FC2ブログ

夏の訪れ

05 17, 2016 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
17日は小笠原父島の南です。
今年の小笠原は季節の移りが少し早めなのか、ゴールデンウィークまで見られるザトウクジラも少なめでした。
その分、海中は初夏の訪れも早いのか、この時期から始まるケータ列島への遠征でも、マグロ穴のイソマグロや各ポイントのシロワニも好調でした。

   _MG_0519.jpg

   20150614-_MG_7623.jpg


そして、ロクセンスズメダイの産卵が始まると、その卵を食べるためにユウゼンが群れを作ります。水温の上昇とともにクマノミの産卵も始まりました。

   160426_MG_7317.jpg


海岸ではアオウミガメの産卵も始まりました。今年の梅雨がどうなるかはまだわかりませんが、海の世界では少しづつ夏が始まっています。
台風が連発した去年の夏でしたが、今年こそはほどほどにお願いしたいものです。

小笠原 南 俊夫

生き物との付き合い方

03 17, 2016 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
みなさんこんにちは
17日は小笠原諸島父島から南です。

父島は相変わらずザトウクジラのシーズン真っ只中です。
が、実は、僕は今シーズンはまだあまり海に出ていません。

しかし、クジラはたくさん見ていますよ!山の展望台からですけど

というのは、大型船舶とクジラの行動の関係性を調べるためのプロジェクトに参加させていただいているのです。
山の展望台から測量機器のセオドライを使ってクジラの動きを記録し、父島から母島に行く「母島丸」とどう関係があるのかを記録しています。
実は僕は、土木監督をしていた時代もあり、測量機器の扱いには慣れているのです。
「測量機器が扱えてクジラの動きにもなれている人」
という人はあまりいないようでご指名いただいたしだいです。

セオドライとはカメラでいうと1500ミリくらいのレンズといった感覚でしょうか?
それでクジラの位置にあわせて、接続されたパソコンのソフトに位置を記録しています。
セオドライトの観測者がクジラを追い
たとえば、「ブロー」というと
パソコンの記録者が、「ピッ」とブローのキーを押すとブローの記録が、
「フルークアップ」と言えば、ピッと、そのキーを押す
といった具合にクジラの位置をリアルタイムに記録していきます。

これがその調査風景です。

     160226_DSC9333.jpg
  
左から、パソコン操作者、セオドライト操作者、右は録画機能ある双眼鏡で状況を録画し、後でセオドライトで記録できなかった行動を補足します。

同時に母島丸にも調査員が乗って、船の航路のデータや目視でクジラの位置なども記録します。
また航路を挟んだ海の中の2箇所に水中マイクを設置していて、クジラの声を録音しています。
これらを全てリンクさせることによって一つの結果がでるようですが、その辺の難しいことは大学の先生や一緒に調査している大学院生たちが、日々あれこれ頭を悩ませているようです。

陸上からクジラたちを長時間見ていると、視界の狭い海上から観察していたのでは分からなかったこともたくさん見えてきて楽しいのですが、ボートがクジラに悪影響を与えているのも見えてしまったり・・・
この調査は大型船とクジラの関係を調べるためのものなので、ウォッチング船が見ているクジラは調査から外しているのですが、このときは僕らが調査対処としたクジラをウォッチングボートが見つけて見にきたときのことでした。
この親子クジラのブローを見つけたボートは、クジラの進行方向に向かって結構なスピードでボートを走らせました。
ボートはクジラの進行方向を平行に進むと、クジラを大きく追い越した状態でボートを止めました。
ボートは追い越すときもクジラからの距離は100mほど離れていたので、クジラに突っ込むといった感じではないのですが(大きく回りこんだ感じです)まっすぐに泳いでいたクジラたちはボートが追い越すぐらいのタイミングで、90度向きを変えました。
そして、追い越したボートが止まったころにはさらに90度、つまり進んでいた方向を逆戻りしはじめました。
小笠原のホエールウォッチングのルールではクジラの距離は、進行方向は300m、それ以外は100mなのですが(クジラから近づいてきたときはそのまま動かない)
正直、普段もボートは100mよりも近づいて見ている事もありますし、5隻以上のボートが同じクジラをウォッチングすることもありますが、クジラたちが嫌がって行動を変えるようなことはあまりないと感じていました。
しかし、正面に回りこまれるのは嫌ということが、クジラと船の動きが分かる展望台からの観察でよく分かりました。

最近、ストランディングしたクジラの上に乗ってポーズを撮った写真がコンテストに入賞して問題となっていましたが、自分自身もガイドする側として、良いシーンを見てほしい気持ちや、写真を撮るときに良い背景に入れたくてクジラに必要以上に近づくこともありましたが、改めて生き物との接し方を考えていかないといけないと思いました。

以下は、写真家水口博也さんのブログからの引用です。
今回のコンテストにあてて書いたものではなく2015年5月29日のものです。

写真は、そこにあるものを写しだしているだけなのに、撮影者の心のありかたを如実に反映します。(自戒の意味もこめてですが)一見迫力のある写真に思えながら、そこに見えるのは撮影者の動物に対する傲慢さだったり、近寄りさえすればいいと考える精神の貧しさだけという例は数えきれません。写真は、それを撮影した人が、どれだけ深くものごとを考え、学んできたかなど、歩んできた道を如実に反映しています。

さて、
今年はクジラの数も多く、今朝の1時間半ほどの観察でも、6ポッド20程のクジラを確認できました。
また、ボートに近寄ってくるクジラも多いといううれしいシーズンです。
しかし、個人的な感覚では、今までもよくあった子クジラが好奇心でボートに寄ってきた、とか若いクジラがひっついた。というようなこと以外にも、サカリがついたオスクジラたちが、ボートを威嚇のように見に来ることが多い気がします。
先日も1頭のクジラがのんびりした感じで水面であお向けになり、ペックスラップをしていたので撮影していたのですが、このクジラは潜ったと思ったら突然ボートの脇に浮上!その後、何度もボートの下をくぐり、すぐ脇で浮上!
しかしこの浮上のやりかたが荒っぽいのです。
例えば興味を持ったクジラがボートにつくときは、「プシュー」と呼吸で浮上だったり、顔をだしたりするのですが、このクジラは、ボートのすぐしたをくぐり反対側にでて
「どっか~ん」と背中から出てきたりするのです。
クジラをよく見たことのある人に説明するなら、
「ペダンクルスラップしようとしたけどやめておいてやったぜ」みたいな・・・
その後もボートの下にピッタリと留まるのです。
左舷側の水面下に見えるのはクジラの尾びれ・・・
右舷側にはクジラの頭・・・
「近寄った僕が悪かったです。ごめんなさい、もう早くどっかに行ってください」
と思っていたら、他のボートが来たところで潜って行ってくれました。
すると数分後に、そのボートに同じように「どっか~ん」とやっていました。(笑)
ウォッチングとしては大興奮だったのですが、写真は、近いだけのまったく面白くない写真ばかりなのでお見せしません・・・
 やっぱりクジラの写真は低いアングルから背景をいれて、ちょっと長めの望遠レンズで背景をぼかしてってのが個人的好みです。
これは、昨日撮ったもの、ソニーのα77Ⅱの70-400mmの400m(35ミリ換算で600ミリ)何気ない写真ですが、父島の町並みと母子クジラが撮れたお気に入りの一枚です。
望遠レンズで撮ると圧縮効果もあって背景の町並みが寄り近く感じます。
「玄関開けたら2分でごはん」ならぬ
「港をでたら5分でクジラ」といった感じです。

     160317_DSC2431.jpg



もう一点、こちらも同じレンズで、クロアシアホウドリと一緒に。


     160303_DSC1158.jpg

これは以前のものですが、今年も撮れるかな?
満月とクジラです。

     _MG_8334.jpg


といった感じでまだまだ5月までザトウクジラの季節は続きます。

小笠原 南 俊夫

ザトウクジラ

01 17, 2016 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
こんにちは、17日は小笠原父島の南です。
今年は例年になくザトウクジラの来遊が早く、島の沿岸でたくさんのクジラの姿が見られています。
すでにダイビング中にも出会っている人もいるようです。
という私は年明けてすぐにアホウドリの調査で無人島にキャンプをしていたためまだお預けです。
アホウドリの調査中も陸上からはたくさんのクジラの姿を見かけました。
年々クジラの数も増えているためか、フレンドリーな個体も増えてきて、ボートに興味を持ってしまって離れないクジラもしばしばです。

     20150401-_MG_5292.jpg


写真は昨シーズンのものですが、一日中ボートから離れなかった親子です。
今シーズンもこんな出会いがたくさんあることを期待しています!

     20150401-_MG_5266.jpg

フォークランド諸島とサウスジョージア島への旅

12 17, 2015 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
こんにちは。
17日は小笠原父島から南です。
このところ12月とは思えない穏やかな天気に、水温も25度をキープと小笠原らしからぬ冬です。
水温に限っては秋の一時期よりも暖かかったりして
「暖冬」
水温も下がらないとザトウクジラが・・・・と思いきや、島の周辺でも見られ始めました。
ザトウクジラは世界的に見ても増えてきているので、来遊も早くなっているのかもしれません。
いままで見られなかった地域でも見られるようになっているのもそうかもしれませんね。

さて、そんなザトウクジラシーズンに突入した父島ですが、先月お知らせしたとおり、11月にフォークランド諸島とサウスジョージア島を訪れるクルーズに行ってきました。
アルゼンチンのプエルトマドリンを出港し、南米最南端のウシュアイアにもどってくる、20日間の船上生活です。
3000トンの船に乗客は90人ほどで、このようなクルーズ船ではきわめて小さいものです。
この船で生活しながら、日々ゴムボートで目的地に上陸して動物の観察、撮影をします。

フォークランド諸島は飛行機でも行くことができるのですが、今回はボートでしか上陸できないスティープルジェイソン島へ上陸できました。
ここは何万羽のマユグロアホウドリのコロニーがあります(ナショナルジオグラフィックでも紹介されていました)

     _DSC1172.jpg

イワトビペンギンのコロニーもありました。

     _DSC2002.jpg



サウスジョージア島はキングペンギン、ミナミゾウアザラシ、ナンキョクオットセイの一大繁殖地。
様々な海岸に上陸しましたが、ビーチにはゾウアザラシやナンキョクオットセイがごろごろ寝そべり、そのすきまをキングペンギンたちが歩き回っています。

     _DSC8567.jpg

     _DSC6171.jpg


海岸から山すそへといくと、キングペンギンのコロニーがあります。
ここでは人間は完全に部外者、動物たちは人がいても全く臆することなく自然な行動をしていました。

     _DSC6741.jpg


     _DSC3093.jpg


今回の旅ではフォークランド諸島に2日、サウスジョージア島へ8日いることができました。
その他の9日間は船での移動時間です。
毎日見る風景が言葉を失うもので、夢中になって撮影しましたが、帰ってきて写真を見ていると、本当に自分がそこにいたのかがいまだ疑問に思えたりもします。

来月こそは、ザトウクジラの写真で!

小笠原 海のガイド 南 俊夫

サウスジョージア島

11 17, 2015 | Posted in 17日 小笠原 ・ 南 俊夫

0 Comments
みなさん、こんにちは。
17日は小笠原父島から南です。
父島はそろそろザトウクジラが見られるころです。
もしかしたらすでに第一号が見られているかもしれません。

 30-09-_MG_5882.jpg


というのも、僕がこれを書いているのは10月29日です。30日に日本をたち、アルゼンチンのプエルトマドリンという町からクルーズ船に乗り、フォークランド諸島を経て、今、サウスジョージア島というところにいます。(そのはずです)
サウスジョージア島は、数十万羽のキングペンギンが群れる海岸いくつかあると同時に、ミナミゾウアザラシの世界最大の繁殖地、それに400万頭とも言われるナンキョクオットセイの故郷の島です。マユグロアホウドリやワタリアホウドリなどの仲間も多く生息する島です。
島に宿泊施設はありません。
20日間を船の上で生活し、毎日、ゾディアック(ゴムボート)で上陸しての撮影です。
ちなみにダイビングはしません(笑)

きっと島にもどるころにはザトウクジラの季節到来。
いまから島に戻るのも楽しみです。
来月は撮りたてのザトウクジラの写真をお届けできるはず!

宣伝です。
2012年から撮影してきたアホウドリのプロジェクトの本が10月31日に出版されました。
小学校高学年向けに書いた160ページの読み物です。
こちらもよろしくお願いします。

                   50-49cover.jpg

明日は函館から佐藤さんです。

小笠原 海のガイド 南 俊夫

   

« Prev Page Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (203)
ガイド会 (8)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (105)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (96)
3日 柏島・松野和志 (61)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (67)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (13)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (10)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (68)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (93)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (93)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (21)
10日 樫山弘紀 (24)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (94)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (106)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (63)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (105)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (56)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (78)
16日 パラオ・加藤栄一 (28)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (69)
18日 鹿児島・松田康司 (10)
19日 長崎・中村拓朗 (34)
19日 葉山・永橋麗良 (10)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (108)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (93)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (25)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (108)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (27)
24日 奄美大島・古田直基 (22)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (38)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (12)
26日 山口/東部・小川智之 (38)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (91)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (108)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (12)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (41)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (445)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示