FC2ブログ

12月だのに・・・♪

12 25, 2017 | Posted in 24日 奄美大島・古田直基

0 Comments
12月です。師も走るという程忙しくなるから師走。
そりゃそうだ!
忘年会、クリスマス、クリスマスが終わって一週間後には大晦日があるんだもん。
元々、イベント詰め込みな12月。まあ、忙しいの、好きなんですけど。

さらに今年の12月は加えて言うなら!

amamiguid2017124.jpg
amamiguid2017123.jpg

私事ながら、新築店舗への移転もあったりしたので、尚更慌ただしい12月となったのでした。
べ、べつに新築店舗を見せたかったからこの前置きを書いたんじゃないんだからねッ!!


と言う訳であっという間に奄美大島からガイド会ブログを書くのも、2017年最後の投稿となりました。
早いなぁ~~1年。。。

あっという間に12月で、現在気温は平均16℃前後、水温20℃。

南の島としては一番寒い時期を迎えています。
ちなみに私は完全ドライスーツ推奨派ダイバーなので、ドライスーツがオススメの時期。

この時期になると、幼魚を見かける事が少なくなり、魚たちの産卵行動は落ち着き、
見所としては、高い透明度、北風に強いビーチに居着くウミガメ、
海藻やホヤ、ウミウシなどの生物を見て楽しむのが通年の楽しみ方だったのですが・・・


ですが・・・

今、ネバーランドで1番盛り上がっているのは、コレ!!

amamiguid2017126.jpg

ずばり、フタイロハナゴイです。
何故、この時期にフタイロハナゴイなのか、それは。

amamiguid2017122.jpg

何と12月21日地点でも、未だ産卵行動が観察出来ているのです。
フタイロハナゴイの本気の婚姻色は、この通り、それはそれは美しく、
普段はなかなか開いてくれない背ビレにある“ぼんぼり”もバシバシ開く。

amamiguid2017121.jpg

フタイロハナゴイだけではなく、ケラマハナダイ、カシワハナダイの産卵行動も観察出来ています。


それも夏場の場合はサンセットの時間で狙うものを、通常の3本目に潜ると狙えるという接しやすさ。


こりゃ冬場のプライベート潜りが増えそうだ・・・笑



そんなところで、皆さま、良いお年をお迎えください。
メリークリスマス!



ふるた

奄美大島ダイビングショップネバーランド
NeverLandダイビング日記

アメイジングイソギンチャクと向き合う日々

11 24, 2017 | Posted in 24日 奄美大島・古田直基

0 Comments
ネーミングセンス。

これは伝える側として、とても重要な要素だと考えます。
伝える技術の一つとしていつも磨いておくべき事だと。

・・・ん?お店の名前、ネバーランドですけど・・・何か?

こんばんは。奄美大島ダイビングショップネバーランドよりふるたなおきです。

さて、ネーミングについてです。
「悪魔の実」しかり「ぶんぶくん」しかり「ピカチュウ」しかり、
そのネーミングによって受け手のインパクトが全く違ってくる。

と言う訳で日々ネーミングセンスを磨こうと心掛けている訳です。
・・・ん?お店の名前、ネバーランドですけど・・・何か?
・・・誰か言って・・・良い名前じゃんって。



amamiguidkai2017115.jpg

さて、未だ、奄美大島では白化から戻らないイソギンチャクがまるで海を彩るように点在しています。

(もちろん、主に高水温によって起こる白化現象について
手放しで「美しい!!」と言うだけではあきません。
あきませんが、自然の中で遊ぶ中でそういった自然の美しさを伝え、
それに或る理由も伝えるのであれば良いのではないかと考えています)


日頃ガイドをしながら、写したかったシーンを、ようやく11月になって写しに行く時間が取れましたので、
いつも紹介している名前で紹介いたします。

amamiguidkai2017112.jpg

「クリスタルホワイト」

amamiguidkai2017113.jpg

「クリームソーダハウス」

amamiguidkai2017117.jpg

「やまぶどう」

amamiguidkai2017111.jpg

「桜坂」

amamiguidkai2017114.jpg

「究極のアメイジングハウス」

amamiguidkai2017118.jpg

「ホワイトマシュマロ」



・・・もっとネーミングセンスを磨くのが大事だね・・・


今回紹介したのは、
タマイタダキイソギンチャクとセンジュイソギンチャクの二種です。
同じイソギンチャクでも白化の仕方が十人十色なのも面白い所です。


ちなみに、
「アメイジングイソギンチャク」と言うのは
オーシャナさんが取材に来てくれた時に、
ライターのルコちゃんが名付けてくれました。


さあ、あなたも今すぐ、♯アメイジングイソギンチャク!






明日は沖縄本島からヤス様、兵庫県からよーすけ君です(´▽`*)


ふるた

奄美大島ダイビングショップネバーランド
NeverLandダイビング日記

水中表現家と陸上写真家をガイド!の巻。

10 24, 2017 | Posted in 24日 奄美大島・古田直基

0 Comments
いもーれ!
奄美大島ネバーランドのふるたです。

この仕事をしている魅力の一つに、様々な人と出会う事が出来る、が挙げられます。
9月末の3日間、僕はいつものガイドとちょっと違う仕事をさせてもらいました。

その仕事とは、写真家の撮影協力のガイドです。

写真家はスペイン人の陸上写真家、イザベル・ムニョスさん。
モデルは水中素潜りのギネス記録も持つ二木あいさん。


痺れましたね!
まず打合せの段階でイザベルの撮りたい絵をしっかりと僕もイメージし、
リクエストに沿ったポイントを提案するところから始まり、
あとは、天気、時間、海況、瞬間に合わせてガイド、そこでイザベルが納得いく場所が決まってから、
撮影スタートです。

5506.jpg

写真撮影の様子。
メインはモデルが入っての撮影でした。


2723.jpg



外国の写真家と水中表現家。
普段接する事の(あまり)ない人種です。
そういう人と海にもぐるのは、とても新鮮で、
心に沁みるもの、感じるものが、多くあった3日間でした。



いつも海の素晴らしさ、楽しさを伝える事を考え、写真を撮る事に関しても、



例えば、


7322.jpg



何かの理由で水中に引っかかった網。

こういうの、写真を撮る時、写さない様にする感覚が、ダイバーが撮る水中風景写真の普通だと思います。


しかしイザベルは、あえてこういうものを多く写す。

それを芸術的な写真にする事で、世間に発信すると言っていました。



そういう目線はとても新鮮でしたね。


4599.jpg


いつもと違う感覚で海に入ると、また感じる事があります。

私にとって、何でもない景観、景色が彼女にとってピンとくるものだったり、逆もしかり。

写真を通じて、社会にメッセージを送りたいという熱い想いを持ったイザベルには、

そしてそれに協力する仲間たちがいて、人生は一人じゃ歩けない、人は一人では物事を為せない事、

改めて感じた三日間でした。



こんな風な縁を持てたのは、3名の大先輩からご紹介いただいたからなのです。

会長、剛志さん!
同じくガイド会の大先輩、長明さん!
いつも奄美に来てくれる大先輩、岩切さん!

改めて、この場を借りてお礼申しあげますありがとうございますぅぅ!

大丈夫です、取材はうまくいったはずです。
3日間で「ユーアーパーフェクト!」ってイザベルから50回は言われましたから。
50回も完璧、言われたからには、そりゃぁもう、上手くいったんじゃないかと。


・・・アレ?もしかしてアレ、口癖だったのかな?・・・




ではでは、今回はこの辺で。



奄美大島よりふるたがお届けしました。
明日は沖縄よりヤス様です。


ふるた

奄美大島ダイビングショップネバーランド
NeverLandダイビング日記

彩月の嬉しい出会い。

09 24, 2017 | Posted in 24日 奄美大島・古田直基

0 Comments
憧れの生物。

ダイビングを始めたころはウミガメに出会う事に焦がれ、
奄美大島に来る前に神戸で学生をしていた時はシンデレラウミウシに出会う事に焦がれ、
ガイドを始めてからも色んな生物にあいたいなぁ~~~見てみたいなぁぁ~~~
と思う生物が、今もまだたくさん居る訳です。

海って奥深いな。だからこそ潜り続けるこの仕事がほんまにおもろい!
感じながら潜っています。

たまにしか出会えない、憧れ生物との出会いが9月も。

amamigaid0217091.jpg

フリソデエビ科のトゲツノメエビです。
山吹色の鋏、凛としたフォルム、気の強そうな眼差し・・・
完全に好みの子です。


毎年、1年に1、2回、出会うことが出来るのですが、今年も登場!
フリソデエビは最長で半年、同じ場所に居着いていたのですが、トゲツノメエビは、同じ場所にとどまっているのが苦手なのか、
一週間と同じ場所に居ない為、リクエストが入ると、困りつつ燃えるやつです。

いつも会える訳ではないから、気持ちは盛り上がるのさ。

amamigaid0217092.jpg


9月に一度、台風が来てから少しずつ秋の香りを感じる様になりました。
水温28℃!まだまだ高いですが、夏場は30℃の日も続いていたので、
サンゴ、イソギンチャクの白化をしたままの個体も見られます。


完全に白化する前の色合いのイソギンチャクの美しさと言ったらもう。
9月というのは、彩月(あやつき)と言う異名も持っています。
彩月という響きにふさわしい彩りのイソギンチャクが、この時期の海中に溢れています。

水温が高くなり白化していくイソギンチャク、珊瑚を見ると、
頑張れ!と美しい!と切ない!が混じります。

その気持ちはきっと、ガイドはみんな同じなんだろうな、と思う9月の暮れ。


奄美大島よりふるたがお届けしました。
明日は沖縄よりヤス様です。


ふるた

奄美大島ダイビングショップネバーランド
NeverLandダイビング日記

生きる命の月・・・6月!

06 24, 2017 | Posted in 24日 奄美大島・古田直基

0 Comments
6月も暮れに掛かろうかとしていています。
奄美大島では梅雨時期、羽蟻が大量発生する夜が何度かあり、
梅雨が明ける知らせる言い伝えとして、「羽蟻が3回飛べば梅雨が明ける」といわれています。

つい昨日、3度目の羽蟻の大量発生があり、いよいよ梅雨明け間近。
24日は奄美大島よりダイビングショップネバーランド、ふるたがお届けしますこんばんは!



そんな現在の奄美大島、、、来ています。
これは来ています。陸はまだ梅雨明けじゃなくても、海はもう、初夏の香りが色濃くなっています。

amami20170610.jpg

私にとって、奄美大島の初夏は幼魚です。

幼魚が幼魚の中に群れるこんな景色が大のお気に入りの今日この頃。

フタイロハナゴイの幼魚が可愛くて可愛くて。
スカシテンジクダイ幼魚の群れの手前にハナダイ幼魚。垂涎ものの景色があちらこちらで見られます。


大人の妖艶な姿も素敵ですが、やはり娘を持つ父親としては幼魚のかわいらしさに勝るものはないのです。

・・・さりげない“家庭的な父親”アピールはやっぱり難しいですね。
不自然ですね。話を戻しましょう。



幼魚が溢れるこの時期という事は、当然、保育、産卵行動もてんこ盛りです。

珊瑚の産卵ウィークが終わり、久しぶりの二連休、「ごめんよ、娘」と小学生に上がりたての愛娘と遊ばず、
全て海に浸かい、ビーチから撮れるものをズバッと写してきました。


amami2017062.jpg

セダカギンポの保育行動。

amami2017061.jpg

ニシキテグリの産卵行動。

amami2017063.jpg

ハマクマノミの保育行動。

amami2017068.jpg

ヒラムシの交接前のイニシアティブ争い!

amami2017066.jpg

クラカオスズメダイの保育。



と、これはほんと、ほんの一部。
これが全部ビーチで見れるってのも素敵なのですが、




中でも最近、飛びきりのずきゅーーーんをくれたのはこの子。

amami2017064.jpg

パンダダルマハゼの保育中・・・卵を良く見てみると・・・

amami2017065.jpg

ちょっとーーーーー!!!卵もパンダ柄ーーーー!!!
こういうの燃えるわーーー!!!

(産みたては白く、孵化寸前は銀色となります。この柄は中間の時のみの柄)



と、いつも新しい発見があり、忙しく、楽しく、潜っています。

amami2017069.jpg

レアものも出てます。

谷口さん(*´ω`)奄美も同じ時期に出ました~🎵






幼魚、産卵、交接、命の誕生にかかわる生命のシーンを見続けたこの6月。
ふと思いました。


僕は磨きたいですね。もっと磨きたいですね。
まだ幼魚かも知れませんが、妖艶な成魚へと成長したいですね。

先輩方のブログを見ていたら鳥肌が立つような記事、写真がある。
ガイド会ブログを書かせて頂く様になって、1年が経ちました。
私、この1年、もっともっと腕、海への姿勢を磨いていこうと思いました。


精進あるのみ!



ではではみなさん、今年の夏も満喫しましょ(*´ω`)




明日は沖縄よりヤス様がお届けします。



ふるた

奄美大島ダイビングショップネバーランド
NeverLandダイビング日記

« Prev Page Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (203)
ガイド会 (8)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (105)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (96)
3日 柏島・松野和志 (61)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (67)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (13)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (10)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (68)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (93)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (93)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (21)
10日 樫山弘紀 (24)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (94)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (106)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (63)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (105)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (56)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (78)
16日 パラオ・加藤栄一 (28)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (69)
18日 鹿児島・松田康司 (10)
19日 長崎・中村拓朗 (34)
19日 葉山・永橋麗良 (10)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (108)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (93)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (25)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (108)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (27)
24日 奄美大島・古田直基 (22)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (38)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (12)
26日 山口/東部・小川智之 (38)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (91)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (108)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (12)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (41)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (445)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示