『ワイルドライフ』でヒカリキンメやりますっ!!

02 13, 2018 | Posted in 13日 フィリピン/セブ島・白石拓己

0 Comments


押忍!
緊急告知ですっ!!
次回放送のワイルドライフ(NHK BSプレミアム)なんとヒカリキンメ特集でっせ~~~!
2月19日20:00~21:00 (再放送:2月26日 8:00~9:00)

実は昨年11月に日本水中映像さんが撮影に来てくれはって、アクエリアスが全面的にコーディネイトさせて頂きましてん♪
ロマンあり、ミステリアスあり、ワイルドあり、そらもうどえらい回になってますっ!
しかも世界初のエロ~~~い映像も撮れてまっさかい、むっちゃんこヤバおまっせー!
見てー、見てー、絶対見てぇ~~~っ!
白石です。


そんなこんなで、今回は改めてヒカリキンメダイ特集させて頂きます。
今までも、何度かこのガイド会のブログでヒカリキンメダイのことを書いてきましたが、実は今回はこのタイミングで更に新しい発見もありましたので、その報告ですっ♪


はっとりヒカリキンメ-_MG_11962017

暗闇をキラキラ光を放って泳ぐ、ヒカリキンメダイ。
実は、ほっぺの部分に発光器を持っており、そこに発光バクテリアを飼うことによって光を放っています。
今までセブには2種類のヒカリキンメダイがいることが分かっていました。


bruceleeオオヒカリキンメ発光器open-CEB_39762018

まずはオオヒカリキンメ(Photoblepheron palpebratus)。
英名が Onefin Flashlightfish と言うだけあって、背びれが1基しかないことが大きな特徴です。
他の形態的特徴は、体がややずんぐりしていることや、発光器を点滅させる仕組みがでヒカリキンメダイと違うことで見分けられます。
行動的な特徴もヒカリキンメダイとは異なり、こちらの種はやや底を這うようにゆっくり泳ぐことが分かっています。


bruceleeオオヒカリキンメ発光器close-CEB_39732018

ちなみにこちらが発光器を閉じてるところ。


bruceleeヒカリキンメ発光器open-CEB_39152018

比べて、ヒカリキンメダイ(Anomalops katoptron)。
英名は Twofin Flashlightfish と言い、その名の通り背びれが2基あることが特徴です。
オオヒカリキンメに比べて、体はシャープです。
こちらの種は、中層を活発に泳ぎ回ります。


bruceleeヒカリキンメ発光器close-CEB_39182018

発光器を閉じてるところ。


勘の良い方はお気付きになられたかと思いますが、学名を見ると、この2種は属が違うことが分かります。
そうなんです。
実は、今のところヒカリキンメダイ科の魚は世界中に6属9種が知られており、この2種はそれぞれ別の属に振り分けられています。


前置きが長くなりましたが、ここからが今回のビッグニュースです!
実は今回、セブにいるヒカリキンメダイの仲間では第3種目になるヒカリキンメダイの仲間が発見されました。

brucelee第3のヒカリキンメの仲間幼魚発光器open-CEB_41012018

背びれが2基ありますが、体がやたらズングリしていることが分かります。
あと腹ビレもかなり大きいです。
ちょっと見ても分かりますが、上で紹介した2種とは明らかに異なります。


手持ちの図鑑には載っていなくて、分類に苦しんでいたところ、
日本水中映像の山下さんの計らいで、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能宏先生にアドバイスを頂き、下記のような回答を得られました。


ヒカリキンメダイ科には6属9種が知られています。

その内、今回の画像のような寸詰まりで、背鰭を2基持つのはParmopsという属です。

この属には2種が知られていますが、今回の画像の魚は鰭条数においてそのいずれにも該当しません。

特に問題なのは腹鰭に棘がなく、6軟条のように見えることです。

この属の知られている種はいずれも1棘5軟条で、科全体を見渡しても腹鰭に棘がないものは知られていません。

現段階ではParmopsに属する未記載種、もしくはまったく未知の未記載属未記載種の可能性があると思います。



とのことでした。

えぇえぇぇーーーーーっ!!
ここへ来て、まだそんなすごい発見あんのっ!!?
まだそんな“めくりしろ”あんのかいなっ!
ひょっとしたら新種どころか、新属になる可能性って...。
鼻血出てまうやろ~~~~~!
テンション、上りマクリスティーですわー。
ヒカリキンメ、これからもバシバシアンテナ張って、観察続けていきたいと思います♪



そんなこんなで ワイルド タクちゃんからの、告知ムービー。



『ワイルドライフ』。
絶対見てくれよなっ!!




ワイド撮影が楽しい今日この頃♪

02 13, 2018 | Posted in 13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健

0 Comments
サワディーカップ!(タイ語でこんにちは)
毎月13日はタイより大村がお届けします。

ただいまタイの海はベスト・オフ・ベストのシーズンを迎えております。
カオラックでは毎日快晴が続き、穏やかな海の中は圧倒的な魚影の濃さで盛り上がっております。
タオ島では昨年度に引き続き、年初よりジンベエザメが頻出しております。
とはいえ、僕の身体は一つしか無いので、この一ヶ月はカオラックで潜り倒しておりました。

この一ヶ月を振り返ってガイド会ネタといえば、宮古島の國廣くんと沖縄本当の木戸ヤスくんがカオラックに遊びに来てくれたことです。
國ちゃんは何度か来てくれていますが、ヤスくんは初めてのタイ。
せっかく来てくれたので、王道クルーズだけではなく、マングローブの茂る干潟で泥んこ遊びに興じたり・・・
26814701_1551349634954353_6067570357039205405_n.jpg

ムツゴロウやトントンミーの外人さんやいろんな種類のシオマネキを観察&撮影して遊びました。

國ちゃんがルリマダラシオマネキ(の仲間?)のチビッ子をとても可愛く撮ってくれましたよ〜♪
ルリマダラちび

その後のクルーズでも綺麗な写真をいっぱい撮ってもらったのですが、なかでも印象的だったはこちら!
モーゼ

これ、追いかけ回してこういう風に撮ったのではなくて、じっとカメラを構えているヤスくんの魚眼レンズのポートの前に魚の方からわざわざ擦り寄って来てポーズを取ったのですよ・・・
本来ならば、ミノカサゴの仲間は近づいてきたダイバーに対して威嚇や攻撃のため毒のあるヒレがある背中側を向けて近寄って来るはずが、カメラの眼の前でお腹を見せるようにしてホバリングしているのです。
本当に不思議な光景でした。

二人が撮ってくれたタイ・アンダマン海の写真はビッグブルーの海ブログのページにいっぱい載せておりますのでご覧くださいませ。
ビッグブルーの『今日の海ログ』はこちらをクリック

いや〜、本当〜に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
お二人さん、ありがとう!
クニちゃん&ヤスくん


さてさて、最近のカオラックの海はと言いますと、リチェリューロックがめちゃくちゃ面白いです。
もともと魚影が濃いポイントなのですが、今シーズンは特に凄くてワイドレンズが大活躍!!

そして僕は最近ゲットした最新型のストロボ、INON Z-330で遊んで来ました。
ガイドナンバー33と大光量なので、リチェリューロックの根のトップの明るい場所で見上げた構図でも逆光を打ち消して魚や美しい海藻の色を照らし出してくれます。
草原地帯

光量が強いということはISO感度を下げて思いっきり絞っても光が回るの、シャッタースピードを極端に遅くした撮影もお手の物です。
スカシテンジクダイの大群に囲まれたインディアン・ライオンフィシュを回し撮りすることで、夜空の星の軌跡をバルブ撮影したような雰囲気に仕立ててみました。
インディアンライオン-2


友達は遊びに来るし、海は良いし、ゲストは喜んでくれるし、新しい玩具で遊ぶのは楽しいし・・・
本当に良い一ヶ月やったなぁ!

いよいよアンダマン海もピークシーズンを迎えます。
来月も素敵な報告ができるように、また一ヶ月頑張るぞー!っと


明日、14日は川名の八木さん、田辺の李くんが担当します。
お二人さんとは4月のガイド会LIVEで一緒のチームでフォトバトルを戦います。
優勝するぞ〜!!

というわけで、告知!
皆さんお誘い合わせのうえ是非是非ご参加下さいませ。

ガイド会 LIVE 2018
LIVE2018_20180211020420389.jpg

お申し込みは下記URL、もしくは上記画像内のQRコードから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n6g3zc92zp.html


大村健

大村 健
ガイド会プロフィール
ビッグブルーダイビング

大瀬崎通信2018 如月 深海生物大当たり!

02 12, 2018 | Posted in 11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹

0 Comments

大瀬崎より、赤堀です。一日遅れの更新で、スミマセン。。。

例年の2月だと、水温は14℃前後まで落ち込み、とっても寒い海中ですが
昨年から続く黒潮蛇行の影響なのか、17℃台まで上昇しました。
私のような寒がりダイバーには、とっても有り難い海中で、透明度も抜群にイイし
快適な海中となっています。

その水温が上昇した2月1週目の週末。
前日に兆候があったとはいえ、普段深海に生息していると言われている、様々な
生物が登場し、大瀬崎にいたダイバーの皆さんは、情報を元にガンガン潜って
いました!(私もその1人、でした)。

まずはフリソデウオが、水面下を優雅に泳いでいる姿に遭遇!!
体長は15センチほどで、各鰭を波打つように動かしていました。
この日は他にも、アカナマダやリュウグウノツカイなんかも出たようで
数年の一度の大当たりな海でした。

フリソデウオ

数日後、その話を聞きつけたゲストさんが深海生物を狙ってご来店!
「そんなに上手くいきませんよ~」と談笑しながらエントリーしたのですが
目の前になにやら長い生物が・・・。

シギウナギ!!
体長は60センチほどで、透明な身体に太陽光があたり、とっても綺麗な
個体でした。
口元が鳥の「シギ」に似ているから、この名前が付いたとか。
ゲストさんも私も大喜び、でした!!

シギウナギ

3月に入ると、海中は緑色になる「春濁り」の季節です。
透明度は落ちてしまいますが、きっと色々な生物が登場してくれるでしょう!!



ハワイアンサージャントの産卵

02 10, 2018 | Posted in 10日 樫山弘紀

0 Comments
Aloha, 10日担当のハワイ樫山です。

先日、葉山の佐藤輝さんにハワイでの休暇中、2ダイブだけ友人・息子さんとご一緒にハワイの海で潜っていただきました。その時にご紹介したスズメダイの産卵シーンがこちらです。オヤビッチャ属のハワイ固有種であるハワイアンサージャント。下の写真のように岩肌に産卵床を作って紫色の卵を生みます。産卵シーズンはほぼ年中行っています。

kashiyama180201.jpg

そんな彼らの卵を守る様子を観察していると近づいて来る生物がいます。
ハワイ固有種のミレットシードバタフライフィッシュです。
僕らダイバーに懐いているわけでもなく、ダイバーが産卵床の近くを通った時にハワイアンサージャントが逃げ出した瞬間を狙い、一斉に卵に襲い掛かります。上の写真とは場所が違いますが、その様子がこちらです。

kashiyama180202.jpg

可哀想と思って手で振り払っても全然逃げず、追い返すことができません。見る見るうちに卵がどんどんなくなってきます。こうなったら卵を守る親に戻ってきてもらい、振り払ってもらうしかありません。この産卵床から離れて遠くから観察するようにすると、親が戻ってきて彼らを蹴散らして行きます。邪魔してごめんねと思いながら、この様子を観察しています。

さて2月は学生の卒業旅行シーズン!
新社会人になる前の初々しいお客さんたちから若いパワーをもらって潜って行きます。

kashiyama180203.jpg

Green Dolphin Dive Shop
樫山 弘紀

井田の海より沖縄ダイビングセンターてつです。

02 10, 2018 | Posted in 10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛

0 Comments
今月は井田より沖縄ダイビングセンターてつです。

沖縄本島は2月下旬から学生の卒業旅行が多くなりファンダイビングはポチポチ。。。 体験ダイビングの予約で予定表は埋まっていく予定です。
フォト派ダイバーに多く来て頂かないと自分は体験ダイビングのプロになってしまいますよーー。笑
 
少なからず強者ゲストのご予約も頂いているので、水中での目線だけはしっかりと過ごしていきたいと思ってます。

1月後半はガイド会仲間でもある葉山のNANAさんにツアーでお世話になったり、2月前半は社員旅行で西伊豆井田!笑 
その流れで2週間ほど井田ダイビングセンターで過ごし沖縄に戻る予定です。

そして事前に送ったノートパソを開けたら開かない。。。 泣
沖縄から持ってきた写真データなども見れずでありまして。。。。 買ったばかりなのに。。。

昨日、一昨日撮った井田の写真を少なからずUPさせて頂きますね!
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------
 
2018年02年10日 井田の海
天気:晴曇り  気温:13度  風:南西(弱) 水温:16度 EN:快適

20180210-okinawadc04
コケギンポ
朝一のチェック安全停止中に奇跡的な太陽の位置!! これはあれでしょ!っと、気持ち良いじゃありませんかーーー! 8時45分の奇跡!!

20180210-okinawadc03
ホソユカリ(ユカリ目?)
棚上浅場に揺らめく海藻! 日が傾く夕暮れの光に抜けてしまった一枚の海藻がとても綺麗だったのでパチリ!

 
20180210-okinawadc01
ヘアリーフロッグフィュシュ(カエルアンコウ)
かわいーーー!!!フサフサ長い!! 久しぶりにこのタイプに会えたわ!!
 
20180210-okinawadc02
ミズヒキガニ
水温の低い時期のお楽しみ!っと、言うか伊豆ならではの魚、甲殻類なら何でも嬉しいんだよ!! カサゴだってメジナだって、トラウツボだって!!

その他、伊豆ならではの自分ならではの目線で来週19日まで井田の海をガイドさせて頂きます。 メインはカマだけどね!笑

20180210-okinawadc05
2月は自分の誕生月であります。 社員旅行で西伊豆巡り& 井田ダイビングセンター!
天気良く富士山も綺麗で充実の日々です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

20180210-okinawadc06

日本・世界トップレベルの水中ガイドが集まり皆様と楽しい時間を過ごせたらと第9回「ガイド会Live」企画しております。
 
メンバー一同、皆様にお会いできる事を心から楽しみにしております。
今回はコンテンツなども考えお越し頂いた皆様との会話も楽しみたいとスケジュールも組んでおりますので私たちも今から楽しみで仕方ありません。

日時:2018年04月07日(土)
   19:30〜22:30 (3時間)
 
会費:9,000円(税込)

内容:ビュッフェ形式の飲み放題・世代別スライドショー・世代別水中フォトバトル・豪華景品が当たる抽選会!
 
ご予約:事前予約のチケット制
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n6g3zc92zp.html

上記にもあるQRコードもしくはURLにてお進みください。
※ ご予約に関するお問い合わせは参加メンバー店にお願い致します。

最大定員:200名
お早目にご予約頂けると幸いです。

----------------------------------------------
2次会 (Guide Kai After Party) お知らせ

場所:池袋居酒屋にじゅまる池袋 60階通り店
時間:23:30 〜 25:00
会費:4,000円(税込)

参加予定の方は人数にも制限がございますので、予め「ガイド会Live受付時」にお申し出くださいませ。

odc_20160808223243970.jpg
沖縄ダイビングセンター てつ!
---------------------------------------------
〒904-0414
沖縄県国頭郡恩納村前兼久29-1
098-965-4700
info@okinwadc.com
http://www.okinawadc.com
---------------------------------------------
☆ FB てつ!
☆ FB 沖縄ダイビングセンター
☆ FB 井田ダイビングセンター

« Prev Page Next Page »

ガイド会・世界の海ブログ



プロフィール

ガイド会

Author:ガイド会
ガイド会・世界の海ブログ
ガイド会のHPはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
世界の海 (200)
ガイド会 (7)
1日 久米島 ・ 川本剛志 (101)
2日 小笠原 ・ 田中美一 (93)
3日 柏島・松野和志 (58)
4日 伊豆/大瀬崎 ・ 鈴木康裕 (65)
5日 沖縄本島/宜野湾 ・ 蓮尾 栄 (58)
5日 滑川・木村昭信 (12)
5日 伊豆/井田・出竈祐亮 (7)
6日 伊豆/八幡野 ・ 福田航平 (66)
7日 静岡/三保 ・ 鉄 多加志 (90)
8日 葉山 ・ 佐藤 輝 (91)
9日 西表島 ・ 佐々木 要 (27)
10日 沖縄本島/恩納村・片野 猛 (19)
10日 樫山弘紀 (22)
11日 伊豆/大瀬崎 ・ 赤堀智樹 (91)
12日 フィリピン/セブ島リロアン ・ 五十嵐ガルーダ一規 (24)
13日 タイ/カオラック&タオ ・ 大村 健 (104)
13日 フィリピン/セブ島・白石拓己 (60)
14日 伊豆/川奈 ・ 八木かつのり (102)
14日 和歌山/みなべ・李 友喜 (45)
15日 パラオ ・ 秋野 大 (27)
15日 宮古島・國廣哲司 (55)
15日 久米島・田中伸 (9)
16日 和歌山/古座・上田直史 (77)
16日 パラオ・加藤栄一 (25)
17日 小笠原 ・ 南 俊夫 (79)
17日 石垣島・竹内友哉 (15)
18日 函館・佐藤長明 (66)
18日 鹿児島・松田康司 (8)
19日 長崎・中村拓朗 (31)
19日 葉山・永橋麗良 (7)
20日 八丈島 ・ 田中幸太郎 (105)
21日 柏島 ・ 西村直樹 (91)
22日 石垣島・多羅尾拓也 (23)
23日 慶良間/渡嘉敷島 ・ 番田武六 (104)
24日 鹿児島/屋久島・高久 至 (50)
24日 滑川・赤松悦子 (23)
24日 奄美大島・古田直基 (18)
25日 沖縄本島・木戸泰成 (34)
25日 兵庫/竹野・田中陽介 (8)
26日 山口/東部・小川智之 (35)
27日 熊本/天草・ 中野誠志 (89)
28日 沖縄本島/中部 ・ 津波古 健 (104)
28日 静岡/東伊豆・川坂秀和 (8)
29日 和歌山/串本・谷口勝政 (37)
30日 モルディブ共和国・前井 馨 (442)
アーカイブ (0)
山田道彦 (2)
菅野隆行 (8)
出羽慎一 (8)
金子剣一郎 (20)
遠藤 学 (3)
細谷洋貴 (24)
堅田純平 (46)
山田彰宏 (38)
矢内大介 (44)
高野 肇 (42)
遠藤 学 (15)
小川理志 (50)
川原綾子 (60)
中村奈苗 (34)
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示