himawari_4

 さらに問題なのが上のタイプ。これはもう「ヒマワリ系」ではないのかもしれないけれど・・・。サンゴ礁域のドロップオフ下(-30メートル以深)に広がる砂地とサンゴ礫が混ざった斜面に生息する「ウミカラマツ類」などの周辺でよく見られるタイプ。
 このような環境では「ヒマワリ」もいるものの、ほとんどの個体がこの手のタイプ。眼に黒い帯が走っていることが非常に特徴的で、画像では判りづらいけど実は尾ビレの上下両葉先端には黒色斑が入るのだ。

 と言うことで、今回紹介した連中を目にするたびに、一人水中でヤキモキ&モヤモヤした気分を味わうのも癪(しゃく)なので、今日このページを読んだ人(“読んでしまった”と言うべきか・・・)は、今後さらに詳しい研究結果が発表されるまで一緒にモヤモヤしましょう!?ってなこって今回はここまで。

 明日はタイ王国より大村君のリポートだよん。
ところで、ウチんとこではここ数日、冬の風が収まってるんだけど、まさか?もう夏?ってなぐらいに。大村くんとこではどう?

P.S. いよいよ来週開催!!!オレも「泥底依存症患者のスケッチ」と言う作品で参加してます。。。みなさま、お誘いあわせのうえご来場くださいませ。

kamigata


五十嵐“Garuda”一規

Villa Tropical Paradise
1WGP-Liloan
Lower Lo-oc, Lo-oc, Santander, CEBU
6026 PHILIPPINES
Tel/Fax : +63-(0)32-480-9035
Website : http://villa-tropara.com
Blog : http://blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan/
E-mail : garuda@villa-tropara.com


« 伝えたい事いろいろ ・・・そして砂に還る »

1 Comments
井田 齊
09 07, 2011
URL [ edit ]
ヒマワリスズメダイのもやもやを拝読いたしました。素晴らしい写真ありがとうございます。 質問があります。 日本産のシリスズメダイの肛門付近は明瞭に黒いのですがヒマワリではいかがでしょうか? 観察結果をご連絡いただけたら幸甚です。  9月7日 14:55 JST
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (203)
ガイド会 (8)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (105)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (96)
3日 柏島・松野和志 (61)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (67)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (13)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (10)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (68)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (93)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (93)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (21)
10日 樫山弘紀 (24)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (94)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (106)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (63)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (105)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (56)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (78)
16日 パラオ・加藤栄一 (28)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (69)
18日 鹿児島・松田康司 (10)
19日 長崎・中村拓朗 (34)
19日 葉山・永橋麗良 (10)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (108)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (93)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (25)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (108)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (27)
24日 奄美大島・古田直基 (22)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (38)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (12)
26日 山口/東部・小川智之 (38)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (91)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (108)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (12)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (41)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (445)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示