長崎にキター!

11 19, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
こんにちは
長崎はダイビングサービス海だよりの中村です。

11月の初め、ガイド会4ショップ合同ツアーということで、葉山NANAの輝さん、八幡野海すきの福田さん、古座ダイブクーザ上田さんがゲストさんと一緒に遊びに来てくれました♪
大村湾集合

トラブルだらけのツアーでしたが、(詳細は海だよりブログ参照)長崎の海と川をご案内させて頂きました♪
そしてツアーの合い間にはこんなことも
4人で長崎のテレビに生出演!
テレビ出演
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!!

そして、まだまだ川ではアユの産卵が続いています!
今年は調子が良いぞ~
アユ産卵
来週からは恐らくクジメとアイナメの卵保護が始まるはずです。
そちらも楽しみだなぁ!

ダイビングサービス海だより
代表:中村拓朗
HP:http://umidayori.com

アユの産卵

10 19, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
こんにちは
長崎はダイビングサービス海だよりの中村です。
朝夕はめっきり涼しくなりましたが、そろそろドライに衣替えされる方も多くなる頃ではないでしょうか。

10月~11月にかけては、一年で最も川が面白くなる季節です。
そうです。今年もアユの産卵の季節が巡ってきました!

毎年観察を続けている川では、10月初旬より早速アユ達が産卵を始めています。
今年は台風による降雨の影響もあり、川の水量は上出来。
昨年から続けている産卵場整備の効果も相まってか、過去最高のコンディションで観察できています。


激しい流れに逆らい、婚姻色を身にまとったオス達が、1匹のメスを我先にと追いかける姿は、海では決して見ることが出来ない躍動感と力強さを感じさせます。


アユ②のコピー


先頭にいる1匹のメスが産卵した瞬間、無数のオス達が自分の精子をかけようと、その1点を目がけて稲妻の如く突進し、一歩遅れた者たちは激しい消耗戦を少しでも生きながらえる為にこぼれた卵に食らいつきます。

アユ産卵①のコピー


産卵に全てのエネルギーを費やしたアユ達はそこで寿命を迎えます。


観察できる季節は11月中旬まで
資源保護の観点から川の場所や名前は家族・友人・ペットにまで秘密に出来るという方にのみご案内しています。




ダイビングサービス海だより
中村 拓朗
ホームページ: http://umidayori.com
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/umidayori.jp/
FBページにイイねして頂けるととっても喜びます♪
FBの個人ページもありますので、お気軽に友達申請下さい。
メッセージも付けて頂けるとさらに喜びます。


【2016年下半期 海だよりスケジュール】

【10月よりアユの産卵ツアーいよいよスタート!!】
【期程】10月上旬~11月初旬
【申込方法】期間中ご予約の際にリクエストにアユの産卵希望とお伝え下さい
産卵のスタートしてます!!

【鹿児島錦江湾ツアー】
残席残りわずか!!
【日程】11月19日/20日(土・日)
【定員】6名 ※定員に達し次第募集を終了します。
【申込方法】錦江湾ツアー希望の旨をお電話かメールでお知らせ下さい。
【料金】現地集合組…35,000円,長崎乗合組…40,000円
(1日2ダイブ×2日間の料金です。ホテルは各自でご準備下さい。)

クラゲと青い海

08 19, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
こんにちは!
長崎のダイビングサービス海だよりの中村です。
今年の夏はとにかく晴天の海日和・ダイビング日和が続いています。
夏なのでいつもより写真盛りだくさんでお届けします♪

この夏、タコクラゲの楽園をついに見つけました♪
タコクラゲを見たことがあるダイバーなら違いに気づくでしょうが、
実は大村湾のタコクラゲは青い個体が多く現れます!
その姿がとっても綺麗でフォトジェニックです
P8060168のコピー
だんだん個体が大きくなってくると、褐虫藻を蓄えて青から褐色へと変わっていきます。
今は褐色と青い個体とか入り乱れて泳いでいますよ
写真に撮らずとも見ているだけでも癒されますね♪
ちなみに、タコクラゲに刺されることはほぼありません。
刺胞毒は持っているそうですが、短くすぎて届かないとかなんとか。
とにかく超安全にクラゲダイブが楽しめます♪
タコクラゲ②のコピー
続いては大村湾ではなく、外洋ポイント
いつも大村湾をご紹介していますが、ちゃんと外海にもポイントがあります
この写真の場所はボートポイントです
海底一面に群生するホソエダミドリシ、そしてその上を乱舞するアカオビハナダイが見られる場所です。
アカオビとサンゴが一緒に見られる何とも不思議な光景が広がっています。
DSC_0258のコピー
こちらも同じくボートポイント
青い潮にチョウチョウウオの群れ!
これぞダイビング!といったポイントです(笑)
DSC_0289のコピー
ボートは自社ボートですので、近海ポイントへは1人からでもご案内しています。
やや遠いポイントは3名以上からとなりますが、興味のある方はこちらもリクエスト頂ければと思います。

最後に、外海にあるギンポパラダイスなポイントです。
ここで見られるのは主に外海側に暮らすギンポたち
ロウソクギンポを始め、シマギンポやマツバギンポ、ホシギンポ等とひたすら戯れる事ができる場所です。
水深はもちろん1~2m!!
タイドプールではありませんよ~
ロウソクのコピー

ということで、長崎の夏の海情報をお伝えしました。
あっという間に8月も後半、夏の終わりが見えてきましたが最後までダイビングのベストシーズンを楽しみましょう♪

↓良かったブログやフェイスブックも見てね♪
ダイビングサービス海だより
HP:http://umidayori.com
ブログ:http://umidayori.com/wordpress/
FB:https://www.facebook.com/umidayori.jp/

カミナリイカとトビヌメリ

06 19, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
こんにちは
長崎のダイビングサービス海だよりの中村です。

梅雨の長崎とっても盛り上がっています。
大村湾に住む多くの生き物が様々な時間帯で命の営みを繰り広げています。

タツノオトシゴの産卵や孵化、マダラギンポの仔魚放出、ヒメイカの交接、コウイカの孵化、ヘビギンポの産卵等、
本当に見どころが多い季節ですが、今回はその中から2点をご紹介します。

大村湾に暮らす大型のコウイカ類、カミナリイカ
背中にカミナリ模様がある事が名前の由来ですが、欧米ではこの模様はキスマークに例えらています。
産卵は主にアマモ場で行われますが、アマモの時期はもう終盤
そんな中、新たなペアが産卵に訪れていました。

(写真手前がオス・奥がメス)
DSC_8512のコピー

息を潜め、アマモの陰からその様子をジッと観察していると、メスの隣で産卵を見守っていたオスの姿が一変しました。
ライバルのオスの登場です。

カミナリイカ闘争②のコピー

ライバルのオスは徐々に距離を詰め、メスを守っていたオスの背後を取ると、突然胴に向かって激しく体当たりしました!
その衝撃に思わずイカスミを吐出するオス。
態勢を立て直そうとするも、幾度となくライバルオスの激しい体当たりが続きます。

カミナリイカ闘争のコピー

なんとか窮地を脱し、ライバルオスを追い払う事には成功しましたが、
改めてその背中を見てみると、先ほど受けた攻撃の他にもたくさんの傷跡がくっきりと残っていました。

オスの背中のコピー

メスを守るオスも、子孫を残す相手を探しているライバルオスも双方が命がけで繁殖に臨んでいます。

カミナリイカ達のドラマを見守り続け、気が付くとすでに日暮れの時間
ここから熱いドラマを見せてくれる魚がトビヌメリ達です。

日が暮れ、水中に夜の帳が降りる頃
成熟した2匹のトビヌメリがゆっくりと水面を目指し上昇していきます。
やがて、水面に手が届くほどの距離に近づいた所で2匹は産卵
産み出された小さな卵達は潮の流れに乗って夜の海へと溶け込んでいきました。

トビヌメリのコピー

カミナリイカの産卵は最盛期、これが見られるかはその日の状況次第になりますが、
産卵の期間は7月初旬頃まで
トビヌメリは7月いっぱいまで観察できる可能性が高く、その後は一度産卵が落ち着き、9月に再び見られる可能性があります。

ダイビングサービス海だより
中村

夏の生態三昧

05 20, 2016 | Posted in 19日 長崎・中村拓朗

0 Comments
あ~やばいやばい!
19日の更新日をすっかり忘れてました!
1日過ぎてしまいましたが、こっそり更新…

長崎はすっかり夏の装いになりました。
水中も色んな生物達が生態行動がスタートしました。
僕の所は、夏は生態中心にご案内していますので、どんなシーンを見られるのかをざっくりご紹介します。

まずは、なんといってもナベカ。
大村湾にはたくさんいるので、求愛・産卵・孵化の様子が容易に観察できます。
これは今朝とれたてホヤホヤの求愛・産卵写真。
8月まで見る事が可能ですが、一番活発なのは7月頃
ナベカ
お次は、マダラギンポ
こちらも求愛がスタートしました。
6月以降はあの有名な仔魚放出シーンも、もちろん観察可能。
写真は求愛中のオスとメス。(本日撮影)
マダラ
ヘビギンポの産卵はほぼ毎日行われています。
このオスは2匹のメスを相手に産卵行動中。
ヘビギンポ
今ご紹介した上の3種の生態行動はタタミ1畳分の範囲で同時に見ることができました。
それだけ色々やってます♪

そして今年新たに狙えるようになった生態がアミメハギの産卵行動
1匹のメスに複数のオスが寄り添って産卵しています。
こちらも観察すると楽しい生態です♪
8月まで見る事ができます。
アミメ③ - コピー
ラストはもちろんタツノオトシゴ
こちらは7月頃までが見頃です。
求愛する姿はとっても素敵!
DSC_6438のコピー
もちろん産卵の瞬間や、孵化の瞬間も狙うことが可能です。
ただし、こちらは限られた日のみ見る事が可能な生態で、緻密な日程調整が必要なため、詳細はHPかお問合せ下さい。
タツ産卵のコピー
ということでした。
以上、こっそり更新なのでざっくりと・・・

« Prev Page Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (185)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (93)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (86)
3日 柏島・松野和志 (50)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (62)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (9)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (0)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (59)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (82)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (83)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (12)
10日 樫山弘紀 (15)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (84)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (97)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (52)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (94)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (39)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (53)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (74)
16日 パラオ・加藤栄一 (22)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (14)
18日 函館・佐藤長明 (60)
18日 鹿児島・松田康司 (1)
19日 長崎・中村拓朗 (26)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (97)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (85)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (20)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (97)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (16)
24日 奄美大島・古田直基 (13)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (28)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (1)
26日 山口/東部・小川智之 (28)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (83)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (96)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (0)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (29)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (435)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示