FC2ブログ

生態観察いろいろ。

06 24, 2015 | Posted in 24日 鹿児島/屋久島・高久 至

0 Comments
梅雨真っ盛り!
雨ばかりで身体からキノコが3種類も生えてきた!
嬉しいやら、悲しいやら。
本日は屋久島より高久至がお届けいたします。

どこの海も水温が上昇していると聞く中、
屋久島は4月の水温に戻りなんと22-23℃!
寒い~。いい加減に上がってくれ~。
でもそんな泣き言を言っている暇のないくらい面白いのが6月の海!

06da.jpg
今月一番気合を入れて追いかけていたのがオキザヨリ。
去年初めて目撃した産卵が目に焼きついていて、
今年こそは写真に収めてやろうと意気込んでいます。
1m近い大型のオキザヨリが30匹くらいで上層をウロウロする様は迫力満点!
それを妄想と期待に胸を膨らませて、じ~っと眺める日々。
が、予想産卵日を挟んで7日間密着したけど一向に産卵は見られない。
なぜだ~。。。
考えられる事はありすぎて書ききれないけど、一番は水温の低下ではないだろうか。
一時期24~25℃くらいまで上がったときには卵を確認している。
でも成熟してきた卵をお腹の中にとどめておく事って出来るのだろうか?
謎ばかりだけど、ひとまず水温上昇を待とうかな。


06d.jpg
孵化間近のオキザヨリの卵。


06c.jpg
ジョーフィッシュの争い
海底ではジョーフィッシュが繁殖の真っ盛り!
争い、求愛、産卵、放仔と様々なシーンが見れてます。


06b.jpg
クマノミ低水温に少々戸惑いながらも産卵と孵化を繰り返している。
何度観察しても、飽きる事が無いのは、その度に新しい発見や疑問が湧いてくるから。
早いものでクマノミノ産卵期間は残り僅か。
魚の生態を追いかけていると、季節の移り変わりの速さを恨めしく思うこともありますね。

06a_20150624224850341.jpg
ゼロ戦のアザハタ
こちらも繁殖最盛期!
オス1匹、メス2匹での三角関係なので、
メス同士のケンカはしばしば見られる。
今まで何気なく見ていたアザハタだけど、個体識別をしっかりして
それぞれをじっくりと観察する事で、今まで気が付かなかった色々な事が見えてきた。
アザハタ、なんて奥深い魚だろうか。

その他、書き出すとキリが無いほど色んな生き物が盛り上がってます!

明日は夏真っ盛り!?で絶好調の木戸さんです。
よろしくお願いしまーす!


高久 至 TAKAKU ITARU
「屋久島ダイビングライフ」

セソコテグリの街

05 24, 2015 | Posted in 24日 鹿児島/屋久島・高久 至

0 Comments
本日は入梅前の平和な屋久島から、高久至がお届けです。
なんて言いつつ最近雨ばっか。
先日は記録的な大雨で5月にもかかわらず、まさかの雨クローズ。
島が流されるくらい降ってました。
これから梅雨が来るかと思うと恐ろしい(笑)

そんな屋久島だけど海の中は熱っ々!
GW後に水温がグッと上がり24℃になると、一気に魚たちの活性があがった。
そこかしこで、魚たちの命のドラマが繰り広げられています。
今回はセソコテグリ生態観察・密着5日間!


激しい喧嘩と産卵の動画(1分30秒)です。

屋久島で見られるネズッポ科の産卵はほとんど見てきたけど、
今回はセソコテグリに密着する事で、新たな発見がいくつもありました。
何度も見てるからいいか~、とか一瞬でも思った自分の愚かさが恨めしい。

1日目
オス(A)を発見して追いかけていると、何事なく2匹のメスと産卵。
繁殖期の初期だからかオスの求愛が激しい。何度も何度も鰭を全開にしてアピールしていた。

2日目
前日と同じオスAを追いかけていると別のオス2匹に遭遇!
激しい喧嘩が見られるも、決着が付いてないような感じで終わる。
その後前日同様、激しい求愛の末に2匹のメスと産卵。

05b_20150524112121018.jpg
オスAの求愛

3日目
一番激しかった日!到着早々白熱したオス同士の喧嘩!(動画に有り)
気迫が飛び散る!全身全霊で勝負しているのがビリビリと伝わってくる。
勝敗は付かなかったように見えた。
結局、前の2日間と同様にオスAは2匹のメスと産卵して終わる。
求愛は少し穏やかに。
もう1匹のオス(B)は別の場所にいた新たなメスと1回だけ産卵。

4日目。激しい喧嘩を期待して行くも見られず。
オス同士が何度か鉢合わせになるも、オスA優勢で喧嘩まで発展せず。
おそらく、この日の日中にオス同士の喧嘩があって、そこで順位が決まったと思われる。
オスAの産卵が1回。2回目は中々行われず時間切れ。
オスBも1回のみ産卵。

05_201505241121180fc.jpg
産卵の瞬間

5日目
オスの順位も決まって大した変化を期待していなかったけど、これまでと全く違った。
オスAが求愛もそこそこに次々にメスを産卵させた。
オスBと産卵していたメスもオスAが奪い取り、合計3回。
それもこれまでの産卵より格段に速いスピードだった。
1時間の観察で3回の産卵を見て、オスが眠りに付くまで観察が出来た。
この日、この界隈をオスAが征したと思われる。

05c_20150524112123046.jpg
眠りに付くオスA

出来る限り簡潔に書いたので書ききれない部分も多い。
とにかく一日たりとも飽きる事はなかった。
今まで少しは知っているつもりでいたけど、
今回じっくりと観察する事によって、セソコテグリの街を感じることができた。
これだから生態観察はやめられない!
他にも、色々と熱い生物たちがいるんだけど長くなったのでこの辺で。

明日は梅雨をも吹き飛ばす熱い海の情報をお届けします!
木戸さん~!宜しくです(笑)

高久 至 TAKAKU ITARU
「屋久島ダイビングライフ」

春らしく

04 24, 2015 | Posted in 24日 鹿児島/屋久島・高久 至

0 Comments
一年で一番肝臓を酷使する一週間を乗り切り、無事屋久島に戻ってまいりました!
ガイド会メンバーが一年で一度だけ集結する池袋は去年同様、濃い~方々と濃密な時間を過ごせました。
楽しすぎて屋久島に帰ってきてからちょっと寂しかった。
唯一の心残りは番田さんとラーメンを食べれなかった事でしょうか(笑)

04_20150424090155024.jpg
前夜祭のひとコマ。
濃い~人たちと、人の数の3倍のジョッキ!!
ここでは、凄い人、泣く人、悪い人と色々な人間模様が観察できました。。。


04b_20150424090157bd3.jpg
さて、屋久島は相変わらず人気が少ないけど、海の中は春爛漫で幼魚たちも増えてきて
都会帰りの寂しさを一瞬で吹き飛ばしてくれました!
春のタイドプールとロウソクギンポ。
ロウソクギンポは婚姻色が人気ですが、
僕は婚姻色前のこのしっとりとした色合いも大好きです。


04c_20150424090158dec.jpg
ミルやアオサやカギケノリなどの海藻が目立つ海底。
じっと見つめると海藻に隠れた色んな魚を見つけることができます。
最近はツユベラとハナキンチャクフグの幼魚が特に多い。

04a_20150424090155be6.jpg
アユカワウミコチョウ
昨日撮りたての写真。
今まさに大増殖中です!!
これからの海の変化に目が離せません!


最後に、ちょっと宣伝~。
拙著「屋久島・豊饒の海」を出版いたしました。
たった6年間と短い期間ではありますが、一心不乱に潜り、
少ない脳みそを絞り出し、屋久島の海を1冊にまとめました。
表現し切れなかった部分も多々ありますが、珍しい生態シーンや屋久島らしい光景など
文章と共にお楽しみいただければと思います。
itaru-top300.jpg
当店他、全国大型書店、アマゾン、楽天などでお求めいただけます。
天草「よかよか」の中野さんと 
古座「DIVE KOOZA」の上田さんのお店にも置いて頂けたので是非ご覧ください!


明日は四川マーボー大好きの木戸さんが沖縄からお伝えいたします!


高久 至 TAKAKU ITARU
「屋久島ダイビングライフ」

放浪日記

02 24, 2015 | Posted in 24日 鹿児島/屋久島・高久 至

0 Comments
番田さん最適なパスをありがとうございます!
屋久島より長~い冬休みをとって放浪中の高久です。
東京で流れ藻を熱く語る荒俣宏さんにお会いしたり、古巣の大瀬崎でお世話になりつつ、
色々な海に潜りに行き、今は会長のいる久米島でクジラ三昧の日々を送っております。
毎度ながら旅に出て思うことは、日本の海の豊かさや、
ホームグラウンドの海を離れて他の海から学ぶことの多さです。
そして各地で出会う人たちの暖かさと、海に対する情熱を体感できることは
僕にとってのかけがえの無い宝物となっています。
この場を借りて、お世話になった皆様本当にありがとうございました!
来月頭からは屋久島へ戻りボチボチ活動を再開していきます。


DSC_9874 (2)
西伊豆大瀬崎:人工物の寄せ集めにソフトコーラルや魚たちが集まっていた。

DSC_0859 (2)
西伊豆大瀬崎:冬の風物詩アンコウ。


DSC_0195.jpg
南伊豆須崎:色とりどりの海藻が所狭しと生い茂る。

DSC_0156 (2)
南伊豆須崎:ベラを食べながらカジメの森を泳ぐアナハゼ。

DSC_0758.jpg
沖縄久米島:モズクとアオサを背景にしたイモガイヨコバサミ。

DSC_0970.jpg
沖縄久米島:トンバラ近くで見られたクジラ
久米島ではクジラ船に乗りながら隙を見てお店の前の浜でスノーケルをしてヤドカリ撮影をしたり、夜の森へオカヤドカリ散策へ出かけたり、漁港でのナイトダイブなど怪しげなこともしています(笑)
あとは剛志さんに夜な夜な人生相談にのってもらったり、愉快なスタッフたちとひたすら呑んだり。
ほんと楽しい島だなぁ。あと一週間宜しくお願いします。

明日は沖縄より木戸さんです。
よろしくお願いします!

高久 至 TAKAKU ITARU
「屋久島ダイビングライフ」

ヒメダンゴイカの威嚇ポーズ

01 24, 2015 | Posted in 24日 鹿児島/屋久島・高久 至

0 Comments
年明け初の更新なので何か良いものを載せたい。
そんな願いが通じたようで、念願の写真が撮れました。

本日は屋久島より高久がお届けいたします。

良く見る生き物でも理想の絵を写真に収めるのは難しいもの。
イカタコガイドブック(TBSブリタニカ)の表紙になっている、ミミイカが暗闇の中で腕を8方に広げて威嚇している絵をずっと撮りたいと思っていましたが、屋久島ではヒメダンゴイカとダンゴイカ(?)がほとんどで、種の違いなのか腕を大きく広げてくれることが滅多になく、撮ることができませんでした。
それが先日はそんなシーンに何度か出会う事ができました!

01.jpg
ヒメダンゴイカの威嚇体勢
ヒメダンゴイカは1~2cmと小さいのですが、それでも迫力を感じられる勢いがありました。
今まではアプローチの仕方が悪かったのでこのポーズにならなかったのかもしれません。
海底すれすれを泳ぐのではなく、夜の海の中層で出会う事で、逃げ場のないヒメダンゴイカは
必死の威嚇ポーズをとってくれたのかも知れない。
イカには迷惑な話ですが。。。

01a.jpg
ヒメダンゴイカ
吸盤列が2列であることと身体が小さい事、胴体が短い事が特徴。
屋久島の夜の海で最も良く見かけるミミイカの仲間です。



01b.jpg
こちらは本家ミミイカ。
写真は去年撮ったものです。(なんか以前にも載せたような気もしないではないけど。)
屋久島ではこの一度しか出会ったことがありません。
その時に大きさと言い、威勢の良さと言い、ヒメダンゴイカとは明らかな違いがありました。
ミミイカがたくさんいれば黒バックで腕を8方に広げている写真も簡単に撮れるんだろうな。
と思った記憶があります。

01c.jpg
ミミイカ
吸盤列が4列である事、4cm程度と大きい事が特徴です。
イカタコは平時の姿だけでは識別が難しいのが困った所です。
またそれが魅力でもあるのかもしれないけど。

今年も精一杯潜って、屋久島の海の情報をお伝えできればと思います。
明日は沖縄より木戸さんです。よろしくお願いします!

高久 至 TAKAKU ITARU
「屋久島ダイビングライフ」

« Prev Page Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (203)
ガイド会 (8)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (105)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (96)
3日 柏島・松野和志 (61)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (67)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (13)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (10)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (68)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (93)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (93)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (21)
10日 樫山弘紀 (24)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (94)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (106)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (63)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (105)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (56)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (78)
16日 パラオ・加藤栄一 (28)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (69)
18日 鹿児島・松田康司 (10)
19日 長崎・中村拓朗 (34)
19日 葉山・永橋麗良 (10)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (108)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (93)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (25)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (108)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (27)
24日 奄美大島・古田直基 (22)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (38)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (12)
26日 山口/東部・小川智之 (38)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (91)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (108)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (12)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (41)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (445)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示